大阪府立勝山高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪府立勝山高等学校
大阪府立勝山高等学校の正門
大阪府立勝山高等学校の正門
過去の名称 大阪府立第十二高等女学校
大阪府立生野高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
校訓 1.高い知性と豊かな情操を身につけさせる
2.誠実で強い責任感と自立的精神を培う
3.個性を伸ばすとともに共和敬愛の精神を重んじる
4.意欲的な学習態度を育て思考力・判断力を高める
5.体力向上につとめ健康的な人間を育てる
設立年月日 1922年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 27154D
所在地 544-0014
大阪府大阪市生野区巽東3丁目10番75号
公式サイト 大阪府立勝山高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立勝山高等学校(おおさかふりつ かつやまこうとうがっこう)は、大阪府大阪市生野区にある公立高等学校

概要[編集]

1922年に大阪府立としては12番目となる高等女学校として創立。かつては定時制課程を併設していたこともあったが、大阪府の高校再編方針により1998年度に閉課程となっている。

「嫩葉(わかば)体操」なる独特の体操を生むなど、創立以来体育教育が盛んである。1年生での35人学級の導入、英語数学での20人前後の少人数指導などの取り組みを行っている。

また、近年は「学びの共同体」として、『コの字形学習』を導入している。机の配置をコの字形にすることで、生徒らが常に向き合う形になり、グループ学習と併用している。

沿革[編集]

高等女学校[編集]

文部省告示第347号により、大阪府立第十二高等女学校の開校が1922年3月17日に告示され、同年4月1日に大阪府立泉尾高等女学校(現・大阪府立泉尾高等学校)を仮校舎として開校した。

当時体育教育は一般的にはあまり重視されていなかったが、初代校長は体力作りや健康を重視し、体操乾布摩擦を奨励した。正課の体操の授業のほか家庭でも体操を奨励し、「家庭体操」なる独特の体操を作った。家庭体操は1936年以降「嫩葉体操」と呼ばれるようになった。

開校1年後の1923年4月1日付で大阪府立生野高等女学校と改称し、同年12月に東成郡生野村大字国分(現・大阪市生野区勝山南3丁目)に移転している。学校名については、学校側は当初、近隣の史跡・御勝山(おかちやま)古墳からとった「御勝山高等女学校」を希望した。しかし大阪府は「局地的な地名を校名につけることは好ましくない」として学校側の案を受け入れなかったため、生野村からとった生野高等女学校となった。

戦前は宗教講話も行われ、僧侶で大谷女子専門学校教授の左藤義詮(戦後大阪府知事)やキリスト教牧師、生国魂神社宮司などが講演を行っている。

1934年9月21日室戸台風では校舎が一部損壊したものの、校内での死傷者はなかった[1]。近隣のプール女学校(現在のプール学院中学校・高等学校)で校舎が倒壊したことを受けて、救援活動やプール女学校生徒の避難を受け入れるなどしている。

太平洋戦争の戦局悪化により1944年には3年生以上の勤労動員が始まり、泉南郡田尻村(現・田尻町)の大阪機工吉見の里工場、中河内郡加美村(現・大阪市平野区加美)の早川電機、大阪市西成区津守大日本紡績津守工場(現・大阪府立西成高等学校敷地)などへの動員が実施された。1945年大阪大空襲では校舎への被害は免れている。

学制改革[編集]

学制改革により、1948年に大阪府立勝山高等学校が発足した。校名については当時の学校所在地周辺の地名からとられている。新制高校の校名には「御勝山」と「勝山」が候補に挙がったが、勝山の名称でまとまった。勝山では同名の学校が岡山県福井県にあるという指摘もされたが、いずれも遠方で混同などの恐れもなく問題ないとされた。

近隣の生野区東生野町(現在の生野区生野東4丁目)にあった大阪府立生野高等学校(旧制大阪府立生野中学校)と男女生徒および教職員を交流し、男女共学となった。交流対象者は生徒の住所で決められた。

直後の同年5月には、GHQの指令により生野高等学校は新制中学校に校舎を転用することになり、勝山高等学校内に移転して2校同居することになった。生野高等学校は1951年3月に元の生野校舎に戻っている。また同年3月から9月にかけて、大阪市立生野中学校が勝山高等学校内の8教室を借用して分校としたこともあった。

巽への移転[編集]

交通量の増加により、1960年代初頭には学校北側を走る勝山通の騒音公害が目立つようになった。また他校と比較して運動場が狭く、当時の全日制普通科府立高校で運動場面積が一番狭かったことも判明した。

学校側は隣接地の民家を買収して校地拡張することを検討し、大阪府に陳情した。しかし大阪府側は学校移転を打診した。学校側が地元住民の意見を聴いたところ、「移転する場合は生野区内での移転を希望する」という声が多かったことから、生野区内で移転先を探すことにし、生野区巽矢柄町(旧・中河内郡巽町大字矢柄・伊賀ヶ。現在地)を移転先として選定した。

一方、「勝山通から離れた校地南側に中層の新校舎を建て替えることで騒音の軽減になり、また運動場拡張にもなる」「巽はバスしか交通手段がない[2]から通学が不便になる」として勝山での建て替えを希望する意見もあった。しかし「(学校移転前後の)1965年前後に地下鉄が巽まで延伸する」と当時見込まれていた[2]ことなどから、巽への移転が決まった。

1962年に巽の新敷地の買収が完了した。この間に大阪府知事選挙があった関係で校舎建設予算は1963年度9月補正予算を待たねばならず、1965年1月より新校舎建設工事が開始された。1966年2月に第1期工事が完了し、同年3月下旬に移転作業を実施した。同4月より現在地での教育活動を開始した。

移転当初、バスが唯一の公共交通手段だったため、満員でバスに乗れずに遅刻する生徒が目立った。また通勤困難を理由に他校への転勤希望を出す教職員も増加した。学校やPTAは当時、バスの増発を陳情している。

移転前の旧敷地は、通信制などを設置する大阪府立桃谷高等学校として使用されている。


定時制[編集]

定時制は1952年に開設された。1991年には、通信制高校との併修により3年で卒業できる制度を導入している。

しかし大阪府教育委員会は1995年7月12日に突然、「高校改革のための統廃合が必要」などとして、勝山・市岡今宮守口佐野高津の6府立高校の定時制を廃止する方針を発表した。

勝山高校の教職員や生徒・卒業生らは廃止反対運動を起こした。廃校反対運動は、他の対象校となった学校関係者と「定時制存続6校連絡会」を結成するなど、6校の関係者が協力しながら行われた。

勝山高校定時制閉課程反対の署名は学校周辺などで行われ、最終的には7万8000人以上の署名が集まった。しかし大阪府教育委員会は1995年11月8日の教育委員会会議で、勝山高校定時制を含む6校定時制について、1996年度以降の募集停止を正式決定した。

廃校反対運動の関係者は行政不服審査法に基づき異議申し立てを行ったが、「不当な処分に該当しない」として異議申し立ては却下されている。

定時制は1996年度以降募集停止となり、最終学年が卒業した1999年3月をもって閉課程となっている。同時期に新設された大阪府立桃谷高等学校定時制課程が、勝山・高津両校の定時制課程の事実上の後継として位置づけられている。

1970年代以後[編集]

巽の新校舎は1学年8学級規模で設計された。しかし1970年代・1980年代の高校生急増期への対策として、特別教室の普通教室への転用などで1学年12学級の受け入れが可能となるように改造された。

従来は文系・理系のクラス分けはせず3年生の選択科目で対応していたが、1983年度より3年生について文系・理系のクラス分けを実施した。さらに1989年には英語科と数学科について習熟度別学習を導入し、1991年にはコース制を導入した。コース制は導入当時、大阪府立の普通科高校ではきわめて珍しい取り組みだった。

2000年代以後[編集]

少子高齢化に伴い、生徒人数が減少し、2016年から定員割れが続いている。愛される学校づくりのため、キャラクターの「勝だるま」を活用したグッズを作成したり、周辺地域の清掃活動や挨拶運動、小学校・幼稚園との交流、ヤギの飼育(期間限定で試行)等を実施している。

先述の通り、近年「学びの共同体」として、『コの字型学習』を導入している。生徒の机を黒板に向けるのでなく、コの字型にすることで、生徒同士が向き合う形で学習をする。グループ学習も併用することで、学習に対して意識させるだけでなく、先生から教えるのでなく、生徒同士で教え合うことで、より理解することを目標としている。


2010年代以後[編集]

大阪府教育委員会は、2018年8月30日の教育委員会議で、さらなる少子高齢化の影響で、府内の公立中学校の卒業生が2019年度の約7万人から2023年度には約3千人減る見通しを受け、府立と大阪市立の昼間部のある高校について2023年度までに8校減らして計141校にする再編計画案を了承した。

再編の対象は3年連続で志願者が定員を下回るなどした学校で、勝山高校は2016年から入学者が3年連続で定員割れしている。2019年度入学者を最後に生徒募集を停止し、勝山高校は2022年3月31日付けで閉校する予定である。

2020年度から、大阪府立桃谷高等学校の多部制単位制昼間部であるⅠ部・Ⅱ部が現・勝山高校校地に移転統合し、新たな高校として定員を増員。桃谷高校は夜間部の単位制と通信制を残して存続する。

年表[編集]

  • 1922年4月1日 - 大阪府立第十二高等女学校として開校。
  • 1923年
  • 4月1日 - 大阪府立生野高等女学校と改称。
    • 1923年12月 - 東成郡生野村大字国分に移転。
  • 1930年 - 硬式テニス女子ダブルス広瀬・中村組、シングルス中村が全国大会で優勝。
  • 1948年 - 学制改革により大阪府立勝山高等学校が発足、大阪府立生野高等学校から教員と男子生徒を迎え男女共学を実施。
  • 1952年 - 定時制課程を設置。
  • 1966年4月1日 - 生野区巽矢柄町(現在地)に移転。
  • 1972年 - 創立50周年記念
  • 1982年 - 創立60周年記念
  • 1992年 - 創立70周年記念
  • 1995年 - 制服をブレザースタイルに変更。
  • 1996年 - 定時制課程を募集停止。
  • 1999年3月31日 - 定時制課程を閉課程。
  • 2002年 - 創立80周年記念
  • 2012年 - 創立90周年記念
  • 2020年 - 生徒募集停止予定。大阪府立桃谷高校の多部制単位制昼間部であるⅠ部・Ⅱ部が勝山高校校地にに移転統合し新高校開校予定。
  • 2022年3月31日 - 閉校予定。

部活動[編集]

戦前は硬式テニス部が2度全国制覇。バスケットボール部も全国大会に出場した。戦後はシンクロの藤原成江選手を輩出。野球部は1980年ごろ強豪私学と互角の戦いをし、「公立の雄」ともてはやされたが、甲子園出場はならなかった。 また、高校としては珍しく、相撲部(2007年創部)、女子サッカー部(2008年創部)があり、校内に府立高等学校で唯一、「土俵」もある。

2017年には、大相撲の元関脇若の里の西岩親方が、勝山高校で記者会見し、同校3年で相撲部主将が初の内弟子として田子ノ浦部屋に入門することを発表している。

また、書道部が「書写技能検定」で毛筆・硬筆ともに2級を習得するなどの実績があり、大阪府高等学校芸術文化祭 書道部門にて「奨励賞」を受賞。全日本高等学校書道コンクールで全日本高等学校書道教育研究会賞を受賞するなど活発的である。

近年は、部活動をする生徒の減少が目立ち、学校はこれまで無かった「部活体験会」等を実施し、新入生や在校生に部活動に興味をもたせようとしている。特に運動部では、人数不足のために合同チーム体制を取るなどをして対応している。文化部の割合が多く、軽音楽部、書道部等で入部人数が2桁をこえる。

学校施設[編集]

普通教室[編集]

生徒らが利用する教室。各クラスごとに設けられ、エアコンを各教室に2台完備している。

土俵[編集]

府立高等学校としては唯一、本格的な「土俵」が設置されている。相撲部の活動場の他、男子1年生のみ体育で武道の授業として、相撲を学習する。

柔剣道場[編集]

かつては、剣道と柔道のための道場だったが、現在は柔道のみ体育で学習する。剣道場では、卓球などができる。

女子は1年、男子は2年から柔道を学習する。基礎的なものから、試合まで行う。

グラウンド[編集]

縦横110メートルのグラウンドには、野球部の練習場に黒土が導入しており、バックネットもある。通常の体育授業で使うほか、運動部も利用する。毎年5月末に実施される体育祭で利用している。

また、西側にはテニスコートが4面ある。その南には、「農園」や「芝生」が設備されている。

体育館[編集]

全面改修され、大型スクリーンや音響設備があり、文化祭等も実施できる。

図書館[編集]

3万3千冊を超える書籍があり、本を読むためのスペースやインターネットに接続できるPCを5台を完備している。2016年度の年間利用者数は、1000人を超えている。

視聴覚室[編集]

大型スクリーンとプロジェクター、音響設備を完備し、階段状の教室となっている。授業や講演会、検定試験等で利用できる。

LAN教室[編集]

インターネットに接続されたPCを41台完備している。2年になると、「社会と情報」という教科で利用している。

スクリーンとプロジェクターも完備し、発表会をすることも可能である。

自転車駐輪場[編集]

大容量の駐輪スペースがあり、学年ごとに別けられている。屋根付きであるため、雨でも快適に乗り降りできる。利用するには、簡単な手続きと指定のステッカーを自転車に貼る必要がある。

中庭・石庭、農園・芝生等[編集]

大阪市内にもかかわらず緑地面積が多く、中庭も広く、府立高等学校には珍しい「石庭」もある。サツキあじさいなどの季節の花で彩られ、特に体育館前の桜の大木は圧巻である。また、グランドの南西部分には農園・芝生があり、リンゴみかんなどの果実や、サツマイモなどの作物が採れ、近隣の幼稚園、小学校の子供たちを招いて収穫体験等にも活用されている。

なお、2016年秋、2017年春には、大阪府立農芸高等学校の協力により、ヤギを2匹借り、除草、ふれあい体験、地域交流といった試みが農園で行われている。

出身者[編集]

同窓会[編集]

同窓会は「嫩葉(わかば)会」と称する。

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 大阪府立勝山高等学校 『創立80周年記念誌』、2002年
  • 大阪府立勝山高等学校 『創立70周年記念誌』、1992年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学校周辺では、四天王寺五重塔が倒壊したり、鶴橋第二尋常小学校(現・大阪市立北鶴橋小学校)で校舎が倒壊して児童と教職員ら71人が死亡する被害を出すなど、被害が特に甚大だった。
  2. ^ a b 当時大阪市営地下鉄千日前線は開業前。巽地区への地下鉄延伸と学校の最寄り駅・北巽駅の開業は1981年12月になった。

関連項目[編集]