大隈一武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大隈 一武(おおくま かずたけ、1939年 - )は、元西南学院大学教授。

略歴[編集]

佐賀県に生まれる。1962年昭和37年)に九州大学法学部を卒業。イリノイ大学ロースクール修士課程修了。1962年昭和37年)日本鋼管入社。総務部海外法務室長を経て、ゴールデンゲート大学の法学博士(S.J.D.)を取得し、西南学院大学法学部教授に。2010年平成22年)3月退職。

著書[編集]

  • 「米国進出企業のための企業買収・合弁経営戦略」
  • 「中国の合弁関係法について」
  • 「海外工事請負契約論」

共著[編集]

  • 「契約の法律知識Q&A」
  • 「実戦国際ビジネスQ&A」
  • 「アメリカ事業進出ハンドブック-M&A・現地法人運営のビジネス法務」

訳書[編集]

  • 「FIDIC海外工事契約の知識」
  • 「EEC反ダンピング手続きにおける損害価格差の算定」
  • 「カリフォルニア州のユニタリー・タックス改正法の分析」
  • 「工事請負契約における保証およびボンド」