天地日報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天地日報
各種表記
ハングル 천지일보
漢字 天地日報
発音 チョンジ イルボ
日本語読み: てんちにっぽう
英語表記: Cheonji ilbo
テンプレートを表示

天地日報(てんちにっぽう、천지일보)は、大韓民国日刊全国紙2009年9月1日創刊。すべての分野を網羅しているが、特に文化宗教に力を入れている。論調は中道改革を標榜しており、インターネット新聞「ニュース天地」を運営している[1]。天地日報は韓国言論振興財団に日刊紙として登載されている[2]。韓国ABC協会によると、2010年の定期購読者数は、7399人[3]

宗教団体「新天地」との関連が指摘されている(後述)。

標語[編集]

天地日報は、以下の標語を掲げている[4]

  • 意識を覚醒させる政論紙
  • 和合と共存の礎
  • 創造的グリーンメディア
  • 文化強国指向

「新天地」との関係[編集]

天地日報の出版業者が新興宗教新天地イエス教証しの幕屋聖殿(新天地)」の信徒であるため、新天地の機関紙ではないかと指摘されている[5]。天地日報が「独島(竹島の韓国名)愛国コンサート」を主催した際に、この問題が表面化し天地日報側が問題を提起した団体を提訴した。しかし、裁判所は、「天地日報が新天地の機関紙であると信ずるにつき、相当の理由がある。」という判決を下した。「原告の出版業者が新天地であることや、新天地関連の記事が多く掲載されていたこと、新天地脱退の経験談などが一致すること」などが判決の理由である[6]

しかし、天地日報側は、新聞社の出資者が新天地と関係のない個人で構成されているので、新天地の機関紙ではなく、宗教的なニュースに重点を置いており、新天地は宗教界において大きな位置を占めることから、宗教の記事の中で、新天地の割合が高いのは当然だと主張している。

脚注[編集]

関連項目[編集]