大阪府立清友高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪府立清友高等学校
大阪府立清友高等学校(2008年1月)
過去の名称 清友学園高等女学校
清友学園高等学校
八尾市立清友高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
学区 第5学区(2006年度まで)
第3学区(2007年度)
校訓 自主創造
設立年月日 1941年4月1日
創立記念日 6月13日
創立者 清水谷高等女学校同窓会「清友会
閉校年月日 2010年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(2008年募集停止)
学期 3学期制
高校コード 27250H
所在地 581-0862
大阪府八尾市千塚2-96
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立清友高等学校(おおさかふりつ せいゆうこうとうがっこう、英称:Osaka Prefectural Seiyu High School)は、かつて大阪府八尾市にあった公立高等学校

概要[編集]

私立学校として出発したが、1956年に八尾市に移管されたのち、1979年に大阪府に移管された。

2000年代には基礎学力の育成に力を入れ、英語科数学科国語科では少人数指導を実施していた。生徒一人一人の希望進路に応じたきめ細やかな選択科目を開講しており、2年生から「文系特進」「理系特進」「幼児教育」「ベーシック」「医療看護」の5コースに分かれていた。また、キャリア教育の推進や生活指導にも力を入れていた。

2005年度以降、「府立高等学校経営革新プロジェクト」推進校の指定を受けており、2006年には「府立高等学校特色づくり・再編整備計画(全体計画)平成18年度(第4年次)実施対象校」となった。結果、2008年度から大阪府立池島高等学校と統合され、普通科総合選択制の新高校・大阪府立みどり清朋高等学校となった。なお、新高校の校舎・校地は従来の池島高等学校の敷地を使用している。これに伴い清友高等学校は2008年度から募集停止となっており、在校生が卒業する2010年3月に閉校した。これまでの卒業生は約1万8000人。

閉校後は校舎を改修し、2010年4月から2015年3月まで大阪府立八尾支援学校東校(高等部分校)として使用されていた。

沿革[編集]

1941年に清友学園高等女学校として設置された。

設置母体は、大阪府立清水谷高等女学校(現在の大阪府立清水谷高等学校)の同窓会「清友会」である。同会は、清水谷高等女学校の創立40周年記念および紀元二千六百年記念事業として高等女学校の設置を決めた。当時大阪府下の高等女学校は志願者が殺到して高倍率となっていたことから、入試難を緩和する目的もあった。

学校設置場所は、中河内郡曙川村柏村(現・八尾市柏村町)の清水谷高等女学校郊外農園の一角とした。郊外農園は恵我ノ荘(現・松原市)・山本(現・八尾市山本地区)と敷地が変遷したのち、1941年に曙川村に移転してきた。

校舎建設が間に合わなかったため、1941年4月の開校当初は布施市(現・東大阪市)横沼町3丁目に仮校舎を設置した。1942年9月に校舎が完成し、中河内郡曙川村に移転している。

太平洋戦争に伴い生徒は1944年以降勤労動員されるなどし、また1945年には数度にわたり校舎に機銃掃射の被害を受けるなどした。

1948年学制改革により、私立女子校の清友学園高等学校へと改編された。当時は新制の清友学園中学校も併設していた。

しかし清友学園は入学志願者の減少で経営難に陥った。一方八尾市は地域人口の増加で学校増設が必要と判断していたこともあり、清友学園と八尾市の思惑が一致して八尾市に移管されることになった。学校関係者は八尾市に移管する際、「清友」の校名および女子校としての運営の維持を求めた。

1956年9月1日付で八尾市に移管され八尾市立清友高等学校となったが、引き続き女子校のままとなっていた。大阪府下の公立高等学校では男女別学校は歴史的にもほとんど存在しないが、女子校として運営された例外的なケースとなっている[1]

その後大阪府へ移管され、1979年4月1日付で大阪府立清友高等学校となった。移管の際、学校関係者は清友の校名を残すことを求め、大阪府も要望を受け入れた。大阪府立高校では学校所在地の地名から校名をつけるのを原則としていた(移転前の旧敷地の地名を校名として名乗っている例も含む)が、地名に由来しない校名を持つ珍しい例となった[2]

府立移管と同時に、八尾市千塚への移転と男女共学化が実施されている。移転前の旧敷地は大阪府立八尾北高等学校の仮校舎として使用されたのち、金光八尾中学校・高等学校が開校している。

2006年には「府立高等学校特色づくり・再編整備計画(全体計画)平成18年度(第4年次)実施対象校」として、大阪府立池島高等学校と統合することが発表された。新高校は大阪府立みどり清朋高等学校として、池島高等学校敷地に2008年に開校している。これに伴い2008年度以降の新入生募集を停止し、最終学年が卒業する2010年3月に閉校した。

年表[編集]

著名な出身者[編集]

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 大阪府立清友高等学校50周年記念事業実行委員会記念誌委員会 『はばたく清友50年 - 創立50年の歩み』、1990年
  • 大阪府立清水谷高等学校百周年記念事業実行委員会 『清水谷百年史』、2001年

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府下での公立高校で男女別学として運営されていた時期がある学校は、このほかいずれも女子校の、堺市立堺高等学校(1948年-1975年)、大阪府立白菊高等学校(1968年-2004年)の例があるのみ。
  2. ^ 当時、地名に由来しない校名を称した大阪府立高校は、白菊・城山農芸園芸食品産業および清友の計6校だった。なお2000年代の高校統廃合で新設された高校では、後継校のみどり清朋高等学校をはじめ地名に由来しない校名を採用する例もみられた。
  3. ^ a b 吉本興業 (2011年5月7日). “「桂文三独演会2011~毎年516は文三の日~」開催!” (日本語). 2011年5月21日閲覧。