大阪府都市開発5000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪府都市開発5000系電車
Sb5000.jpg
泉北5000系5507F(天下茶屋駅にて)
基本情報
運用者 泉北高速鉄道
製造所 川崎重工業
東急車輛製造
製造年 1990年-1995年
製造数 5編成40両
運用開始 1990年
主要諸元
編成 8両編成
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1500V(架空電車線方式
全長 20,725 mm
全幅 2,744 mm(先頭車)
2,740 mm(中間車)
全高 4,160 mm
車体 アルミニウム合金
駆動方式 WNドライブ
制御方式 GTO-VVVFインバータ
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
テンプレートを表示

大阪府都市開発5000系電車(おおさかふとしかいはつ5000けいでんしゃ)は大阪府都市開発(現・泉北高速鉄道)が製造した通勤形電車の一形式。1990年に営業運転を開始した。本項では、なんば方先頭車の車両番号+F(Formation=編成の略)を編成名として表記する。

概要[編集]

これまで相互乗り入れ先の南海電気鉄道の車両をベースとした車両を導入してきた同社にとって初のオリジナル設計となった車両であり、同社、そして直通先の南海で唯一の8両固定編成・非貫通車である。なお、5600形(4・5号車)は電気連結器前照灯を装備している。

制御装置は同社で初めてGTO素子を用いたVVVFインバータ制御を採用、ブレーキは電気指令式、台車はボルスタレス台車となった。なお登場当初は南海2000系をベースとした制御装置であったが、後に南海1000系をベースとしたものに換装された。

車体はアルミ合金製ながら白色に全塗装されている。ラインカラーは窓下に青の濃淡2本のラインが入り、窓上には濃青のラインが入っている。また、窓上のラインは運転台後方の扉の後ろの窓部分で太く斜め下に降りて窓下のラインに合流している[1](このデザインは後に南海電気鉄道が車体塗色を変更する際に影響を与えたと言われている[誰によって?])。1996年7000系営業運転開始と同時に、先頭車側面の濃青のラインの窓下部分に「SEMBOKU」のロゴを貼り付けた。

なお、5501Fの和泉中央方の4両と5509Fは東急車輛製造[2]製、他は川崎重工業製である。

内装[編集]

座席は赤色(優先座席は灰色)のモケットを使用した4/7列ロングシートで、3000系ではパイプ製だった座席仕切りを改善、棚は網棚に戻った。また、扉開閉時のドアチャイムやドア上のLED式の情報案内表示[3](千鳥配置)も設置され、5501Fを除き中間車には車椅子スペースが用意された。車内案内表示器のLEDスクロールの速さは7000系と比べて少し遅めで、準急または区間急行なんば行き列車での停車駅案内では、終点のなんばも案内され(7000系の場合は一駅手前の停車駅である新今宮まで案内される)、中百舌鳥駅到着時の乗換案内に高野線の旧愛称「りんかんサンライン」が表示される。

リニューアル工事[編集]

5000系リニューアル車 中百舌鳥にて

本形式は製造から20年以上が経過しており、設備や内装の劣化が深刻化したため、2015年より5501Fを始めとするリニューアル工事が施行されている。

リニューアル内容は以下の通り。

  • 前照灯・尾灯・標識灯をLEDに交換
  • 乗降扉の交換(客室側はステンレス無塗装)
  • 前面・側面行先表示器をフルカラーLEDに交換(5507F以降)
  • 和泉中央方先頭車に車いすスペースを設置
  • 車内案内表示器を4ヶ国語対応のLCDディスプレイに変更[4](表示デザインは7020系のものとは異なり、京阪電気鉄道で使用されているデザインに近い)
  • 座席モケットを7020系に準じたものに交換
  • 南海8000系と同型の大型座席仕切りを設置
  • 化粧板・床材の張り換え

車体の塗装は全剥離し、南海千代田工場にて再塗装された。なお、制御装置の更新は見送られている。

始めに5501Fが光明池車庫で改造され2015年4月より営業運転に復帰し、翌年の4月には2編成目となる5503Fも営業運転に復帰した。5505Fは特別塗装だったためラッピングを剥離した青地の塗装のまま改造され[5]、千代田工場にて塗装変更などを施し2018年5月より営業運転に復帰している。

特別塗装車「ハッピーベアル」[編集]

1999年5月5日より、大阪府堺市大阪府立大型児童館ビッグバン開館(同年6月)を記念し、館長である漫画家松本零士のデザインによる特別塗装が5505Fに施された。車体には同館のイメージキャラクターである「ベアル」と「メロウ」が描かれていた。この塗装は当初は2001年4月位までの予定であったが、好評のため2005年に塗装を修繕し引き続き運行した。

2009年に、同館開業10周年を機にこの編成の愛称を公募し[6]、6月21日に松本も臨席して愛称発表式が行われ[7]、「ハッピーベアル」とすることが発表された[8]。発表後、前面窓裾に愛称のロゴステッカーが貼り付けられた。

2015年から進行しているリニューアル工事の影響により、2017年10月1日をもって運行を終了した。同年9月20日よりメッセージステッカーが貼り付けられ、運行終了後は10月7日開催の「せんぼくトレインフェスタ2017」会場で7000系フロンティア号とともに展示された[9][10]

ラッピング[編集]

  • 2016年1月22日から2019年4月21日まで、5509Fの車体側面全体に薔薇の柄をあしらったパチンコ店のラッピングが施された。
  • 2018年2月13日からは、5503Fの車体に泉北沿線の大学(桃山学院大学桃山学院教育大学プール学院短期大学)のスクールカラー、ロゴ等をデザインしたラッピング車両が運行を開始した[11]


運用[編集]

泉北高速鉄道線南海高野線への直通列車に使用される。

2005年10月16日のダイヤ改正後、日中データイム時に8両編成で運転される列車が激減したため、8両固定編成である同車の運用も相応に減少したが2015年12月5日のダイヤ改正で日中の運用を再開している。また、2017年8月26日のダイヤ改正では大半が8両編成で運転されるためさらに運用が増えている。現在では中百舌鳥駅 - 和泉中央駅間の折り返し運転の他、準急、区間急行などに使用されている。2015年12月5日からは女性専用車両が難波方から4両目(4号車、5600形)に、平日朝時間帯の難波行き区間急行(和泉中央駅 - 天下茶屋駅間)のみ設定されている。

登場当初は線内運転のみの運用であり、南海高野線への乗り入れは1992年のダイヤ改正からである。また、高野線は今宮戎駅萩ノ茶屋駅と、岸里玉出駅 - 浅香山駅間のプラットホーム有効長が6両編成までの対応[12]であるため、高野線へ乗り入れる各駅停車の運用実績は無い。

方向幕には高野線の行先(北野田 - 三日市町間)も収録されているが、登場時の時点で泉北車の高野線運用は消滅しているため現在も営業線での使用実績は無い。

在籍数[編集]

2016年現在、5編成40両が在籍する。

編成表[編集]

全編成リニューアル工事施工済。

編成番号/形式 1号車
クハ5500
(Tc)
2号車
モハ5000
(M1)
3号車
モハ5000
(M2)
4号車
サハ5600
(T)
5号車
サハ5600
(T)
6号車
モハ5100
(M2)
7号車
モハ5000
(M1)
8号車
クハ5500
(Tc)
製造年 備考
5501F 5501 5001 5101 5601 5602 5102 5002 5502 1990年
5503F 5503 5003 5103 5603 5604 5104 5004 5504 1992年 沿線大学ラッピング
5505F 5505 5005 5105 5605 5606 5106 5006 5506 1993年  元:特別塗装車「ハッピーベアル」
(1999年5月5日 - 2017年10月1日)
5507F 5507 5007 5107 5607 5608 5108 5008 5508 1995年 行先表示器LED化
 5509F 5509 5009 5109 5609 5610 5110 5010 5510 1995年 行先表示器LED化
備考 弱冷車 女性専用車 弱冷車

関連項目[編集]

松本零士による特別デザイン車両が存在する(した)他社の鉄道車両

上記のうち、忍者列車の2系列以外は松本の作品『銀河鉄道999』をモチーフにしたものである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 北大阪急行電鉄8000形電車は運転台後方の扉の部分で太く斜め下に降りている。
  2. ^ 現事業・総合車両製作所横浜事業所
  3. ^ 登場時は現在のものとは仕様が異なっていた。
  4. ^ 併記されている号車番号は、なんば方の先頭車が1号車のため「泉北ライナー」「こうや/りんかん」とは順序が逆である。
  5. ^ 青地塗装の5505F(泉北高速鉄道公式Twitter) - せんぼくん【公式】@泉北高速鉄道、2018年2月21日
  6. ^ “泉北高速鉄道5000系ペイント列車愛称募集” (プレスリリース), 泉北高速鉄道, (2009年2月23日), http://www.semboku.jp/news/dt_158.html 2012年11月2日閲覧。 
  7. ^ “「ペイント列車」愛称発表式及び松本零士氏一日駅長を開催します!” (プレスリリース), 泉北高速鉄道, (2009年5月26日), http://www.semboku.jp/event/dt_80.html 2012年11月2日閲覧。 
  8. ^ “ペイント列車の愛称が『ハッピーベアル』に決定しました!” (プレスリリース), 泉北高速鉄道, (2009年6月21日), http://www.semboku.jp/news/dt_168.html 2012年11月2日閲覧。 
  9. ^ “ありがとう「ハッピーベアル」~ラッピング車両「ハッピーベアル」の運行を終了します~” (プレスリリース), 泉北高速鉄道, (2017年9月15日), http://www.semboku.jp/cat_news/6141/ 2017年9月15日閲覧。 
  10. ^ 泉北高速鉄道「フロンティア号」「ハッピーベアル」10/7イベントで揃い踏み - マイナビニュース、2017年10月3日
  11. ^ “桃山学院大学、桃山学院教育大学、プール学院短期大学 合同ラッピング電車を運行します” (プレスリリース), 泉北高速鉄道, (2018年2月6日), http://www.semboku.jp/cat_news/6429/ 
  12. ^ 岸里玉出駅は高架化前に使用されていた部分が帝塚山側に残っておりプラットホームそのものは長いが、その部分は柵で閉鎖されており、6両編成を超える部分の車両で乗降することは事実上不可能である。