大高菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大高菜

大高菜(おおだかな)は、あいちの伝統野菜にも選ばれている伝統野菜

概要[編集]

知多郡大高村(現名古屋市緑区)に由来する[1]。主な生産地も当地を中心とした緑区内である[1]。栽培は江戸時代にはじまったといい、漬菜の一種である[1]

旬は12月から1月ごろで、当地の雑煮の具である餅菜としても使用される[1]。また、漬物や和え物としての利用にも適しているという[1]

市場流通はまれで、家庭菜園などで細々と生産されるにすぎない[1]。緑区役所は、2009年(平成21年)より家庭菜園用に種の無料配布を行っている[2]

2002年(平成14年)には、あいちの伝統野菜に選定された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 日外アソシエーツ 2009, p. 201.
  2. ^ a b 名古屋市緑区役所区政部総務課緑農政担当 (2016年10月31日). “知ろう!食べよう!育ててみよう!緑区の伝統野菜 『大高菜』”. 名古屋市. 2017年2月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『事典 日本の地域ブランド・名産品』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2009年2月25日(日本語)。ISBN 978-4-8169-2163-6。