天一坊改行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天一坊 改行(てんいちぼう かいぎょう、元禄12年6月7日1699年7月3日) - 享保14年4月21日1729年5月18日))は、江戸時代中期の山伏源氏坊 天一(げんじぼう てんいち)とも。将軍徳川吉宗御落胤を称したが虚偽が発覚し処刑された。

来歴[編集]

元禄12年(1699年)、誕生。紀州田辺の生まれで、幼名は半之助というが真偽のほどは定かではない。母は「よし」といい、和歌山城に奉公に上がり、紀州藩主時代の吉宗の手がついて里へ帰され、産まれたのが改行だという。

14歳のときに母が死んだのを機に出家して山伏となり、改行と名乗った。この頃から自分は御落胤だと言いふらしていたという。

享保13年(1728年)、南品川宿で改行は近々大名に取立てになると称して浪人を集めた。不審に思った関東郡代が取り調べ、享保14年(1729年)に捕らえられる。勘定奉行稲生下野守の裁きを受けて死罪となり、鈴ヶ森刑場獄門となった。

天一坊が登場する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]