大韓国民航空社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大韓國民航空社
대한국민항공사
Korean National Airlines
設立 1946年
ハブ空港 大韓民国の旗 韓国 汝矣島空港朝鮮語版金浦国際空港
テンプレートを表示
大韓國民航空社
各種表記
ハングル 대한국민항공사
漢字 大韓國民航空社
発音 テハングンミナンゴンサ
日本語読み: だいかんこくみんこうくうしゃ
2000年式
MR式
英語
Daehangungminhanggongsa
Taehangungminhangongsa
Korean National Airlines
テンプレートを表示

大韓国民航空社:대한국민항공사:Korean National Airlines[1])は、1946年設立された、朝鮮の旗 朝鮮及びに大韓民国の旗 韓国初の民間航空会社である。略称KNA

設立の経緯[編集]

大韓国民航空社は、慎鏞頊(シン・ヨンウク、愼鏞頊신용욱1901年 - 1961年7月16日)によって1946年に設立された。

慎鏞頊は、日本アメリカで飛行機操縦を学んだ後、1929年に朝鮮飛行学校を、1936年10月に朝鮮航空事業社を設立し、当時の朝鮮で航空会社を発展させる夢を持っていた。だが、太平洋戦争勃発に伴う飛行機徴用によって航空輸送事業は継続できなくなり、朝鮮航空事業社は事実上休業状態となった。

1945年に朝鮮が連合国軍の占領下に入ると、慎鏞頊はアメリカ軍政府と交渉して朝鮮航空事業社を存続させ、1946年3月1日に社名を大韓国民航空社へ改めた。そして1948年に株式会社化し、韓国独立後の1948年10月30日に、ソウルから釜山へ最初の旅客便を就航させた。これを記念して、韓国では10月30日を「航空の日」として祝日としている。

経営悪化と終焉[編集]

初就航の直後に朝鮮戦争が勃発すると、大韓国民航空は機材を政府に徴発され運行できなくなった。だが、戦中に再度航空機を導入して運行を再開し、国内線だけでなく国際線にも進出した。慎鏞頊は事業の傍ら、大韓民国の第2代国会1950年)と第3代国会1954年)で国会議員を務めている。

その後、KNAは需要の減少や通貨ファンの暴落、更には滄浪号ハイジャック事件による機体の喪失よって経営難となった。韓国政府によって企業国有化が推し進められる中、創業者慎鏞頊は政府による国有化に抵抗したが、経営難を苦に1961年漢江へ投身自殺した。KNAは1962年に政府に強制的に買収され大韓航空公社となり、消滅した。

現在の大韓航空1969年に、政府が大韓航空公社を韓進グループに売却して民営化したものであり、大韓国民航空社の後身にあたる。

使用機材[編集]

運航路線[編集]

1957年の時刻表[2]によれば、以下の都市へ就航していた。発着空港については括弧内のリンクを参照のこと。

国際線[編集]

国内線[編集]

創業当時の広告[3]によれば、前述の都市に加えて、以下の都市に就航していた。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、こちらのサイト[1]の写真によれば、機体にはKOREANAIRと表記されていた。
  2. ^ 大韓国民航空1957年時刻表
  3. ^ 創業当時の広告が記載されたページ