天国への門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ハンス・メムリンク「聖ペテロとともに天国への門での神の祝福を受ける人々」

天国への門(てんごくへのもん)とは、いくつかのキリスト教諸教派による天国に至る門を指す非公式な呼称である。ヨハネの黙示録21:21の中の新しいエルサレムの以下の記述から着想されたものである。

「十二の門は十二の真珠であって、どの門もそれぞれ一個の真珠でできていた。都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。」

ヨハネの黙示録21:21、文語訳聖書

大衆文化における天国への門のイメージは、雲の中にあり、「天の国の鍵」(Keys of the kingdom)の番人であるペテロによって守られている、白若しくは錬鉄の門である。天国行きにそぐわない者は門で入場を拒否され、地獄に落ちる。いくつかのイメージの派生では、門を開く前に、ペテロが死者の名前を調べるという[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Ferguson, Everett (1996). The Church of Christ: A Biblical Ecclesiology for Today. Wm. B. Eerdmans Publishing. p. 53. ISBN 9780802841896. http://books.google.com/books?id=kVqRaiPlx88C&pg=PA53#v=onepage&q=%22doorkeeper%20of%20heaven%22&f=false. "The passage moves from a building, to gates, to keys. A popular image has Peter as the doorkeeper of heaven, deciding admission through the pearly gates to each person at death. This understanding of Peter goes back to an early medieval interpretation that identified Peter with a figure in Germanic mythology who was the porter of heaven." 

関連項目[編集]