天使が消えた街 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
天使が消えた街
The Face of an Angel
監督 マイケル・ウィンターボトム
脚本 ポール・フィラガー
原作 バービー・ラッツァ・ナドー
製作 メリッサ・パーメンター
製作総指揮 クリスティーン・ランガン
エド・ウェザレッド
エリック・アニジャール
レオン・ベナロッチ
ロベルト・ミトラーニ
ノーマン・メリー
アンソニー・ジャブレ
レザ・サフィニア
スザナ・ホーニル
出演者 ダニエル・ブリュール
ケイト・ベッキンセイル
カーラ・デルヴィーニュ
音楽 ハリー・エスコット
撮影 ヒューバート・タクザノウスキー
編集 マーク・リチャードソン
製作会社 BBCフィルムズ
配給 日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 イギリスの旗 2015年3月27日
日本の旗 2015年9月5日
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
言語 英語
製作費 $26,000,000[1]
テンプレートを表示

天使が消えた街』(てんしがきえたまち、原題:The Face of an Angel)は、2014年制作のイギリスイタリアスペインの映画

2007年イタリアペルージャで起きたペルージャ英国人留学生殺害事件をモチーフにしたミステリ映画[2][3][4]マイケル・ウィンターボトム監督。

あらすじ[編集]

2011年イタリアトスカーナ州シエーナ。この町で4年前に世間を騒がせた殺人事件が起きた。イギリス人留学生エリザベスが殺害され、ルームメイトのアメリカ人留学生ジェシカ・フラーとその恋人ら3人が逮捕され、一審で有罪判決を受けた。そして今、ジェシカの控訴審が始まろうとしていた。

そんな中、ロンドン在住の映画監督トーマス・ラングがシエーナにやって来た。彼は事件の映画化をオファーされ、そのリサーチのために来たのだった。トーマスは、アメリカ人女性ジャーナリストのシモーン・フォードの協力で映画化に向けたリサーチを進める。

だがやがて、トーマスはジェシカのセクシーな容姿や奔放な振る舞いをスキャンダラスに報道するメディアの姿勢と、センセーショナルな犯罪スリラーを作りたがるプロダクションの意向に疑問を持つようになる。そして、輝かしい未来を絶たれた被害者エリザベスとその遺族の立場に寄り添った作品を作ることを決意するのだった。

キャスト[編集]

脚注[編集]