天保義夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天保 義夫
Yoshio Tempo 1950 Scan10005.jpg
1950年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県門司市(現:北九州市門司区
生年月日 (1924-04-25) 1924年4月25日
没年月日 (1999-12-30) 1999年12月30日(満75歳没)
身長
体重
170 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1942年
初出場 1942年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1956 - 1986)

天保 義夫(てんぽ よしお、1924年4月25日 - 1999年12月30日)は、福岡県出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

豊国商業から1942年阪急へ入団。1943年5月2日の対南海戦でノーヒットノーランを記録。戦時中の工場での勤労奉仕で右手中指の先端を欠損し、球界復帰は絶望と思われたが、海外の情報が乏しい中でナックルボールの習得を決意し、皮膚を縫い合わせた中指からの出血で、球を当て続けた自宅の布団が赤く染まるほどに練習し、ナックルボールとともに球界復帰を果たす。1946年から5年連続2桁勝利。1949年には24勝を挙げたが、このうち7勝を巨人から挙げ、巨人キラーとして名を馳せた[1]

ナックルボールが武器だったため「忍者投法」といわれ、技巧派の印象があるが、小柄ながら後の野茂英雄を思わせるダイナミックな投球フォームも特徴だった。

1957年を最後に引退。その後、1986年まで阪急のコーチを務めた。

永井正義著の「人物阪急球団史」では「阪急の球団史を語る上において、最も阪急を愛し、最も阪急のために尽くし、最もその功績を讃えられるべき人」と書かれている。

コーチ時代指導した山口高志に「コーチになったら下痢してでも痩せろ」、「練習中は絶対に座るな」と助言し山口は関西大学で指導する今でも練習中は絶対に座るなは実践しているという[2]。。

1999年12月30日に肺気腫のため死去[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1942 阪急 30 21 7 1 0 8 7 -- -- .533 658 159.2 122 0 82 -- 1 47 2 0 44 30 1.69 1.28
1943 34 25 18 4 1 11 16 -- -- .407 934 223.2 168 2 108 -- 1 72 4 0 71 50 2.01 1.23
1944 11 8 5 3 0 5 4 -- -- .556 297 72.1 54 1 40 -- 0 19 0 0 22 18 2.22 1.30
1946 38 26 12 1 1 11 12 -- -- .478 864 198.1 206 3 73 -- 1 62 1 0 110 70 3.17 1.41
1947 39 26 11 2 1 10 18 -- -- .357 1033 250.0 243 13 72 -- 1 66 1 1 102 83 2.99 1.26
1948 52 45 22 5 3 19 22 -- -- .463 1432 348.0 321 14 106 -- 1 130 3 0 129 90 2.33 1.23
1949 52 39 21 7 3 24 15 -- -- .615 1442 350.0 327 24 90 -- 5 108 7 0 141 113 2.91 1.19
1950 57 37 21 0 3 18 24 -- -- .429 1380 328.0 322 20 102 -- 0 141 6 0 164 134 3.68 1.29
1951 29 17 9 1 4 9 10 -- -- .474 665 157.1 156 9 48 -- 1 44 1 1 67 51 2.91 1.30
1952 23 13 7 0 1 4 12 -- -- .250 454 106.1 112 6 28 -- 3 30 1 0 57 45 3.81 1.32
1953 37 17 10 2 2 11 8 -- -- .579 698 177.0 154 6 35 -- 4 50 2 0 57 43 2.19 1.07
1954 17 6 0 0 0 0 3 -- -- .000 221 50.2 54 1 20 -- 0 14 2 0 32 25 4.44 1.46
1955 9 3 0 0 0 1 1 -- -- .500 101 25.0 21 1 9 0 1 11 0 0 8 5 1.80 1.20
1957 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 26 6.0 5 3 2 0 0 1 0 0 6 2 3.00 1.17
通算:14年 431 283 143 26 19 131 152 -- -- .463 10205 2452.1 2265 103 815 0 19 795 30 2 1010 759 2.78 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • ノーヒットノーラン:1回(1943年5月2日、対南海戦、阪神甲子園球場) ※史上10人目
  • シーズン134自責点(1950年、パ・リーグ記録)

背番号[編集]

  • 22 (1942年 - 1943年)
  • 19 (1946年 - 1955年、1957年 - 1958年)
  • 70 (1956年)
  • 61 (1959年 - 1986年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『朝日新聞』1999年12月31日付朝刊 (14版、31面)
  2. ^ スポーツニッポン、山口高志の我が道、2017年4月25日

関連項目[編集]