天使の恍惚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天使の恍惚
Ecstasy of the Angels
監督 若松孝二
脚本 出口出
製作 若松孝二
葛井欣士郎
出演者 吉沢健
音楽 山下洋輔トリオ
撮影 伊東英男
編集 出口出
配給 日本の旗 ATG
公開 日本の旗 1972年3月11日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

天使の恍惚』(てんしのこうこつ)は、1972年昭和47年)に公開された日本の映画である。監督は若松孝二

概要[編集]

同作のタイトルは、脚本の第一稿では『天使はケチである』、第二稿および決定稿の段階でも『天使の爆殺』であった。

「金曜日」役の当初のキャスティングは歌手の安田南であったが、撮影途中で安田が突然失踪したため急遽代役に横山リエが立てられた[1]。同作のサウンドトラックに収録されている「ウミツバメ Ver.2」は、クレジットでは横山の歌唱とされているが、演奏の山下洋輔は安田の歌声であると証言している[2]

スタッフ[編集]

作品データ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジャズ批評[2013], p.23.
  2. ^ ジャズ批評[2013], p.63.

参考文献[編集]

  • 『ジャズ批評』通巻第174号、松坂、2013年7月発売