大麻 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大麻(おおあさ)は北海道江別市地名で、同市を構成する地区のひとつである。

概要[編集]

大麻中央公園の池。農村地帯だったころの溜め池の名残
大麻東町公園のケヤキ

石狩川豊平川野津幌川厚別川が形成した低湿地を北側に臨む小高い丘陵地帯。江別市中心部と札幌市のちょうど中間点に位置する。すでに縄文時代から人の生活の痕跡が見られ、地区内を流れる小河川の流域にはこの時代の遺跡が存在する。しかし明治時代に北海道の開拓が本格化するまでは、長らく原生林のままだった。その後、入植した農民によって森林は順次開拓されて畑作地帯となり、さらに札幌駅まで函館本線の電車で20分という地の利を生かし、道営大麻団地が建設された1964年前後からはベッドタウンとして大規模に開発され、札幌市など道内各地から転入者が急増し、太陽族世代~団塊の世代による、典型的なニュータウンが成立した。しかし早期に町の機能が整備完了された事もあって1975年頃には既に膠着状態となり、以後は次第に近隣や札幌市などへの転居、そして21世紀となった今日では住民の高齢化もあいまって地域の衰微が激しい。

地名の由来は、国道12号の前身にあたる旧江別街道が大きく曲がっていた3番通(大麻東雁来線)の江別大麻西郵便局付近の旧地名「大曲」、かつて亜麻が栽培されていた大麻元町付近の旧地名「麻畑」(「麻地」という説もあり[1])。これらふたつのから一文字ずつ引用し、昭和11年に「大麻」の地名が成立したといわれている。

町名[編集]

大麻には以下の町名がある。

  • 大麻
  • 大麻北町
  • 大麻栄町
  • 大麻晴美町
  • 大麻新町
  • 大麻南樹町
  • 大麻泉町
  • 大麻元町
  • 大麻園町
  • 大麻東町
  • 大麻高町
  • 大麻宮町
  • 大麻中町
  • 大麻沢町
  • 大麻扇町
  • 大麻西町
  • 大麻ひかり町
  • 大麻桜木町

また、函館本線以南の地区を文京台というが、それらも大まかな分類では大麻地区に入る。

  • 文京台
  • 文京台東町
  • 文京台南町
  • 文京台緑町

主な施設[編集]

大麻出張所
大麻体育館
えぽあホール

公共施設[編集]

  • 江別市役所大麻出張所
  • 地区センター(大麻西、大麻東、文京台)
  • 江別市民体育館大麻体育館
  • えぽあホール
    • 大麻公民館
    • 江別市情報図書館大麻分館
  • 江別市大麻老人憩の家
  • いきいきセンターさわまち
  • 江別市消防署大麻出張所
    • 江別市消防団大麻分団
  • 石狩森林管理署野幌森林事務所
  • 北海道立図書館(北方資料室にアイヌ語学者知里真志保などの未公刊資料多数)

学校[編集]

大麻・文京台は大学などの文教施設が複数あり、住民には学生も多いため、規模こそ小さいものの学生街を形成している。

子ども子育て[編集]

認定こども園あけぼの(幼稚園、保育園、学童保育、未就園児クラス、森の幼稚園、子育て支援)

研究・研修施設[編集]

  • JAカレッジ(財団法人北海道農業協同組合学校)
  • 独立行政法人森林総合研究所林木育種センター北海道育種場
  • 北海道自治政策研修センター
  • 北海道立教育研究所
    • 附属情報処理教育センター
  • 北海道立食品加工研究センター

商業施設[編集]

住宅団地[編集]

  • 大麻団地 - 江別市, 新住宅市街地開発法に基づく。1964年(昭和39年)
  • 旧公団 大麻園町団地
  • 旧公団 大麻宮町団地
  • 旧公団 大麻中町団地

交通機関[編集]

金融機関[編集]

かつて存在した施設等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]