天塩川温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 天塩川温泉
Teshiogawa spa roten.JPG
天塩川を望む露天風呂
温泉情報
所在地 北海道中川郡音威子府村咲来
交通 JR北海道宗谷本線天塩川温泉駅下車後、徒歩約10分
泉質 ナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉
泉温(摂氏 8.9 ℃
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 1
外部リンク 天塩川温泉
テンプレートを表示
住民保養センター 天塩川温泉

天塩川温泉(てしおがわおんせん)は、北海道中川郡音威子府村咲来にある温泉

泉質[編集]

温泉地[編集]

天塩川沿いの公園、リバーサイドパークの敷地内に宿泊施設と日帰り入浴施設を兼ねた「住民保養センター 天塩川温泉」が存在する。

男女別の内湯と、天塩川を望む露天風呂がある。加温濾過循環方式。  

歴史[編集]

大正時代後半から昭和初期にかけて、常盤鉱泉の名称で温泉が開かれた。当初は飲泉による治療を目的とした温泉であった。

「住民保養センター 天塩川温泉」は1989年に開業した。当初は音威子府村営であったが、現在は指定管理者(株式会社中川水道)に運営が委託されている。

よゐこの有野晋哉がゲームセンターCXの企画撮影で訪れた事がある。

アクセス[編集]

  • 鉄道:宗谷本線天塩川温泉駅下車徒歩約10分
  • バス:宗谷本線音威子府駅交通ターミナルより音威子府村地域バス(咲来・天塩川温泉方面。無料)にて約20分、天塩川温泉バス停下車

関連項目[編集]