大阪貨物ターミナル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大阪貨物ターミナル駅
Osaka Freight terminal.jpg
大阪貨物ターミナル駅。
右端は鳥飼車両基地。
おおさかかもつターミナル
Ōsaka Kamotsu Terminal
吹田(タ) (8.7km)
所在地 大阪府摂津市安威川南町二丁目5
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 東海道本線貨物支線
キロ程 8.7 km(吹田(タ)起点)
電報略号 オミ
駅構造 地上駅
開業年月日 1982年昭和57年)11月15日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

大阪貨物ターミナル駅(おおさかかもつターミナルえき)は、大阪府摂津市安威川南町二丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅東海道本線貨物支線の終端である。

大阪地区の貨物線・貨物駅

歴史[編集]

当駅は、昭和40年代に、大阪都心部に位置する梅田駅の機能を一部移転し、近畿自動車道へのアプローチが良好で卸売市場や流通団地の建設が進められていた大阪東北部の貨物取扱拠点とする目的で整備が計画されていた[1]。用地は、東海道新幹線の建設時に新幹線貨物輸送計画で大阪側の貨物取扱駅用地として確保されていた[1][2]が、吹田操車場からの連絡線用地取得が難航し、開業は当初予定の1974年(昭和49年)から大きく遅れ、1982年(昭和57年)11月15日となった[1]。この連絡線は住宅地を高架線で通過するため、高架区間は騒音対策として車両の屋根の高さまで防音壁に囲まれた構造で建設された[3]

1993年(平成5年)から1998年(平成10年)にかけて行われた東海道本線貨物輸送力増強工事では、当駅においては着発線・荷役線の延伸などの改良が行われた[4][5]

年表[編集]

駅構造[編集]

地上駅東海旅客鉄道(JR東海)東海道新幹線および、鳥飼車両基地に沿う広い構内を持つ。

コンテナホームは3面、荷役線は6本設けられている[6]着発線はホームの北東に4本敷設され、ここから単線の貨物線が吹田貨物ターミナル駅へ伸びている[6]。仕分線が2本設けられており、予備のコキ車が留置されている。また駅の北側を流れる安威川の北岸から、東側へ向かって分岐し大阪府中央卸売市場へ向かう専用線があったが、現在は休止扱いになっており使用されていない。コンテナホームの終端側には、当駅の駅舎と、通運事業者が入居する事務所棟が設けられている[6]

コンテナホームの北東側には、線路に並行する形でコンテナの検修庫が設置されている[6]。コンテナの検修業務や構内の入換業務(機関車の運転も含む)はJR貨物グループのジェイアール貨物・西日本ロジスティクス(元関西フレートサービス→ジェイアール貨物・関西ロジスティクス)に委託されており[7]、構内には同社の入換機関車の検修庫も設けられている[6]

構内入換業務[編集]

DE10 1082

当駅の構内入換業務は、開業当初から入換機関車の運行を含めて外部委託とされており、受託事業者の関西フレートサービスは国鉄からDD13形6次車2両(102・103)を譲受しDD55-1・2と附番して業務を開始した[8]。その後DD55の老朽化に伴い、置き換えのため1992年(平成4年)にJR西日本からDE10 1067を、1994年(平成6年)にはJR四国からDE10 1014を譲受し、同番号のままで使用した[9]。最終的には元JR貨物のDE10 1082[9]の1両使用となった[10]。受託事業者の関西フレートサービスも、2006年(平成18年)8月にジェイアール貨物・関西ロジスティクスに改称した後、2016年(平成28年)4月にジェイアール貨物・山陽ロジスティクスと合併してジェイアール貨物・西日本ロジスティクスとなっている[11]。同社所属の機関車の使用は2020年(令和2年)6月15日に終了し[10]、JR貨物所属機に置き換えられたが、入換仕業に就く機関車の運転業務は同社の入換運転士が引き続き担当している[12]

取り扱う貨物の種類[編集]

貨物列車・トラック便[編集]

高速貨物列車のみ停車する。吹田貨物ターミナル駅から当駅へ向かう列車が下り、その逆が上りとなっている。

終着駅であるため、下り列車16本が当駅終着、上り列車16本が当駅始発となっている(2020年3月14日現在[13])。このほか、臨時列車も設定されている。列車の発着駅は吹田貨物ターミナル駅の他に鹿児島貨物ターミナル駅鳥栖貨物ターミナル駅福岡貨物ターミナル駅広島貨物ターミナル駅新居浜駅高松貨物ターミナル駅姫路貨物駅安治川口駅百済貨物ターミナル駅金沢貨物ターミナル駅富山貨物駅東京貨物ターミナル駅新座貨物ターミナル駅新潟貨物ターミナル駅仙台貨物ターミナル駅東青森駅札幌貨物ターミナル駅が設定されている。

列車代行のトラック便は、福知山オフレールステーションとの間に1日2往復、和歌山オフレールステーションとの間に1日1往復運行されている。

駅周辺[編集]

安威川と東海道新幹線に挟まれた場所に駅がある。駅の南側(新幹線側)には貨物駅の構内より広い鳥飼車両基地が置かれている。

コンテナホームは駅西側を通る大阪府道2号大阪中央環状線に通じている。また、中央環状線と並行して近畿自動車道摂津北IC摂津南ICの中間)や大阪モノレール本線摂津駅 - 南摂津駅間)が通っている。

駅北側に隣接して、摂津市の新幹線公園が設置されている。新幹線0系の先頭車21形と、電気機関車のEF15形 120号機が保存展示されている[14]。地元の市民グループ「新線組」が案内板の整備やごみ拾いなどの活動を行っている。新線組ではJR東海に対して、この公園に新幹線車両基地を見学できる展望台を設置することなどを提案しているが、まだ実現していない[15]

その他[編集]

グリコ・森永事件の際、江崎グリコ江崎勝久社長が誘拐後に、駅の北側を流れる安威川護岸に建つ水防倉庫(通運事務棟とコンテナ検修庫との間のトラック駐車場の北側対岸にある施設)に監禁されていたが、自力脱出した後に当駅へ駆け込み構内作業員により無事に保護され駅舎内でかくまわれて、事件が大きく動くきっかけとなった。

隣の駅[編集]

日本貨物鉄道
東海道本線(貨物支線)
吹田貨物ターミナル駅 - 大阪貨物ターミナル駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 24t超の貨物を扱えるのは、東京貨物ターミナル駅宇都宮貨物ターミナル駅神奈川臨海鉄道横浜本牧駅仙台臨海鉄道仙台港駅の4駅のみで、これらの駅はいずれも最大扱重量が35tとなっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 鉄道ピクトリアル』1997年3月号(No.634)、電気車研究会、p.20
  2. ^ 鉄道ジャーナル』2017年8月号(No.610)、鉄道ジャーナル社、p.65
  3. ^ 『鉄道ジャーナル』1993年12月号(No.326)、鉄道ジャーナル社、p.24
  4. ^ 『鉄道ジャーナル』1993年12月号(No.326)、鉄道ジャーナル社、p.27
  5. ^ 『鉄道ジャーナル』1998年9月号(No.383)、鉄道ジャーナル社、p.144
  6. ^ a b c d e 『2009 貨物時刻表』 鉄道貨物協会、p.296
  7. ^ ジェイアール貨物・西日本ロジスティクス公式サイト掲載『大阪貨物ターミナル営業所』(2020年9月25日閲覧)
  8. ^ 『鉄道ピクトリアル』2007年12月号(No.797)、電気車研究会、p.65
  9. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』2000年12月号(No.694)、電気車研究会、p.71
  10. ^ a b 大阪貨物ターミナルの入換機にヘッドマーク”. 鉄道ファン railf.jp (2020年6月9日). 2020年7月24日閲覧。
  11. ^ ジェイアール貨物・西日本ロジスティクス公式サイト掲載『会社概要』(2020年9月25日閲覧)
  12. ^ ジェイアール貨物・西日本ロジスティクス公式サイト掲載『受託事業』(2020年9月25日閲覧)
  13. ^ 「貨物時刻表」2020 鉄道貨物協会
  14. ^ 佐藤 繁昌「大阪・兵庫地区の貨物駅・貨物線見て歩き」『鉄道ピクトリアル』No.808(2008年9月) p.41 電気車研究会
  15. ^ 壮観 スター選手ずらり 新幹線大阪車両所 Archived 2007年12月4日, at the Wayback Machine. - asahi.com 2008年9月2日閲覧