大阪鉄道病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 大阪鉄道病院
Osaka Railway Hospital.jpg
情報
正式名称 西日本旅客鉄道株式会社 大阪鉄道病院
英語名称 Osaka General Hospital of West Japan Railway Company
前身 神戸鉄道病院
標榜診療科 呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、糖尿病・代謝内科、神経内科、精神神経科、皮膚科、放射線科・放射線治療科、外科、呼吸器外科、整形外科、麻酔科、婦人科、耳鼻咽喉科、眼科 、泌尿器科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、緩和ケア内科
許可病床数

303床


一般病床:303床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 西日本旅客鉄道株式会社
管理者 上田祐二(院長)
開設年月日 1915年(大正4年)4月15日
所在地
545-0053
大阪府大阪市阿倍野区松崎町一丁目2番22号
位置 北緯34度38分42.32秒 東経135度31分2.53秒 / 北緯34.6450889度 東経135.5173694度 / 34.6450889; 135.5173694 (大阪鉄道病院)座標: 北緯34度38分42.32秒 東経135度31分2.53秒 / 北緯34.6450889度 東経135.5173694度 / 34.6450889; 135.5173694 (大阪鉄道病院)
二次医療圏 大阪市
PJ 医療機関
テンプレートを表示

西日本旅客鉄道株式会社 大阪鉄道病院(にしにほんりょかくてつどう・おおさかてつどうびょういん)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)付属の病院大阪府大阪市阿倍野区松崎町にある。

かつてはJR大阪鉄道病院高等看護学園(神戸鉄道病院時代に設立。2008年平成20年〉3月31日限り閉校〈大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南1-2-23〉)を併設し、看護師育成も行っていた。

国鉄からJR旅客各社に受け継がれた「鉄道病院」は、JRグループ発足後は病院ごとに独自の名称に変更するところが多い中、当病院のみ国鉄時代からの「鉄道病院」の名称で運営され続けている。

沿革[編集]

  • 1915年大正4年) - 神戸市神戸鉄道病院として開設[1]
  • 1928年昭和3年) - 大阪鉄道病院に改称[1]
  • 1929年(昭和4年) - 大阪市阿倍野区天王寺町南1丁目3-5に移転[1]
  • 1982年(昭和57年) - 一般患者受け入れ開始[1]
  • 1987年(昭和62年) - 国鉄分割民営化に伴い西日本旅客鉄道に継承。本社付属の病院となる[1]
  • 2000年(平成12年)12月1日 - 大阪市阿倍野区松崎町(現在地)に移転[1][2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “創立100周年を記念し、大阪鉄道病院でオープンホスピタル(一般公開)を開催!” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年12月7日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/12/page_8006.html 2015年12月7日閲覧。 
  2. ^ “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 

関連項目[編集]