大阪府立住吉高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大阪府立住吉高等学校
大阪府立住吉高等学校旧正門.jpg
大阪府立住吉高等学校旧正門
過去の名称 大阪府立第十五中学校
大阪府立住吉中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
校訓 自主自律
設立年月日 1922年大正11年)
創立記念日 11月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 なし
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 総合科学科
国際文化科
学期 2学期制
高校コード 27158G
所在地 545-0035
大阪府大阪市阿倍野区北畠2丁目4番1号

北緯34度37分41.5秒 東経135度30分11.6秒 / 北緯34.628194度 東経135.503222度 / 34.628194; 135.503222座標: 北緯34度37分41.5秒 東経135度30分11.6秒 / 北緯34.628194度 東経135.503222度 / 34.628194; 135.503222
外部リンク 大阪府立住吉高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立住吉高等学校(おおさかふりつすみよしこうとうがっこう)は、大阪府大阪市阿倍野区にある全日制公立専門高等学校

概要[編集]

1922年大正11年)に15番目の府立中学校(義務教育ではない修業5年間、男子のみの旧制中学校)として創立。中等教育機関の入学難を緩和させるため、大阪府が大正中期に新設した5校の一つ。

校地は、創立時の住所が東成郡(旧住吉郡住吉村[1]だったことから、校名に“住吉”の名前を冠した。帝塚山地域のはずれに位置し、古今和歌集にうたわれた“住吉の岸の姫松”が4本、自生している。近くには阿部野神社阿倍王子神社安倍晴明生誕地とされる安倍晴明神社もある。

校訓は「自主自律」。制服の代わりに「標準服」があり、「入学式卒業式等の式典や、海外交流等の際は標準服を着用」と定められている[2]

創立以来なかった同窓会館が2010年(平成22年)80周年事業として建設され、「北畠会館」と名付けられた[3]

2019年1月、ラグビー部が大阪桐蔭高校との試合で186点を取られ大敗。全国高校ラグビーで大阪桐蔭が初の日本一となった直後で注目される中、会場の得点板も上限159点の想定外で表示できない新記録としてニュースになった[4]

国際・多文化共生に注力[編集]

学科は文系「国際文化科」と理系「総合科学科」の2つを持ち、2学期制で七限授業。国際文化科は、他校の国際教養科に比べ、「観て、聴いて、感じる」教育に重点を置いており、2泊3日の英語合宿も行う。総合科学科も、他校の理数科に比べ、「実験・実習を通じ、探究心を育成する」実学に重点を置いており、やはり2泊3日で実験合宿を行っている。

“国際”を掲げる学校らしく、履修の第二外国語として「韓国・朝鮮語」「中国語」を選べる[5]ほか、短期オーストラリア留学や韓国研修などがあり、韓国の清潭高等学校[6][7]中華民国(台湾)台北市立中山女子高級中学姉妹校提携を結んでおり、修学旅行の際に同校へ、その後に同校の生徒が来日する。

在日韓国・朝鮮人の子弟も多く(2008年で5パーセント[8])、「外国語(韓国・朝鮮語)指導員(NKT)」を長吉高校阪南高校とともに配置[9][10][11]。在日の生徒が通名や結婚差別など「思いを語る」学校行事がある[12]。部活動でも「KCS(韓国文化研究会、"Korean Culture Studies"の略 )」というクラブがあり、KCS部が在日本大韓民国民団韓国語コンテストで最優秀の駐大阪韓国総領事賞に選ばれる[13]など、人権教育多文化教育に注力。在日外国人と子弟向けに「多文化進路ガイダンス」も行っている。

1990年(平成2年)の卒業式では、アンミカ(安美佳[14]、現在モデル)が朝鮮民族衣装チョゴリを着て出席している[15]

これら多文化共生への理解を評価され、2018年韓国・北朝鮮首脳会談にあわせてコリアNGOセンターが開いたシンポジウムに、建国高校金剛学園高校大阪朝鮮高級学校の民族系3校とともに、在日の生徒が招かれ参加している[16]

沿革[編集]

1922年、大阪府立第十五中学校の仮称で、大阪府立北野中学校内に仮校舎(事務)設置の形で発足した。翌1923年、東成郡住吉村(現在地)に校舎が完成して移転し、校名も「大阪府立住吉中学校」に改められ開校した。

太平洋戦争後の学制改革により、1948年(昭和23年)新制の高等学校「大阪府立住吉高等学校」(普通科)として出発した。このとき、大阪府立阿部野高等学校[17](旧制の大阪府立阿部野高等女学校)と生徒を交流(入れ替え)して男女共学となった。

なお、修業5年間(旧制の中学)から修業3年間(新制の高校)に変わるため、1947年(昭和22年)過渡的に新制の中学校を併設し、旧制2-3年生を移した。

また、義務教育の校舎確保を優先する方針により、教室の一部を新制の大阪市立阿倍野第四中学校(現・大阪市立松虫中学校)に貸し出した。同様に新制中学校の校舎に転用される阿部野高校が、住吉高校内に移転。一時期、2校で同居していた[18]

大昔は「阪大の予備校」[編集]

近隣に大阪高等学校(旧制「大高」、後の大阪大学一般教養部南校)[19]があり、大高へ進む生徒の多い中学だった。ノーベル化学賞受賞の下村脩によると、一時転入した住吉中学のレベルが高くて自分は最下位の成績となり「ショックだった」[20]。元アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長で大阪大学名誉教授の川島慶雄[21]によると、戦後も1953年頃は「阪大の予備校みたいなもので100人ぐらい」進学。天王寺高校の3分の1だが1965年京都大学に36人が、翌1966年も31人が進学していた[22][23]。その後、学区制の変更などで進学率が低下。1990年(平成2年)国際教養科が併設され、英語のみ使用の授業や英字新聞を作るなどの“改革”を推進。英語や国際交流に注力する高校と認識され、女子生徒が急増し文系の学校になったため、理系にも強い学校を目指した[20]

1999年大阪府教育委員会が「教育改革プログラム」で府立高等学校特色づくり・再編整備計画をまとめる。同じ学区(第6学区、当時)の今宮高校がすでに総合学科高校へ移行していたことから、2005年国際教育・科学教育に特化する専門高校(国際・科学高校)へ改編。多くの在日韓国・朝鮮人が暮らす生野区を学区に含むことから、韓国との交流や異文化理解に注力する方針とした[24]

年表[編集]

交通[編集]

学校行事[編集]

海外スタディツアー[編集]

いわゆる修学旅行。旅行先は中華民国(台湾)。12月に1週間程度、現地の生徒と交流会や観光、現地企業の見学、現地学習など。帰国後にプレゼンテーションを行う。

学園祭[編集]

9月の金曜、土曜に2日間かけ行われる。金曜は在学生のみで行われ、土曜は一般開放(要招待券)、クラス単位で舞台演劇や飲食、展示などを行う。文化部は独自に参加してもよいが、運動部は禁止されている。

体育祭[編集]

毎年5月、4団に別れ、各団3年生を中心として取り組む。種目の1つに応援合戦があり、一般生徒は当日まで応援団とともに応援合戦の練習や、各グループに分かれ団の看板制作や団旗のデザインし、応援団に所属する生徒は早朝、昼休み、団Tシャツ等を作成する。

プレゼン大会[編集]

全1年生がプレゼンテーションを行う。テーマは自分で決定し、関する論文も仕上げなくてはならない。優秀者は別の日に100人ほどの前で発表する。

実験合宿[編集]

総合科学科1年生が9月に2泊3日で他府県へ出かけ、科学実験の基本技術を学ぶ。解剖や、現地での生物採取、天体観測など普段はできない実験、講義などが行われる。

英語合宿[編集]

国際文化科1年生が3月に2泊3日で国内で英語学習の合宿。海外ホームステイのような体験が目的で原則、日本語禁止。英語ディベートなど母語話者と一緒に英語に関した学習を行う。

新入生歓迎会[編集]

体育館に新入生が集められ、先輩から歓迎を受ける。自治会が主導で開催し、教師の干渉は一切ない。実態はクラブの勧誘、及び存在を認識してもらう場。ファッション部、ダンス部などはもちろん、体操部、ラグビー部などの運動部も壇上で何らかの芸を披露する。

駅伝大会[編集]

1980年2月に第1回大会、その後、毎年12月に開催されていた。雨天中止。希望する運動部及び文化部が参加し、近くにある万代池を周回していた。(2017年度より実施見合せ)

海外研修[編集]

春季、夏季の長期休業期に実施。

  • アメリカ語学研修(シアトル) - 2012年度より毎年7月、夏休み開始直後に7泊10日(機内で2泊)。現地の大学(主にワシントン大学)で現地チューターと共に過ごし、月曜から金曜まで大学内で特別授業を受けながら寮生活。土曜はマウントレーニアでハイキング。日曜日はシアトル市内を散策し、平日で学んだ英語を活かす。
  • オーストラリア研修 - シドニー方面への研修。毎年8月初旬に実施。シアトル研修とは違い、現地にホームステイをする。現地高校にホストファミリーの生徒と共に一般授業に参加する。

なお、これら2つの研修に同時申し込みはできない。

  • 韓国研修 - 奇数年の8月中旬、2泊3日。2015年度は韓国内でMERSが流行したため中止。

英語圏でないため、シアトル・オーストリア研修どちらかと同時申し込みも可能。

  • ニューヨーク研修 - 毎年3月下旬。生徒の参加は僅かに2人で、住吉高校からの付き添い教員もいない。現地の日本人に案内してもらい、大学に通う。
    • カリフォルニア研修 - 高校ではなく、後援会の主催のため、成績優秀者の選抜形式となる。
  • アジアフィールドスタディ - 偶数年に行われる。2014年はカンボジアで、2017年はカンボジア、ベトナムで行われた。

これらの研修には所属部活を問わず参加できる。

  • ケンブリッジ研修 - 毎年3月下旬から4月。成績優秀者3名を2年生から選抜、OB会からの支援金により無料。ホームステイをして、語学学校に通う。

校歌[編集]

住吉高校に校歌は存在しないが、代わりに“生徒歌”と“住高四季”と呼ばれる歌が存在する。生徒歌は作詞:自治会選、作曲:寺本節生。通常校歌を使用するような場面では生徒歌を使用する。住吉高校四季は作詞:眉村卓、作曲:小谷智勢子。なお旧制住吉中学校時代の校歌は存在する。歌詞はすべて住吉高校の公式サイトで公開されている。

著名な出身者[編集]

政治・行政[編集]

経済[編集]

学者[編集]

文学・芸術[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

そのほか[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 後に大阪市に編入
  2. ^ 大阪府立住吉高等学校 - 大阪府教育センター
  3. ^ 北畠会館(同窓会館)完成 - 大阪府立住吉高等学校同窓会
  4. ^ 得点板159までなのに…大阪桐蔭新チーム爆勝発進 - 日刊スポーツ2019年(平成31年)1月27日
  5. ^ 特色のある授業
  6. ^ 高校からのお知らせ - 大阪府立住吉高等学校同窓会
  7. ^ 2013年8月 - 住吉高校 学校ブログ
  8. ^ 朝日新聞大阪版 2008年2月14日付[リンク切れ]
  9. ^ 同胞保護者連絡会 民族教育をすすめる連絡会 文書回答 - 大阪府
  10. ^ 大阪府/多民族・多文化社会を求める実行委員会 文書回答 - 大阪府
  11. ^ Untitled - 公益財団法人国際文化フォーラム
  12. ^ 住吉高校ニュース
  13. ^ 民団大阪|民団ニュース2013年12月17日 第7回 韓国語をたのしもう高校生大会
  14. ^ アン ミカさん 母がくれた“四つの魔法”は私の宝 | 大手小町 読売新聞2019年2月7日
  15. ^ 毎日新聞2018年4月24日 わたしの母校 住吉高校4 モデル・アンミカさん 訴え実りチョゴリで卒業
  16. ^ 毎日新聞2018年4月20日 南北首脳会談 在日コリアン高校生「統一こそ未来」
  17. ^ 現在の大阪府立阿倍野高等学校。新制高校発足当初は「阿部野」の字を用いていた。
  18. ^ なお、阿部野高校は、新制中学校の独立校舎確保に伴い、1951年までに元の敷地に復帰した
  19. ^ 跡地は現在の阪南団地
  20. ^ a b 岡本尚友, 「住吉高校SSHの事例」『電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン』 7巻 4号 2013-2014年 p.276-282, doi:10.1587/bplus.7.276
  21. ^ 財団法人 大阪府人権協会
  22. ^ 川島慶雄名誉教授に聞く: 大阪大学の思い出
  23. ^ 中野新之祐「高度経済成長期における都市部伝統産業地域の子どもたちの職業選択と学校--京都西陣の場合」『東京経済大学人文自然科学論集』第126号、東京経済大学、2008年11月、 57-98頁、 ISSN 04958012NAID 110007041563
  24. ^ 産経新聞2004年10月8日 刊 教育最前線 再編が進む府立高校 大阪府教委
  25. ^ http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/13590/p0000001/EFHS%20yoko.pdf
  26. ^ スーパーサイエンスハイスクール - 大阪府教育センター