天使のU・B・U・G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天使のU・B・U・G
ジャンル バラエティ番組
演出 片岡飛鳥
佐久間茂
出演者 今田耕司
東野幸治
木村祐一
蔵野孝洋
山崎邦正
ほか
製作
プロデューサー 齋藤秋水
放送分 60分
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年10月13日 - 1995年3月16日
放送時間 木曜 25:15 - 26:15
放送枠 JOCX-TV2
回数 19


天使のU・B・U・G』(てんしのうぶげ)は、一部フジテレビ系列局で放送されたフジテレビ製作のバラエティ番組。製作局のフジテレビでは1994年10月13日から1995年3月16日まで、毎週木曜 25:15 - 26:15 (金曜 1:15 - 2:15)に放送。

概要[編集]

今田耕司東野幸治が司会を務めた深夜番組で、一般的な知名度が低い、一部マニアを除いては全く売れていない女性アイドルたち(今田たち曰く「C級アイドル」たち)が様々なゲーム企画などに挑戦した。当初は今田と東野を中心とするトークが多かったが、徐々にアイドルの実情や自分たちの売り込みをネタにしたバラエティへと変わっていった。

この番組はフジテレビのほか、北海道文化放送(水曜 24:30 - 25:30)やテレビ新広島でも遅れネットで放送されていた。

当時入社したばかりの新人だった富永美樹アナの初レギュラー番組でもあった。

この番組からは遠峯ありさ(後の華原朋美)や矢部美穂などが後に売れることとなった。

主な出演者[編集]

司会進行[編集]

レギュラー・セミレギュラー出演者[編集]

お目付け役[編集]

出演したアイドル(50音順)[編集]

  • 稲葉貴子(いなば あつこ)(大阪パフォーマンスドール。後の太陽とシスコムーンメンバー)
  • 井上麻美(いのうえ まみ)
  • 上田美穂(うえだ みほ)(大阪パフォーマンスドール)
  • 大石円(おおいし まどか)
  • 桂木亜沙美(かつらぎ あさみ)
  • 稀崎優(きざき ゆう)(ENDOLL)
  • 木内あきら(きのうち あきら)
  • 斉藤志乃(さいとう しの)(1994年12月30日からレギュラー入り)
  • 坂木優子(さかき ゆうこ)
  • 笹峰愛(ささみね あい)
  • 白鳥智恵子(しらとり ちえこ)
  • 平沙織(たいら さおり)
  • 武内由紀子(たけうち ゆきこ)(大阪パフォーマンスドール。後のWEST END × YUKIのYUKI)
  • 遠峯ありさ(とおみね ありさ)(現 華原朋美
  • 中野和美(なかの かずみ)(ENDOLL)
  • 中野公美子(なかの くみこ)(大阪パフォーマンスドール)
  • 古谷文乃(ふるたに あやの)(大阪パフォーマンスドール)
  • 宝生舞(ほうしょう まい)(1994年12月30日まで)
  • 堀江奈々(ほりえ なな)
  • 堀川ミミ(ほりかわ みみ)(ENDOLL)
  • マユリ(ピンクサターン
  • 水野あおい(みずの あおい)
  • 宮内知美(みやうち ともみ)
  • 最上文(もがみ あや)(ENDOLL)
  • 百々瀬久美(ももせ くみ)(別名:一ノ瀬もも。1994年12月30日からレギュラー入り)
  • 矢部美穂(やべ みほ)
  • 山口リエ(1994年12月30日まで)
  • 優加しおり(ゆか しおり)(1994年12月30日からレギュラー入り)
  • ヨーコ(ピンクサターン)
  • リエ(ピンクサターン)

日直MCアイドル[編集]

放送回 放送日 放送時間 日直MCアイドル
第 1回 1994年10月13日 25:45-26:45 初回の放送のためなし
第 2回 1994年10月20日 25:15-26:15 宝生舞
第 3回 1994年10月27日 25:15-26:15 ピンクサターン・リエ
第 4回 1994年11月 3日 25:15-26:15 水野あおい
第 5回 1994年11月10日 25:15-26:15 坂木優子
第 6回 1994年11月17日 25:15-26:15 堀江奈々
第 7回 1994年11月24日 25:15-26:15 大石円
第 8回 1994年12月 1日 25:15-26:15 矢部美穂
第 9回 1994年12月15日 25:15-26:15 笹峰愛
第10回 1994年12月22日 26:00-27:00 温泉で忘年会のためなし
第11回 1994年12月30日[1] 24:35-26:05 対決スペシャルのためなし
第12回 1995年 1月26日 25:15-26:15 ENDOLL・中野和美
第13回 1995年 2月 2日 25:15-26:15 笹峰愛(2回目)
第14回 1995年 2月 9日 25:15-26:15 OPD・武内由紀子
第15回 1995年 2月16日 25:15-26:15 矢部美穂(2回目)
第16回 1995年 2月23日 25:15-26:15 遠峯ありさ
第17回 1995年 3月 2日 25:15-26:15 桂木亜沙美
第18回 1995年 3月 9日 25:15-26:15 総集編のためなし
第19回 1995年 3月16日 25:15-26:15 最終回のためなし

ナレーション[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:齋藤秋水/岡本昭彦(吉本興業)
  • 構成:清水東内村宏幸、小川浩之、小原信治川野孝弘、鈴木淳、野呂エイシロウ/かわら長介遠藤察男
  • SW:高田治、島本健司
  • カメラ:河西純
  • VE:北井勇作、田畑司、西脇貴美孝
  • 音声:石井俊二
  • PA:松本政利、田中文雄、森田篤
  • 照明:渡辺啓史
  • VTR編集:中根敏晶(パッチワーク
  • 音響効果:川端智之・坂本洋子(4-Legs
  • MA:郡司佐茂亜(4-Legs)
  • TK:山口美香
  • 美術制作:石鍋伸一朗
  • デザイン:小池秀樹、石森慎司
  • 美術進行:村上勇人、田尻章
  • 大道具:松本達也
  • 装飾:蓮井祥秀
  • 持道具:網野高久
  • 衣裳:橋本幸治
  • メイク:下青木裕子
  • 電飾:林将大
  • アクリル装飾:長岡隆悦
  • 生花装飾:吉田優子
  • タイトル:岩崎光明
  • スタイリスト:insi-De
  • 車輌:上田謙次
  • AD:兼則英司、戸渡和孝、高木剛、遠藤陽子、的場淳司
  • ディレクター:佐久間茂、北村要、吉田一浩
  • プロデューサー:大前一彦
  • 制作:井上信悟
  • 技術協力:ニユーテレス
  • ロケ技術:VIC
  • 制作協力:吉本興業
  • 制作:フジテレビ第二制作部
  • 制作著作:フジテレビ

『今田東野ナイナイの芸能界ダメならぬがねば!!』[編集]

今田東野ナイナイの芸能界ダメならぬがねば!!』(いまだひがしのナイナイのげいのうかいダメならぬがねば)は、『天使のU・B・U・G』の放送開始に先だって1994年10月1日フジテレビで放送された特別番組。今田耕司・東野幸治がメイン司会を務め、お目付け役として秋野暢子、アシスタントとしてナインティナイン、さらにアイドル50人が出演した。エンディングでは『天使のU・B・U・G』の告知が行われるとともに、ザ・ポチの解散が発表された。

コーナー[編集]

  • ダメならぬがねば アイドル50人襲撃キャンペーン(東京スポーツ襲撃)
  • 現役アイドルがここまで漏らす 50人究極アンケート
  • 来年ガンバレ アイドルの力で地味な試合を盛り上げよう!!
  • 今田東野仲本 トリプルコウジの体操教室(ゲスト:仲本工事
  • あのアイドルは今!? 芸能界ダメならぬがねばトーク!!(ゲスト:横須賀昌美大沢逸美藍田美豊

出演した50人のアイドル[編集]

OPDザ・ポチピンクサターン、MASK、みるく(染谷由紀子(現・そめやゆきこ)・星野貴代子堀口綾子)、藍田真潮、安妙子、一宮里絵伊藤理恵井上麻美今村理恵、卯月愛里、大石円、奥山玲奈、菅野美穂木内あきら、西城まり子、坂木優子笹峰愛、沢地かな、白鳥智恵子、鈴木ゆみ子、関根さち子、谷口あゆみ、遠峯ありさ(現・華原朋美)、新島弥生、花塚いづみ、日々野みか、藤田あおい、宝生舞堀江奈々、本間志保、水野あおい村田和美桃田佳世子矢部美穂山口リエ

脚注[編集]

  1. ^ この日のみ金曜日深夜放送。『読売新聞縮刷版』1994年12月30日朝刊第20面テレビ番組表。

関連項目[編集]