大阪府立登美丘高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大阪府立登美丘高等学校
大阪府立登美丘高等学校
2017年平成29年〉12月撮影)
過去の名称 大阪府南河内郡黒山村外六ケ村学校組合立黒山高等実践女学校
大阪府南河内郡黒山村外十一ケ村学校組合立黒山高等実践女学校
大阪府立黒山高等実践女学校
大阪府立黒山高等女学校
大阪府立黒山高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
設立年月日 1924年[1]
創立記念日 7月7日
創立者 南河内郡黒山村外六カ村学校組合
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 27172B
所在地 599-8125
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立登美丘高等学校(おおさかふりつ とみおか こうとうがっこう、: Osaka Prefectural Tomioka High School)は、大阪府堺市東区にある公立高等学校。前身は太平洋戦争中の昭和初期1941年に新設された府立17番目の高等女学校修業5年間)。部活動(クラブ活動ダンス部によるバブリーダンスが2017年平成29年You Tube動画の国内トレンド1位となった[1]。略称は「登美高(トミコウ)」[2]

概要[編集]

学校の源流は大正末期、南河内郡の7つの村による高等小学校に併置の職業学校で、大阪府に移管された後に廃校。第二次世界大戦中に同郡2番目、府立17番目の高等女学校として新設され、戦後の学制改革により新制の高校(男女共学)となった。

教育課程全日制課程普通科を設置。「めざす学校像」と題して、次の三つを掲げている(2020年令和2年〉度の場合)。

1.勉強と部活・行事の両方本気で取り組む
2.希望する進路を実現する
3.地域から愛され信頼される[3]

生徒の80%が大学短期大学への進学を目指す[2]

沿革[編集]

起源は1924年大正13年)7月21日南河内郡黒山村大字阿弥[4]に開校した甲種職業学校[5]の大阪府南河内郡黒山村外六箇村学校組合立黒山高等実践女学校。

当時、黒山村をはじめ平尾村丹南村丹比村野田村大草村日置荘村の7カ村[6]による学校組合が1917年大正6年)4月、黒山高等小学校に併置して乙種農業学校[5](組合立黒山実業学校[7])を設置した。この農業学校の女子部を発展させる形で女学校を開設する、と学校組合が1924年3月22日に決議。同年7月9日に文部省告示で認可され、同年7月21日に校舎併設のまま、組織のみ黒山実女として独立した(本科4年制・専攻科1年制)。

その後、学校組合は1927年昭和2年)から1928年にかけて、大阪市愛日尋常小学校の旧校舎を、黒山高小の南側の隣接地に移築(黒山村大字阿弥81番地)。1928年、この校地に黒山実女が移転し校舎も独立した。

だが、志願者や生徒数の増加で経費が増大し、学校組合による運営では経済的に困難となり、大阪府への移管を求める声が高まったとして1929年に学校組合を解消。同年4月、黒山実女の設立者を変更(大阪府に移管)し、甲種職業学校の大阪府立黒山高等実践女学校に改編された(文部省告示第183号4月6日付で、設立者と名称の変更を認可[8])。

その後、第二次世界大戦中の1941年、府立黒山実女は廃止され、新たに大阪府立黒山高等女学校が設置された[9]

新制の高校、黒山から登美丘に移転[編集]

太平洋戦争後の学制改革により、1947年に府立黒山高女2・3年生を移籍させる形で新制の中学校を併設し[10]1948年に新制の大阪府立黒山高等学校へ改編された。なお他の高等女学校と異なり、近隣に旧制中学校がなかったため入学試験で男子生徒を募集。翌1949年、男子生徒が入学し男女共学となった。

なお1948年、校舎を新制「学校組合立黒山中学校」(堺市立美原中学校)に明け渡すことになり、黒山高校は、同じ組合立黒山実業学校を源流とする大阪府立農芸高等学校[11](黒山村大字北余部)の校舎の一部を間借りした。

このため大阪府は、黒山高校と農芸高校を(いわゆる高校三原則に基づく)総合制高等学校への統廃合を検討した。だが、農芸高校側が独立校としての存続を強く希望したため実現しなかった。

そこで、黒山高校は独立校舎への移転を検討。既設の私立高校の買収・公立移管によって私学と統合する形での移転も検討され、初芝高等学校と交渉に入ったとされるが、買収案は実現しなかった。また独立校舎の新設を検討し、最終的に南河内郡登美丘町大字西野での独立校舎の新設を決定。1952年4月に校舎が完成して移転。移転と同時に大阪府立登美丘高等学校に改称した(現在地、現校名)。

年表[編集]

基礎データ[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道

象徴[編集]

校歌
制服

諸活動[編集]

部活動[編集]

運動部
  • 剣道部
  • 硬式テニス部(男女)
  • サッカー部
  • 柔道部
  • 水泳部
  • ソフトテニス部(男女)
  • 卓球部
  • バスケットボール部(男女)
  • バレーボール部(男女)
  • ハンドボール部(男)
  • 野球部
  • 陸上競技部
  • ソフトボール部(女)
文化部
  • 演劇部
  • 茶道部
  • 写真部
  • 書道部
  • パソコン部
  • 美術工芸部
  • 放送部
  • フォークソング部
  • 創作部
  • クッキング部
  • サイエンス同好会
  • ESS同好会

学校施設[編集]

現在の校舎1970年代の建設で、旧耐震基準既存不適格のままであり震度6強の揺れで倒壊の恐れがある。このため2011年平成23年)度から改修を行った[19]

高校関係者と組織[編集]

関連団体[編集]

  • 登美丘高等学校同窓会 - 同窓会。固有の団体名は無し

高校関係者一覧[編集]

芸能
スポーツ
エンタメ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “【動画】女子高生の「バブリーダンス」が今年のYouTube国内トレンド動画1位に 大阪・登美丘高校” (日本語). 産経新聞. (2017年12月18日). https://www.sankei.com/life/news/171218/lif1712180054-n1.html 2020年9月28日閲覧。 
  2. ^ a b c どんな学校?(中学生のみなさんへ)” (日本語). 大阪府立登美丘高等学校. 2021年2月4日閲覧。
  3. ^ 令和2年度 学校経営計画及び学校評価” (日本語). 大阪府立登美丘高等学校. 2020年9月28日閲覧。
  4. ^ 現在の堺市美原区堺市立黒山小学校付近
  5. ^ a b 1930年代の公立職業学校における女子教育 大阪府立佐野高等実践女学校を中心に - 京都大学徳山倫子2016年平成28年)
  6. ^ 現在の堺市東区・美原区の大半、および羽曳野市の一部に相当
  7. ^ 大阪府立農芸高等学校の源流で、大正6年4月27日付の文部省告示第96号で、設置と4月開校を認可された「大阪府南河内郡黑山村外六箇村學校組合立黑山實業學校」(官報大正6年(1917年)1917年4月27日 第1419号
  8. ^ a b 官報昭和4年(1929年)4月6日第678号
  9. ^ なお1943年に戦時措置に伴う中等学校令により4年制に短縮されたが、終戦直後5年制に復帰している。
  10. ^ 併設中学校は過渡期の役割を終えた1949年に閉鎖。
  11. ^ 大阪府立農芸学校(現大阪府立農芸高等学校)は1941年に黒山村大字北余部内で移転している。
  12. ^ a b c d 沿革・校歌” (日本語). 大阪府立登美丘高等学校. 2020年9月28日閲覧。
  13. ^ 官報大正15年(1926年)11月30日第4281号
  14. ^ なお学校組合は1925年泉北郡百舌鳥村深井村東陶器村西陶器村および南河内郡南八下村の5カ村(いずれも現在の堺市の一部)が加入し、12カ村による学校組合となった。
  15. ^ a b 官報昭和16年(1941年)3月17日第4256号
  16. ^ “【11月17日 Mステ出演者・披露曲まとめ】MIYAVI vs 三浦大知、関ジャニ∞、DAOKO×岡村靖幸など6組登場!”. T-SITE (TSUTAYA). (2017年11月17日). http://top.tsite.jp/news/j-pop/i/37737917/ 2017年11月19日閲覧。 
  17. ^ 関西元気文化圏賞 大賞に桐生祥秀選手、特別賞に井山裕太十段 ニューパワー賞には登美丘高校ダンス部も 産経新聞 2018年1月23日
  18. ^ “【動画】あのバブリーを超える? 登美丘高振り付けの「救命ダンス」が熱い” (日本語). 産経新聞. (2020年1月31日). https://www.sankei.com/premium/news/200131/prm2001310007-n1.html 2020年9月28日閲覧。 
  19. ^ 棟別耐震性能一覧表【府立学校】” (日本語). 大阪府庁. 2021年2月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大阪府立登美丘高等学校60周年記念誌編集委員会『創立60周年記念誌』大阪府立登美丘高等学校、1983年。

関連項目[編集]