天地総子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あまち ふさこ
天地 総子
本名 岩澤 総子
生年月日 (1941-01-03) 1941年1月3日
没年月日 (2019-01-06) 2019年1月6日(78歳没)
出生地 日本の旗 東京府(現・東京都
死没地 日本の旗 茨城県古河市
血液型 A型[1]
ジャンル 歌手声優女優
活動期間 1960年代 - 2019年
配偶者 あり
主な作品
オバケのQ太郎
気になる嫁さん
お姉ちゃん
まんが道
テンプレートを表示

天地 総子(あまち ふさこ、本名・岩澤 総子、1941年1月3日[1] - 2019年1月6日[2])は、日本の歌手声優女優。プロダクションフーコ所属、代表。

来歴・人物[編集]

東京都出身。国立音楽大学付属高等学校卒業[1]。 父はピアニスト・ピアノ教師の天地真佐雄[1]

童謡や子供向けの歌から、大人向けの歌までレパートリーは広い。特にコマーシャルソングを数多く2000曲以上も歌っており[3]楠トシエスリー・グレイセスと共に「コマソンの女王」とも称される[1]

阪田寛夫作詞、服部公一作曲で1965年10月にレコードで発売された「マーチング・マーチ」が40万枚を売り上げ[4]、1965年の第7回日本レコード大賞童謡賞を受賞した[1]

2007年9月、これまでの歌の仕事をまとめた初のアルバム『天地総子大全~フーコのコマソン・パラダイス』が発売された。

私生活では、1974年に当時広告代理店に勤務していた3歳年下の夫と結婚、1女を儲けた。夫とは1981年に離婚するも1984年に復縁した[5]。晩年は板橋区に居住した。社会福祉活動を行い、地方公演も行っていた。

2019年1月6日、塞栓性脳梗塞のため、茨城県古河市の病院で死去[2]。78歳だった。

出演作品[編集]

※「 - 」は役名

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

教材[編集]

  • 学研 たのしいこども英語

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売年月日 A面 B面 レーベル 規格品番 備考
1962年 おもちゃのチャチャチャ
真理ヨシコ
パパは日曜コックさん 日本コロムビア BK-3031 うたのえほん』より
1964年9月20日[7] 星空は歌ってる 勇気を出して
鈴木やすし
日本コロムビア SAS-351[7]
1965年 ああ青春の鐘が鳴る 若い夜 日本コロムビア SAS-408 A面は水島正和と共唱
1965年3月20日[7] 黄昏どき -トワイライト・ラブ- ほしかったのは心だけ 日本コロムビア SAS-446[7]
1966年3月25日[7] ねむの木の子守歌 ボクはボクはにいちゃんだ 日本コロムビア SAS-692[7] A面は吉永小百合梓みちよと競作
1967年 怪獣王子の唄 怪獣音頭
(森朋子)
テイチク KT-12
1967年6月15日 ピッカリ・ビーのうた ピッカリ・ビーはいいな
(真理ヨシコ)
日本コロムビア SCS-32 かみなり坊やピッカリ・ビー』より
1968年 小さなアクセサリー パパ長生きしてねッ キング BS-770
1968年 進め!次郎丸 鬼夜叉のブルース キング BS-787 海の次郎丸』より
1968年6月1日 銀座ゴーゴー 光の街銀座 キング BS-835
1970年4月20日 チビラくん ゴルバのうた
熊倉一雄
キング ES(H)-1002 チビラくん』より
1970年5月1日 男と女のマーチ あなたのギター キング BS-1210
1970年7月20日 101匹わんちゃん大行進テーマ・ソング
キューティーQボーカル・ショップ
幸せを盗んだのはだれ キング ES(H)-1006 101匹わんちゃん大行進』より
1970年10月10日 しっぽはぐぐんと
大山のぶ代
アイアイ ミコちゃん
どこからぼくは
キング ES(H)-1008 のらくろ』より
1972年 お笑いオンステージの歌 減点パパの唄 東宝 AT-1093 お笑いオンステージ』より
1974年 ケンにいちゃん ねえ… アモン AMON-9 ケンにいちゃん』より
1985年4月1日[7] 大人になんかならないよ BELIEVE ME
(浜田良美)
日本コロムビア CK-744[7] オバケのQ太郎』より
1985年6月1日[7] Qちゃん音頭 Qちゃんえかきうた 日本コロムビア CK-750[7] 『オバケのQ太郎』より
1986年5月1日[7] ぼくはオバQノンキなオバケ あいうえオバQ 日本コロムビア CK-771[7] 『オバケのQ太郎』より

コンパクト盤[編集]

発売年月日 タイトル 曲名 レーベル 規格品番 備考
1965年10月20日[7] かもつれっしゃのうた[8](1曲目) マーチング・マーチ 日本コロムビア CPS-32[7] コロちゃんレコード(ステレオ)

アルバム[編集]

発売年月日 タイトル レーベル 規格品番 備考
1974年2月25日[7] 天地総子と東京ブギウギ 日本コロムビア ACE-7012[7]
2007年9月22日 天地総子大全〜フーコのコマソン・パラダイス ウルトラ・ヴァイヴ CDSOL-1187
2010年4月21日 天地総子と東京ブギウギ+8〜天地総子コロムビア・イヤーズ〜 日本コロムビア COCP-36121

コンピレーション[編集]

発売年月日 曲名 収録アルバム レーベル 規格品番 備考
1963年3月 アイスクリームの歌 NHKみんなのうた 第2集 ビクター LB-38 みんなのうた』より
1968年5月 NHKみんなのうた Vol.4 キング KR-1037 『みんなのうた』より
1968年5月 すてきな夜 NHKみんなのうた Vol.4 キング KR-1037 『みんなのうた』より
1968年5月 猫ふんじゃった NHKみんなのうた Vol.4 キング KR-1037 『みんなのうた』より
1968年5月 コックのポルカ NHKみんなのうた Vol.4 キング KR-1037 『みんなのうた』より
1969年8月 なにかいいことあるらしい NHKみんなのうた Vol.5 キング KR-1053 『みんなのうた』より
1976年 傷だらけのぼく およげ!たいやきくん キャニオン E-1025 ひらけ!ポンキッキ』より
1987年9月21日 ふたりは80才 NHKみんなのうた ベスト・アルバム 日本コロムビア 30CC-1818 『みんなのうた』より
下條アトムとのデュエット

コマーシャルソング[編集]

CMソングの多くは、CD『天地総子大全~フーコのコマソン・パラダイス』、『懐かしのせんだいCM大百科』(2007年11月23日発売、エイエイピー東北支店。書籍流通。ISBN 978-4-9903860-0-9。天地総子は7曲収録)に収められており、聴くことができる。

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』日外アソシエーツ、2004年6月、49頁。ISBN 978-4-8169-1852-0。
  2. ^ a b 「CMソングの女王」天地総子さんが死去、78歳”. 日刊スポーツ (2019年1月12日). 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ CMソングの女王 天地総子さん死去”. 産経ニュース (2017年1月12日). 2019年12月17日閲覧。
  4. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、116頁。ISBN 978-4-907583-45-3
  5. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2019年1月13日15面
  6. ^ 毎日新聞夕刊 1975年4月5日の新番組広告より
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『天地総子と東京ブギウギ+8〜天地総子コロムビア・イヤーズ〜』付属ブックレットの記述より
  8. ^ かもつれっしゃのうた (コロムビア)、国立国会図書館サーチ。2019年3月4日閲覧。
  9. ^ Benyshop、八木山ベニーランド - 2019年2月24日閲覧。

関連人物[編集]