大鷹明良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおたか あきら
大鷹 明良
生年月日 (1957-11-15) 1957年11月15日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県
職業 俳優
配偶者 あり(小林あや)

大鷹 明良(おおたか あきら、1957年11月15日 - )は、愛知県出身の俳優。血液型はA型。身長165cm、体重54kg。アルファエージェンシー所属。小松杏里の結成した演劇舎螳螂を経て、舞台を中心に活動している。妻は元・流山児★事務所の女優の小林あや。元妻は前川麻子明治大学文学部中退[1]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 3.14SOUL〜ハードボイルドは二度死ぬ!(1986年、流山児★事務所 作:桑名名子 演出:流山児祥
  • ラスト・アジア(1986年、流山児★事務所 作:川村毅 演出:佐藤信
  • 銀幕迷宮(1987年、演劇舎螳螂 作・演出:小松杏里)
  • 螳螂版★森は生きている(1988年、演劇舎螳螂 作・演出:小松杏里)
  • 流山児マクベス(1992年、流山児★事務所 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:流山児祥)
  • おんなごろしあぶらの地獄(1992年、流山児★事務所 作:前川麻子 演出:流山児祥)
  • ピカレスク・イアーゴ(1992年、流山児★事務所 作:中島丈博 演出:流山児祥)
  • 荷風のオペラ(1992年、黒テント 作・演出:佐藤信)
  • 改訂決定版tatsuya(1992年、流山児★事務所 作:鐘下辰男 演出:流山児祥)
  • 愛の乞食(1997年、流山児★事務所 作:唐十郎 演出:山崎哲
  • 龍を撫でた男(1999年、演劇企画集団THE・ガジラ 作:福田恆存 演出:鐘下辰男)
  • みどりの星のおちる先(1997年、流山児★事務所 作:鈴江俊郎 演出:流山児祥)
  • tatsuya 〜最愛なる者の側へ(1999年、演劇企画集団THE・ガジラ 作・演出:鐘下辰男)
  • ロベルト・ズッコ(2000年、世田谷パブリックシアター 作:ベルナール=マリ・コルテス 演出:佐藤信)
  • レプリカ(2000年、演劇企画集団THE・ガジラ 作・演出:鐘下辰男)
  • マクベス(2000年、新国立劇場 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:鐘下辰男)
  • 荻家の三姉妹(2000年、二兎社 作・演出:永井愛
  • 或る憂鬱(2001年、演劇企画集団THE・ガジラ 作・演出:鐘下辰男)
  • ミレナ(2002年、世田谷パブリックシアター 作:斎藤憐 演出:佐藤信)
  • ルート64(2002年、演劇企画集団THE・ガジラ 作・演出:鐘下辰男)
  • 浮標(2003年、新国立劇場 作:三好十郎 演出:栗山民也
  • 兄おとうと(2003年、こまつ座 作:井上ひさし 演出:鵜山仁
  • アンコントロール(2003年、演劇企画集団THE・ガジラ 作・演出:鐘下辰男)
  • KASANE(2004年、演劇企画集団THE・ガジラ 作・演出:鐘下辰男)
  • ヴァローニュの夜−ドン・ジュアンと7人の女たち−(2004年、シアター21 作:エリック=エマニュエル・シュミット 演出:鵜山仁)
  • リア王の悲劇(2004年、世田谷パブリックシアター 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:佐藤信)
  • 韓国現代戯曲ドラマリーディングvol.2『豚とオートバイ』(2005年、日韓演劇交流センター 作:イ・マニ  演出:鐘下辰男)
  • 箱根強羅ホテル(2005年、新国立劇場 作:井上ひさし 演出:栗山民也)
  • ウィンズロウ・ボーイ(2005年、自転車キンクリートSTORE 作:テレンス・ラティガン 演出:坂手洋二
  • ソウル市民(2005年、世田谷パブリックシアター 作:平田オリザ 演出:フレデリック・フィスバック)
  • 第32進海丸(2006年、フジテレビ 作:蓬莱竜太 演出:鈴木裕美
  • 奇跡の人(2006年、ホリプロ 作:ウィリアム・ギブスン 演出:鈴木裕美)
  • 私はだれでしょう(2007年、こまつ座 作:井上ひさし 演出:栗山民也)
  • 氷屋来たる(2007年、新国立劇場 作:ユージン・オニール 演出:栗山民也)
  • 南瓜(2007年、hataBow企画 作:松田清志 演出:川畑秀樹)
  • どん底(2008年、Bunkamura 作:マクシム・ゴーリキー 上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  • ローゼ・ベルント(2008年、燐光群 作:ゲアハルト・ハウプトマン 上演台本・演出:坂手洋二)
  • 山の巨人たち(2008年、新国立劇場 作:ルイジ・ピランデルロ 演出:ジョルジュ・ラヴォーダン)
  • 三文オペラ(2009年、Bunkamura 作:ベルトルト・ブレヒト 演出:宮本亜門
  • 炎の人(2009年、こまつ座 作:三好十郎 演出:栗山民也)
  • 東京月光魔曲(2009年、Bunkamura 作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
  • 夢の裂け目(2010年、新国立劇場 作:井上ひさし 演出:栗山民也)
  • 黙阿彌オペラ(2010年、こまつ座/ホリプロ 作:井上ひさし 演出:栗山民也)
  • りんご 木村秋則物語(2010年、ニッポン放送/シーエイティプロデュース 作:藤井清美 演出:栗山民也)
  • その族の名は「家族」(2011年、こどもの城 青山円形劇場ネルケプランニング 作・演出:岩井秀人
  • いのちを詠う ―日本の現代詩から―(2011年、世田谷パブリックシアター 構成:林浩平 演出:森新太郎
  • グレンギャリー・グレン・ロス(2011年、天王洲銀河劇場 作:デヴィッド・マメット 演出:青山真治
  • 太陽に灼かれて(2011年、ホリプロ 脚本:ピーター・フラナリー 演出:栗山民也)
  • 藪原検校(2012年、こまつ座/世田谷パブリックシアター 作:井上ひさし 演出:栗山民也)
  • 私の村から戦争が始まる(2012年、非戦を選ぶ演劇人の会 作:清水弥生、瀬戸山美咲、坂手洋二 演出:鵜山仁)
  • 祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜(2012年、Bunkamura/キューブ 作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)
  • リクゼンタカタ 第二夜リーディングの日「朗読で考える」(2012年、陸前高田で色んな公演をしよう会)
  • ハムレット(2013年、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:多田淳之介
  • あかいくらやみ〜天狗党幻譚〜(2013年、Bunkamura/阿佐ヶ谷スパイダース 作・演出:長塚圭史
  • エドワード二世(2013年、新国立劇場 作:クリストファー・マーロウ 演出:森新太郎)

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.534
  2. ^ 東京ノワール キャスト”. 映画.com. 2018年7月3日閲覧。
  3. ^ 東京ノワール キャスト”. KINENOTE. 2018年7月3日閲覧。