大須賀大神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大須賀大神
所在地 千葉県成田市伊能345
位置 北緯35度50分20.04秒
東経140度25分44.46秒
社格 郷社
創建 810年弘仁元年)
例祭 4月17日以降の日曜日
テンプレートを表示

大須賀大神(おおすがおおかみ)は、千葉県成田市にある神社である。旧社格は郷社。伝統芸能「伊能歌舞伎」で有名であり、県内に残る数少ない農民歌舞伎が残る。

伊能歌舞伎[編集]

その由来は明らかになってはいないが、奉納芝居として、1697年元禄10年)に始まったといわれている。1961年昭和36年)に千葉県の無形民俗文化財に指定されたが、その後、高度経済成長などによる時代の変化や、火災による衣服の焼失などにより、1965年(昭和40年)の公演を最後に上演が途絶え、県の文化財指定も解除されてしまった。

しかし、伊能地区の有志達が集まり、復活の気運が高まり、1998年平成10年)に「伊能歌舞伎保存会」が設立され、1999年(平成11年)復活を果たす事が出来た。現在は市内はもとより、市外での公演依頼も多く積極的に上演されている。現在、伊能歌舞伎は市の指定文化財に指定されている。

祭礼[編集]

(房総の魅力500選)

  • 伊能のおあそび
    毎年4月17日以降の最初の日曜日に行われる。「ぶっこみ」と呼ばれるお練りは、先頭の高さ5mの大万灯を4、5人の若者が振りながら進み、女性の踊りが入る。また、「伊能歌舞伎」も奉納芝居として上演される。

アクセス[編集]

関連項目[編集]