大阪府立八尾翠翔高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪府立八尾翠翔高等学校
大阪府立八尾翠翔高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
併合学校 大阪府立八尾東高等学校
大阪府立八尾南高等学校
校訓 五分前行動
設立年月日 2002年
創立記念日 なし
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科総合選択制
学科内専門コース 知的障がい生徒自立支援コース
学期 三学期
高校コード 27297D
所在地 581-0885
大阪府八尾市神宮寺三丁目107番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立八尾翠翔高等学校(おおさかふりつ やおすいしょうこうとうがっこう)は、大阪府八尾市神宮寺三丁目にある公立高等学校

概要[編集]

大阪府教育委員会が打ち出した高等学校統廃合計画により、2002年4月1日、大阪府立八尾東高等学校(1973年創立)と大阪府立八尾南高等学校(1980年創立)の全日制普通科高校2校を統合し、八尾東高等学校の校地に開校した。旧八尾南高等学校校地(八尾市南木の本3丁目)は、八尾市が防災公園として整備する構想を進めている。

普通科専門コース設置の高校である。1年次に全員共通の科目を学習し(芸術科を除く)、基礎学力を身につけ、2年次にコースを選ぶ。コースは総合系、人文ステップアップ専門コース、理数ステップアップ専門コース、スポーツリーダー専門コース。

英語科数学科で、習熟度授業と少人数授業を取り入れている。オーストラリアへの海外語学研修がある。

軽度の知的障害者を受け入れる普通科知的障がい生徒自立支援コースが設置されている。定員は3名。

2019年4月1日、府立高等学校再編基準(三年連続定員割れ)に該当した大阪府立柏原東高等学校を機能統合する予定[1]。この統合の際、八尾翠翔高等学校の校名や学科の変更は行われない。

沿革[編集]

  • 1973年4月1日 - 八尾東高等学校が、全日制普通科高校として八尾市神宮寺3丁目に開校。
  • 1980年4月1日- 八尾南高等学校が、全日制普通科高校として八尾市南木の本3丁目に開校。
  • 2000年 - 大阪府教育委員会、八尾東高等学校と八尾南高等学校とを統合する方針を打ち出す。
  • 2002年4月1日 - 大阪府立八尾翠翔高等学校が、従来の八尾東高等学校の校地に創立。それに伴い、八尾東・八尾南の両校を募集停止。
  • 2004年3月31日 - 八尾東高等学校、八尾南高等学校が閉校。
  • 2006年 - 情報科学エリア・地域総合エリアを廃止。看護医療エリアを新設。「知的障がい生徒自立支援コース」を設置
  • 2019年4月1日 - 大阪府立柏原東高等学校を機能統合する予定

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]