大隅高須駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大隅高須駅
おおすみたかす
Ōsumi-Takasu
大隅野里 (2.9km)
(3.9km) 荒平
所在地 鹿児島県鹿屋市高須町
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
キロ程 41.0km(志布志起点)
電報略号 タス
ホーム 1面1線
開業年月日 1914年(大正4年)
廃止年月日 1987年(昭和62年)
備考 駅舎とホームは離れていた
テンプレートを表示

大隅高須駅(おおすみたかすえき)は、鹿児島県鹿屋市高須町にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月14日に廃駅となった。

廃止時の構造[編集]

  • 志布志起点41.0 km。
  • 単式ホーム1面1線と側線1本を有する列車交換不能駅であったが、駅舎とホームは離れていた。
    • 1967年6月の時刻表では、当駅で旅客列車同士が交換しているダイヤが記載されているため、その当時は交換設備があったと考えられる。
  • 委託駅であった。

歴史[編集]

  • 1915年(大正4年)7月11日 - 南隅軽便鉄道高須 - 鹿屋間の開業に伴い、高須駅として開業。
  • 1916年(大正5年)5月30日 - 南隅軽便鉄道が大隅鉄道に社名を変更。
  • 1923年(大正12年)12月19日 - 大隅鉄道古江 - 高須間の延伸開業に伴い、中間駅となる。
  • 1935年(昭和10年)6月1日 - 大隅鉄道が国有化に伴い古江線となり、大隅高須駅に改称。
  • 1936年(昭和11年)10月23日 - 古江線の路線名改称により、古江西線の駅となる。
  • 1938年(昭和13年)10月10日 - 1,067 mm軌間への改軌工事完成、古江東線と古江西線を合わせて古江線とする。
  • 1972年(昭和47年)9月9日 - 志布志駅 - 国分駅間全通に伴い古江線が大隅線に改称され、大隅線の駅となる。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 業務委託解除、駅無人化。 
  • 1987年(昭和62年)3月14日 - 大隅線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
大隅野里駅 - 大隅高須駅 - 荒平駅

1938年に改軌されるまで、大隅野里駅との間に滝ノ観音駅が、荒平駅との間に金浜駅がそれぞれ存在した。

廃止後の現状(2009年現在)[編集]

  • 駅跡は公民館になっており、記念碑が建立されている。
  • 高須駅跡構内への入り口には、消防の倉庫があり、構内跡は公園となっている。

関連項目[編集]