天人峡温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 天人峡温泉
Tenninkyo onsengai.JPG
忠別川沿いに並ぶ天人峡温泉街
温泉情報
所在地 北海道上川郡東川町
交通 車で旭川市から1時間
泉質 硫酸塩泉
泉温(摂氏 47 - 50 ℃
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 2
外部リンク 天人峡 - ようこそ東川(一般社団法人ひがしかわ観光協会)
テンプレートを表示
天人峡温泉の露天風呂

天人峡温泉(てんにんきょうおんせん)は、北海道上川郡東川町忠別川沿いにある温泉大雪山国立公園内にあり柱状節理の深い渓谷の底に位置する。旭川市奥座敷で、大雪山の登山拠点のひとつにもなっている。

泉質[編集]

  • ナトリウム・カルシウム・マグネシウム - 硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)(旧泉質名:含土類・食塩 - 硝芒塩)など

温泉街[編集]

大雪山の西麓、天人峡地区に「天人閣」、「御やどしきしま荘」2軒の旅館、ホテルが存在し、それぞれ日帰り入浴も扱っている。以前は 、「天人峡温泉グランドホテル」(2011年閉館)、「天人峡温泉パークホテル」(2014年1月閉館)も存在した。

温泉街の近くには、日本の滝百選にも選ばれた落差270mの羽衣の滝が存在する。羽衣の滝の先には「東洋のナイアガラ」と称される幅広な敷島の滝が存在する。温泉街からは散策路が整備されている。沢登りをする人に有名な、「日本で最も美しい沢」とよばれるクヮウンナイ川(美瑛町内に属している)は温泉街のすぐ近くにある。

忠別川は美瑛町と東川町との境界となっており、川の北側は東川町、南側は美瑛町となっている。

歴史[編集]

  • 1897年(明治30年)、旭川で旅館経営をしていた松山多米蔵がアイヌの案内で、温泉の湧出と滝を「発見」した。
  • 1900年(明治33年)、温泉旅館を建て、松山温泉[1]として開湯。(現在の天人閣)
  • 1934年(昭和9年)、一帯は大雪山国立公園の指定を受けた。
  • 1937年(昭和12年)、温泉地名を松山温泉から天人峡温泉として統一した。
  • 1938年(昭和13年)、自動車道路開通、旭川から天人峡温泉までの直通バスが運行を開始した。
  • 2010年(平成22年)8月24日、温泉地への道道が180mにわたって崩落し孤立、宿泊施設4か所で宿泊客と従業員324人が取り残され、ヘリコプターで救出された[2][3]
  • 2011年(平成23年)、旭川電気軌道バス「いで湯号」の天人峡温泉立寄り廃止[4][5]

アクセス[編集]

旭川市から車で約1時間。旭川空港から45分。

路線バスは以前は旭川電気軌道バス「いで湯号」が旭川駅から天人峡温泉に寄った後に旭岳温泉まで運行されていたが、2011年に路線が旭川空港経由となった代わりに天人峡温泉には立ち寄らなくなった[4][5]。そのため、温泉に宿泊しない場合は自家用車やタクシーなどで行くか、「いで湯号」の「国立公園入口」バス停から7キロを歩くしかなくなった。なお、天人峡温泉の宿に宿泊する場合は、宿の無料送迎バスが利用できる。

脚注[編集]

  1. ^ 松山温泉の郵便番号 日本郵便 郵便番号検索 2019年1月13日閲覧 - 現在も「東川町松山温泉」という地名は存在する。
  2. ^ “東川・天人峡 大雨被害で316人なお足止め ヘリで8人搬送”. 北海道新聞. (2010年8月25日). オリジナル2010年8月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100826091224/http://www.hokkaido-np.co.jp:80/news/donai/247822.html 2012年1月12日閲覧。 
  3. ^ “孤立宿泊客らの救出終了 天人峡温泉”. 北海道新聞. (2010年8月25日). オリジナル2010年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100827014732/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/247930.html 2012年1月12日閲覧。 
  4. ^ a b 直接空港から旭岳へ!! 7月15日(金)より、いで湯号(66番線)の運行経路が変更になります。”. 旭川電気軌道. 2011年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月31日閲覧。
  5. ^ a b 「いで湯号」の運行について”. 旭川電気軌道 (2011年6月15日). 2011年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月31日閲覧。
  • 天人峡 - ようこそ東川(一般社団法人ひがしかわ観光協会)

座標: 北緯43度37分17.5秒 東経142度46分50秒 / 北緯43.621528度 東経142.78056度 / 43.621528; 142.78056