大須賀応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大須賀 応
生誕 1894年1月25日
日本の旗 日本 北海道
死没 (1945-03-26) 1945年3月26日(51歳没)
日本の旗 日本 東京都硫黄島
所属組織 日本陸軍
軍歴 1915 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

大須賀 応(おおすが まこと[1] / ことを[要出典]1894年明治27年)1月25日[2] - 1945年昭和20年)3月26日[2][注 1])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

北海道札幌郡篠路兵村(現・札幌市北区屯田)出身。陸軍屯田兵軍曹・大須賀忠夫の子として生まれる[要出典]札幌中学を経て[要出典]1915年(大正4年)5月、陸軍士官学校(27期)を卒業[2][3]。同年12月、砲兵少尉任官[3]1927年(昭和2年)12月、陸軍大学校(39期)を卒業した[1][2]

1937年(昭和12年)12月、第16師団参謀として南京攻略戦に参加[要出典]1938年(昭和13年)7月、砲兵大佐に昇進し野砲兵第22連隊長に就任[1][2]武漢作戦に参加[2]1940年(昭和15年)8月、第116師団参謀長に転任し、安慶での警備に当った[1][2]1941年(昭和16年)10月、陸軍少将に進級し太平洋戦争を迎えた[1][2]

1942年(昭和17年)3月、基隆要塞司令官に就任[1][2]1944年(昭和19年)2月、父島要塞司令官に転じた[1][2]。同年5月、混成第2旅団長、同年12月、第109師団司令部付となる[1][2]硫黄島の戦いに参戦し、1945年(昭和20年)3月、最後の総攻撃で戦死[2]。陸軍中将に特進した[1][2]

親族[編集]

  • 弟 大須賀実(陸軍大佐)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』148頁で「3月17日」とあるが、同書149頁で「20年3月26日に最後の総攻撃で戦死」との記載により3月26日とした。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』378頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本陸軍将官辞典』148-149頁。
  3. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』369、378頁。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 『屯田部落七十年史』屯田自治会、1959年