大阪護國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪護國神社
大阪護國神社
所在地 大阪府大阪市住之江区南加賀屋1丁目1番77号
位置 北緯34度36分36.5秒
東経135度28分26.1秒
座標: 北緯34度36分36.5秒 東経135度28分26.1秒
主祭神 大阪府出身ならびに縁故の殉国の英霊 10万5千余
社格 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 1940年昭和15年)
例祭 5月20日(春季)・10月20日(秋季)
テンプレートを表示

大阪護國神社(おおさかごこくじんじゃ)は、大阪府大阪市住之江区にある神社護国神社)である。

大阪府出身ならびに縁故の殉国の英霊10万5千余柱を祀っており、祭神の柱数は護国神社では沖縄県護国神社福岡縣護國神社に次いで3番目に多い。

住之江公園の南西に鎮座し、新なにわ筋を挟んで住之江競艇場に隣接している。住之江通に面した正面鳥居は大阪府で最大の鳥居である。

創建[編集]

大阪府では、1871年明治4年)4月10日に創設された真田山陸軍墓地の敷地内に招魂社が創建されたのが最初である。しかし、招魂祭は、西南戦争後は陸軍の拠点である大坂城内で、1883年(明治16年)以降は中之島に建立された明治紀念標[注釈 1]前で、1900年(明治33年)以降は城東練兵場[注釈 2]で行なわれていた。なお、正確な時期は不明であるが、真田山の招魂社は1918年大正7年)までには廃絶されている。

招魂祭が長らく社前で行われなくなっていたことや、支那事変日中戦争)勃発後に英霊崇敬の機運が高まりを見せたことから、1938年昭和13年)に大阪府知事が奉賛会長として護国神社造営奉賛会を結成し、内務大臣指定護國神社として創建された[1]1940年(昭和15年)5月4日に鎮座祭が行われたが、人材・資材不足のため正式な社殿の建築をする事ができず仮社殿での鎮座であった。その後に正式な社殿の造営を行う予定であったが、大東亜戦争の激化や敗戦後の混乱により着工出来ないままであった。1960年(昭和35年)に造営奉賛会が結成され、1963年(昭和38年)春に社殿が竣工し、5月29日に遷座祭が行われた[1]

戦後の一時期、GHQによる神道指令の影響下における存続対策として仁徳天皇を祀り、「浪速宮(なにわぐう)」と称していた[2]が、1952年(昭和27年)にサンフランシスコ講和条約が締結されたのに伴い、大阪護國神社に復称した[2]

その後、奉安殿に仁徳天皇を、その相殿に東郷平八郎を遺髪と共に祀るようになった。

沿革[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 明治紀念標は1902年(明治35年)に大手前の大阪偕行社敷地内に移設され、1943年昭和18年)に供出されており、現存しない。
  2. ^ 現在の大阪市城東区森之宮大阪砲兵工廠の拡張に伴い、1940年(昭和15年)に中河内郡盾津町へ移転した。

出典[編集]

  1. ^ a b 御祭神・創建・沿革”. 大阪護國神社. 2019年1月7日閲覧。
  2. ^ a b ご由緒”. 大阪護國神社. 2019年1月7日閲覧。

関連項目[編集]