大阪府都市開発100系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪府都市開発100系電車
586(行先表示器設置・前照灯移設前) 1990年頃泉ヶ丘駅にて撮影
586(行先表示器設置・前照灯移設前)
1990年頃泉ヶ丘駅にて撮影
基本情報
運用者 大阪府都市開発
製造所 東急車輛製造
製造年 1970年 - 1973年
製造数 30両
運用開始 1971年4月1日
廃車 2000年3月2日
主要諸元
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式
全長 20,725 mm
全幅 2,740 mm
全高 4,160 mm
駆動方式 歯車式平行可とう駆動式
制御方式 電動カム軸式抵抗制御
制動装置 電動直通式空気ブレーキ発電ブレーキ併用
保安装置 ATS-N
テンプレートを表示

大阪府都市開発100系電車(おおさかふとしかいはつ100けいでんしゃ)は、大阪府都市開発(現在の泉北高速鉄道)が1970年(昭和45年)に製造した通勤形電車である。

概要[編集]

泉北高速鉄道線の開業に備えて1970年から製造された車両で、1971年(昭和46年)4月の開業と同時に営業運転を開始した。その後、1973年(昭和48年)まで製造が続けられた。

南海電気鉄道高野線との相互直通運転を行うため、車両の仕様は同社が当時高野線で導入を進めていた6100系に準じたものとなっている。

1995年平成7年)から廃車が始まり、2000年(平成12年)3月に全廃された。

全車両が東急車輛製造で製造されたが、初期に製造された16両は大阪製作所(旧・帝國車輛工業)で製造され[1]、これらの車両は大阪製作所で製造された最後の鉄道車両となった[2]

編成・形式[編集]

4両固定編成5本、2両固定編成5本の計30両が製造された。形式は制御電動車100形(101 - 111・113・115・117・119)、付随車500形(501 - 510)、制御車の580形(582・584・586・588・590)の3種類である。

4両固定編成は難波・中百舌鳥側から100形(奇数) - 500形(奇数) - 500形(偶数) - 100形(偶数)、2両固定編成は難波・中百舌鳥側から100形(奇数) - 580形(偶数)の編成を組む。

当初は4両固定編成4本で使用を開始したが、1972年(昭和47年)12月の6両運転開始時に2両固定編成が製造されて6両で運用されるようになった。1973年(昭和48年)の栂・美木多駅延伸でさらに6両が製造され、6両編成5本体制となった。1975年(昭和50年)11月のダイヤ改正で8両編成運転を開始した際、8両編成3本と6両編成1本に組み替えられた[3]

構造[編集]

南海6100系の仕様を基本としていたが、製造コスト軽減などの理由で一部の部分に異なる点があった。

車体[編集]

南海6100系に準じた4扉20m車体であるが、南海6100系がオールステンレス車体であるのに対してセミステンレス車体となっている。製造当時の泉北高速鉄道は第三セクターであり、この時点で製造特許を持つ東急車輛との一社独占契約となってしまうオールステンレス車体が入札公平性の観点から採用出来なかったためである。6100系同様に外板はバッド社スタイルのコルゲートが付けられている。

前面デザインは6100系と異なる切妻構造で、乗務員室側前面の隅には丸みが付けられている。それ以外の車体の隅は直線的に処理され全体に角張っている。前面の貫通扉とその上部はライトブルーに塗装されている。また前面の前照灯は6100系と同位置にあるが、6100系にある前照灯枠はない。

車号標記は南海電気鉄道の車輌と同様に飾り文字が用いられている。なお後継の3000系以降の系列の車号標記は普通のゴシック体になった。

冷房装置は、製造当初から冷房付き(一部は冷房準備工事車として製造)とされた6100系とは違い、100系では搭載されなかった。のちに冷房化改造を受けている(後述)。

台車・機器[編集]

台車は6100系に採用されているパイオニアIII台車ではなく、S型ミンデン式のFS-376(電動車)/FS-076(制御車・付随車)である。電動車にMG(電動発電機)およびCP(電動空気圧縮機)を搭載する。

パンタグラフは6100系のような下枠交差型パンタグラフではなく、ひし形パンタグラフである。

運用・改造[編集]

107 (行先表示器設置・前照灯移設後)

製造から廃車まで泉北高速鉄道線内および南海高野線(難波駅 - 三日市町駅間の平坦区間)で使用された。最後まで電気連結器付密着連結器への交換が施工されなかったため基本的に終日6両または8両編成で走る運用に充てられていたが、ごくまれに10両編成で走ることもあった。

廃車までの間に、3000系などとのサービスレベル格差解消などを目的として、以下のような多くの改造を受けている。

冷房化[編集]

1983年から1986年にかけて、全30両に対して冷房装置の設置工事が実施された。屋根上に集約分散式三菱電機製CU-191P形を4台、車内天井にローリーファン4台を設置した。

冷房化と同時にパンタグラフを下枠交差型のものに交換した。冷房化以前は中百舌鳥・難波側の先頭車のパンタグラフは先頭部寄り(運転台直上)に設置されていたが、冷房化と同時に連結面寄りに移設された。

また冷房化と同時に補助電源としてそれまでの電動車のMGが撤去され、制御車および和泉中央側の付随車にSIV(静止形インバータ)が設置された。

その他の改造[編集]

  • 先頭車の半数強(101 - 105・107・109・110と580形全車)に列車無線が設置された。施工対象外となった先頭車は以後営業運転で先頭に立つことはなかった。
  • 1987年2月から3月にかけて、車両側面にブルーテープが貼り付けられた[4]
  • 1988年12月から1989年4月にかけて車体側面および列車無線取付済みの先頭車の前面に種別・行先表示器の取り付け工事が実施された。この際に先頭車は前照灯が前面両側下部の腰板部に移設された。
  • 1995年に列車種別選別装置をアイデントラ方式からトランスポンダ方式に更新された。

廃車[編集]

保存されている588
保存車両の車内

経年に伴う老朽化により、1995年から2000年にかけて廃車が行われた。

1995年(平成7年)に5000系最終増備車が製造されたことにより、同年3月31日付で101+501+502+102が廃車となった[5]

その後、7000系の製造が開始されたため、1996年(平成8年)11月22日付で103+503+504+104と111+582が、1997年(平成9年)3月19日付で105+505+506+106が、1998年(平成10年)6月27日付で107+507+508+108が、同年7月15日付で119+590が廃車となり、開業時に製造された1次車が全廃された。

残る10両は2000年(平成12年)3月2日付で廃車となり形式消滅した。

廃車後、588は泉ケ丘駅近くにある大阪府立大型児童館ビッグバンの裏側、山を越えた場所に位置する公園「ちょっとバン」にて静態保存された。塗装は5000系「ハッピーベアル」に似たデザインに塗り替えられている。

他の車両はすべて解体された。運転台機器の一部が3000系中間車の先頭車化(3000系50番台)に転用されたほか、台車は南海電気鉄道に(6100系の6300系化に使用)、冷房装置は高松琴平電気鉄道600形および700形の冷房化に使用)と上信電鉄1000形の冷房化に使用)、SIVは富山地方鉄道に譲渡されている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『私鉄の車両23 南海電気鉄道』 保育社、1986年、185頁。 
  2. ^ 東急車輛製造株式会社 編 『東急車輛30年のあゆみ』、1978年、70頁。 
  3. ^ 大阪府都市開発(編) 『10年のあゆみ』、72-73、77頁。 
  4. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第7号、鉄道ジャーナル社、1987年6月、 113頁。
  5. ^ 大阪府都市開発(編) 『「流れの創造」大阪府都市開発30年のあゆみ』、156頁。