天才てれびくんシリーズのドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天才てれびくん > 天才てれびくんシリーズのコーナー一覧 > 天才てれびくんシリーズのドラマ

天才てれびくんシリーズのドラマ(てんさいてれびくんシリーズのドラマ)は、『天才てれびくんシリーズ』の番組内で放送中、あるいは過去に放送されていたコーナードラマについて解説する。

目次

年度別一覧[編集]

年度 タイトル
1993 てれび戦士vsテレビ魔王
1994 転校生マオ
ミステリーの館
1995 ミステリートラベラー 悪夢の王
1996 ダヴィンチの迷宮 風雲ドラQラ城
1997 妖怪すくらんぶる 電脳西遊記
1998 ザ・ゴーストカンパニー
1999 放送なし
2000 ザ・ドリームサーフィン
魔界探偵
2001 魔界同盟 天ドラ
2002 SF (?)スペース新喜劇 ラフィン★スター
2003 こちらHK学園笑芸部!
2004 プラズマ界
2005 ユゲデール物語 天てれドラマ
2006 新ユゲデール物語
2007 大迷宮冒険記
2008 日付変更船プッカリーノ
2009 ミラクルシャッター 天てれ9分劇場
ゴルフBOY
よみきりっ!
2010 忍者スピリット
幽霊ホテルへいらっしゃい
いとしのスシガール〜SUSHI girl my love〜
こちら上原リク探偵事務所
平成桃太郎裁判
2011 ドラマ 大天才テレビジョン ドラまちがい
2012
2013 ドラまちがいd
2014 Let's天才てれびくん ストーリー 東京特許許可局
2015
2016
念力家族
2017
2018
天才てれびくんYOU ストーリー

シリーズ全体の概要[編集]

基本的にはてれび戦士が主人公であり、人物の名前は本人の名前をもじったものが多く、中にはそのまま本名を使っているものもある。

2003年度から2008年度及び2011年度から2013年度はその年の年間設定をベースにしたドラマが放映された。

2014年度から2016年度のドラマは本編から切り離され、『天てれドラマ』として独立した枠で放送、本編の出演者が関わらない実質的な別番組となっている。

てれび戦士vsテレビ魔王[編集]

「お正月だよ!天才てれびくん」で放送された番組レギュラー総出演のCGセットドラマ。番組の初期設定であるてれび戦士とテレゾンビの戦いを描く。

放送日時
初回放送
  • 1994年1月1日 土曜18:30-19:00
  • 1994年1月2日 日曜18:30-19:00
再放送
  • 1994年9月7日 水曜18:00-18:30
  • 1994年9月8日 木曜18:00-18:30
あらすじ
「人間とリモコンのいいなりになっていたテレビ」の反乱によってテレゾンビが誕生し、その首領「テレビ魔王」はクリスを誘拐して結婚を迫る。てれび戦士はクリスの救出やテレビ魔王の打倒のため、旅に出る。

ミステリートラベラー[編集]

1995年4月6日 - 1996年1月17日の水曜日に放送。主演は藤間宇宙、渡邉まゆみ。

あらすじ
登場人物
  • 羽鳥宇宙(演:藤間宇宙
  • 松宮未夢(演:渡邉まゆみ)
  • テリー(声:梁田清之
    • 宇宙と未夢をサポートする謎のキャラクター。常に沈着冷静。ボストークの通訳も行う。
  • Mファイル
    • 宇宙と未夢へ世界に潜む謎を繰り出してくる謎の存在。石版のようなものの中央部に目のようなものがある。
  • ボストーク
    • 1号と2号が存在。普段はテリーの上部に付いているが、必要があれば世界を飛び回り情報収集を行う。人の言葉は話さないが知能を有し独特の言葉を発する。2号がややお調子者の性格。
放映リスト
放送回 タイトル サブタイトル ミステリーギャラリー 放送日
第1問 オーパーツ 天空からの視点 飛行機のようにも見える工芸品 1995年04月06日
宇宙への道 太古の世界地図 04月12日
古代のテクノロジー 古代の光学レンズ 04月19日
幻の文明 太古の電池? 電球? 04月26日
第2問 UFO -未確認飛行物体- 空に光るもの ミステリーサークルはUFOの着陸跡か? 05月10日
空から降りたつ者 歴史の中に隠されたUFO 05月17日
隠されたものの姿 キャトルミューティレーションは宇宙人の実験か? 05月24日
はるか遠くの隣人 宇宙人へのメッセージ 05月31日
第3問 UMA -未確認生物- 生き残った恐竜 生きている化石 06月14日
湖の秘密 海の怪物 06月21日
もうひとつの人類 生きていた幻想生物 06月28日
残された謎 河童 07月05日
第4問 妖怪 09月06日
09月13日
09月20日
09月27日
第5問 宇宙のオーパーツ 最も近い星の謎 月の誕生 10月11日
火星の残されたもの ブラックホール 10月18日
宇宙への扉 日本のピラミッド 10月25日
遠い空からの導き モアイの謎 11月01日
第6問 超能力 11月15日
11月22日
11月29日
12月06日
第7問 人類の未来 あらゆるものの始まり 宇宙のかたち 12月20日
人類への道のり 進化のふしぎ 1996年01月03日
人類の明日 (放送なし) 01月10日
(無題) (放送なし) 01月17日
スタッフ

ダヴィンチの迷宮[編集]

1996年4月11日 - 1997年1月23日の木曜日に放送。主演は伊東亮輔・篠原麻里(前期)、相ヶ瀬龍史・保里優紀(後期)。

あらすじ
登場人物
前期
  • リョウスケ(演:伊東亮輔)
  • マリ(演:篠原麻里
後期
放映リスト
放送回 放送日
1 1996年04月11日
2 04月18日
3 04月25日
4 05月02日
5 05月16日
6 05月23日
7 05月30日
8 06月06日
9 06月20日
10 06月27日
11 07月04日
12 07月11日
13 09月12日
14 09月19日
15 09月26日
16 10月03日
17 10月17日
18 10月24日
19 10月31日
20 11月07日
21 11月21日
22 11月28日
23 12月05日
24 12月12日
25 12月26日
26 1997年01月09日
27 01月16日
28 01月23日

風雲ドラQラ城[編集]

番組レギュラー総出演のCGセットドラマ。

放送日時
  • 1997年1月1日 水曜18:00-18:55
あらすじ
ドラQラにさらわれた前田亜季を助けるため、てれび戦士がゲーム対決をしながら進行する。
登場人物

妖怪すくらんぶる[編集]

1997年度の火曜日から木曜日に放送された。脚本はひのくまりこう。

あらすじ
登場人物

電脳西遊記[編集]

番組レギュラー総出演のCGセットドラマ。

放送日時
初回放送
  • 1998年1月1日 木曜18:00-18:55
再放送
  • 1999年1月4日 月曜18:00-18:25
  • 1999年1月5日 火曜18:00-18:25
あらすじ
1998年1月1日。お正月スペシャルの放送が始まった天才てれびくんのスタジオで、みんなからのお正月プレゼントを開いていた時に、スタジオ中がぽかーんとなってしまった。これをテレビで見ていたのは三蔵法師。三蔵法師はシャカムーニ博士に連絡したところ、その昔、シャカムーニ博士といっしょに研究していた、タイガー渦巻博士の仕業らしいことが分かった。三蔵法師は天てれを救うべく、すぐさま悟空たちを集めてタイガー要塞を目指した。
登場人物

ザ・ゴーストカンパニー[編集]

1998年度の月曜日から木曜日に放送されたドラマ。脚本は野尻靖之・平柳益実。

あらすじ
小泉玲子、霞裕太郎の2人が亡くなったおじいちゃんからもらったものは、ゴーストたちが働いている会社だった。その会社の社長となって、ゴーストたちの能力を生かして探偵として会社を立て直していく。
登場人物
放映リスト
放送回 サブタイトル 放送日 ゲスト
第1話 私が社長よ! 1998年04月13日 内藤裕也
第2話 憧れの君を探せ! 鮫島巧
依頼人(演:秋山拓也、伍陸)
第3話 恐怖のお留守番?
第4話 ドラゴン大追跡 ケンジ(演:豊永利行
ペットショップ店員(演:今井彰一
獣医(演:渡辺城太郎)
第5話 ぼくは剣士だ! 拓磨の父(演:藤岡弘
拓磨(演:奈良本浩樹)
小吾郎(演:天本英世
第6話 みんなでトラバーユ!? 貫太(演:大澤佑介)
少年の龍蔵(演:高島朗)
第7話 泣き虫オバケの願い ゆかり(演:兵庫ゆかり)
徹郎(演:風見真吾)
シゲル(演:大竹雅樹)
第8話 友情のラストパス 安藤一志
大川征義
第9話 リーさんの夏休み
第10話 王子様は宇宙人 相ヶ瀬龍史
第11話 ゴーストタクシー 運転手(演:嶋田久作上島竜兵
第12話 竜巻ダディがやってきた 滾(演:KIBA
桜子(演:ダンプ松本
美奈(演:井上知香
警察官(演:千葉繁
吸血鬼(演:TOSHI与太郎KATUJIKENTARO
第13話 悪ガキはユーレイがお好き 恵子(演:阿知波悟美
杉作(演:金井勇太
佐藤刑事(演:たかはし等)
村上刑事(演:大森ヒロシ)
第14話 一世一代の大芝居 忠治(演:関口真央)
先生(演:金井節
源(演:衣川城二)
二郎(演:徳永秀勝)
鬼塚(演:天乃大介)
子分(演:河本裕之
座長(演:沢竜二
第15話 正義のヒーロー見参 ゼスター(演:影丸茂樹
棟方記者(演:大滝明利
悪者(演:高橋弘幸、徳永秀勝)
とみ(演:小代恵子
為吉(演:早川明弘)
少年(演:永弘政人、豊留章裕、青柳豊
老婆(演:若原幸)
男の子(演:伍陸)
アナウンサー(演:リサ・ステッグマイヤー
郵便配達(演:依田岳史)
泥棒(演:村上貴英、坂本由紀子、越田恭生、倉林稔)
第16話 ゴーストカンパニー解散 12月10日 佐谷(演:長江英和
易者(演:千葉繁)

ザ・ドリームサーフィン[編集]

2000年3月 - 2000年7月の月曜日から水曜日に放送。

あらすじ
登場人物
  • ラズラル(演:冴木尚人・木下宗重(最終回)、声:下山吉光
  • ミゥミゥ(声:高田由美
  • ヴェイケント族(声:高田由美)
放映リスト
放送回 放送日 ゲスト
第1話 2000年03月27日 雅之(演:清水京太郎)
芳明(演:井上翔太
03月28日
03月29日
03月30日
第2話 04月10日 恵利香(演:高橋恵)
恵利香の祖母(演:草村礼子
04月11日
04月12日
第3話 04月17日 恵利香(演:高橋恵)
恵利香の祖母(演:草村礼子)
舞の祖母(演:角田米子)
04月18日
04月19日
第4話 04月24日 浅田先生(演:T-ASADA
04月25日
04月26日
第5話 05月08日 法子(演:清水彩花
05月09日
05月10日
第6話 05月15日 ゆりあ(演:相馬佳織)
ゴン吉(演:原田大二郎
福田の兄(演:島田正直
福田の母(演:青木和代
05月16日
05月17日
第7話 05月22日 花村圭太(演:鈴木隼人)
桜木和也(演:久保孝典)
05月23日
05月24日
第8話 05月29日
05月30日
05月31日
第9話 06月12日 黒髪の女(演:森崎めぐみ
経帷子の男(演:原崇亮)
料理人(演:小檜山洋一)
看護婦(演:三浦伸子)
恐怖の医者(演:黒沼弘巳)
06月13日
06月14日
第10話 06月19日 ディレクター(演:原武昭彦
06月20日
06月21日
第11話 06月26日 ウエンツ瑛士
ジャスミン・アレン
06月27日
06月28日
第12話 07月03日 平野淳(演:渋谷謙人
井上加奈(演:原海乃)
美坂なぎさ(演:小林沙弥
07月04日
07月05日
第13話 07月17日 平野淳(演:渋谷謙人)
井上加奈(演:原海乃)
美坂なぎさ(演:小林沙弥)
藤野義幸(演:佐々木佳也)
桂雅人(演:小林良也
教頭先生(演:三田恵子)
校長先生(演:森富士夫
07月18日
07月19日
07月20日

魔界探偵[編集]

2000年9月18日 - 2000年12月6日の月曜日から水曜日に放送。主演は熊木翔・中田あすみ。当時のてれび戦士が、事件解決の助っ人役として出演している。式神の役である安齊舞を除いて、出演のてれび戦士は実名で登場。

あらすじ
ある悪霊が巻き起こす事件に巻き込まれたのをきっかけに陰陽稜に閉じ込められた中田あすみ熊木翔。2人がこの世界を出るためには悪霊がからんだ5つの事件をとき、悪霊を封印しなければいけなかった。
登場人物
  • 熊木翔(呪文:オン シチュリ キャラロハ ウン ケン ソワカ)
  • 中田あすみ(呪文:ノーマクサンマンダー バーザラダン ガン)
  • 舞姫(演:安齊舞) (呪文:オン ソンバ ニソンバ ウン バザラ ウンパッタ)
  • 玄武(演:伊達直斗) (呪文:オン バザラ ヤキシャウン)
  • 朱雀(演:谷口絵梨) (呪文:オン アミルティー ウンパッタ)
  • セーメーアベ(声:下山吉光
その他の呪文
  • オン コロコロ センダリ マトーギ ソワカ
  • オン マカシリエ ソワカ
放映リスト
放送回 サブタイトル 放送日 ゲスト
第1話 仏像は泣く 2000年09月18日 福田亮太
本庄の父(演:三遊亭歌司
協力者(演:たかはし等)
殺人犯(演:内山厳)
村人(演:神田時枝)
本庄の娘(演:早川亜希
青龍(演:奥村公延
本庄の息子(演:西岡竜一朗
山本ふじ子
村人(演:高杉哲平
管理者(演:戸川暁子)
白虎(演:岡田修一良)
本庄の母(演:左時枝
千葉県栗源町のみなさん
09月19日
09月20日
09月25日
09月26日
09月27日
第2話 冥界から来た人形 10月09日 饗場詩野
俵有希子
粕谷聡(演:中島陽典
山岡弥生(演:片桐はいり
田中龍
新納敏正
文月啓子(演:北原佐和子
大垣胤雄(演:渡辺哲
庄子光明(演:小林すすむ
倉木寛子(演:伊澤真理)
近藤治人(演:江端英久)
10月10日
10月11日
10月16日
10月17日
10月19日
第3話 狐に化かされた霊媒 10月23日 橋田紘緒
石田比奈子
霊媒詐欺師(演:津久井啓太)
藤永(演:宍戸美和公
悪党(演:山野択也)
霊媒詐欺師(演:六角精児
鬼頭冴子(演:ローバー美々
パチンコ屋(演:冴木尚人)
悪党(演:内藤正樹
藤永の夫(演:賀川黒之助
10月24日
10月25日
10月30日
10月31日
11月01日
第4話 魔の湖の呼び声 11月13日 佐久間信子
今野洋介(演:三上大和
相原泉(演:大賀埜々
ミヨ(演:本多彩子
村人(演:重田千穂子
河合静也(演:羽緒レイ)
マリコ(演:源河里奈)
アイスクリーム屋(演:蛭川麻季子)
11月14日
11月15日
11月20日
11月21日
11月22日
第5話 五千年の呪い 11月27日 徐桑安
伊藤俊輔
大三元(演:中丸新将
天和(演:大森うたえもん
清老師(演:加地健太郎
門番(演:周東海)
緑一色(演:三原順子
四暗刻の弟子(演:山田玲奈
四暗刻(演:町田幸夫)
悪霊(演:溝呂木萌)
11月28日
11月29日
12月04日
12月05日
12月06日

魔界同盟[編集]

2001年4月16日 - 2001年7月9日の月曜日に放送された、魔界探偵の続編。レギュラーに松井蘭丸が加わったが、基本的な内容構成は変わらない。

あらすじ
すべての悪霊を封印し元の世界に戻れた中田あすみと熊木翔。しかし、悪霊により陰陽稜が崩壊寸前に陥ってしまう。陰陽稜を救うため、あすみと翔は舞姫たちと共にもう一度悪霊と戦うことになる。
登場人物
放映リスト
放送回 サブタイトル 放送日 ゲスト
第1話 その時、戦士は立ち上がった 2001年04月16日 山元竜一
舛田徳寿
谷崎まお
泉水知子
岡田ひとみ[要曖昧さ回避]
秋村久美(演:坂上香織
瀬戸陽一朗
石井未来
秋村英介(演:太川陽介
藤沢秀樹
坂田おさむ
04月23日
04月30日
第2話 その時、幕は上がった 05月14日 ダーブロウ有紗
武富さおり(演:早勢美里
千羽鶴橋プリン(演:駒崎香織)
山岸治雄
岩城美香
竹内紫織
藤田健次郎
校長先生(演:山田吾一
05月21日
05月28日
第3話 ついに、決戦の時が来た! 06月18日 竪山隼太
妹尾正文
村杉蝉之介
柴田林太郎
阿部渡
東出典子
江川希
竪山綾子(演:鹿取洋子
セーメーアベ(声:下山吉光
06月25日
07月02日
07月09日

SF (?)スペース新喜劇 ラフィン★スター[編集]

2002年4月9日 - 2002年12月3日に火曜日に放送された。宇宙客船「ラフィン★スター」を舞台とした新喜劇。

あらすじ
登場人物
レギュラー
ゲスト
放映リスト
話数 サブタイトル 放送日 ゲスト
1 登場人物 2002年04月09日
2 恋人は宇宙人 04月16日
3 かい〜の 04月30日
4 合い言葉 05月14日
5 美術鑑定士 05月21日
6 バトル星 05月28日
7 オリオンの涙 06月04日
8 料理の運び方 06月25日
9 フラフープ 07月02日
10 アスーミ捜査官 09月10日
11 ゴージャスレディ星 09月17日
12 三十四度六分星人アンナ 10月08日
13 胴上げ大好きチーム 10月15日
14 宇宙海賊 10月22日
15 ニョロニョロ陰陽師クマーキ 11月12日
16 ナニワーコテコテ魔法 11月18日
17 なわとび 11月26日
18 キバーン 12月03日

こちらHK学園笑芸部![編集]

2003年4月14日 - 2004年3月22日の月曜日に放送された。年間設定「HK学園(ハイパーキングダム学園)」が舞台。笑芸部というお笑いを極める部活動と、笑芸部を潰そうとしている生徒会との戦いが繰り広げられる新喜劇。

夏休みには「ミニミニ笑芸部!」というコーナーで短い漫才も披露。MTKのコーナーでは、間寛平山川恵里佳井出卓也飯田里穂前田公輝の5人が「間寛平 with TDD」として『Go!Go!たまご丼』を歌い、シングルもリリースした。

あらすじ
登場人物
笑芸部
  • 卓也(演:井出卓也)
  • 里穂(演:飯田里穂)
  • 前田くん(演:前田公輝)
  • ブライアン(演:ブライアン・ウォルターズ
  • 山川先生(演:山川恵里佳)
  • 寛平さん(演:間寛平)
生徒会
放映リスト
この節には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(川﨑樹音の2文字目)が含まれています(詳細)。
話数 放送回 サブタイトル 放送日 ゲスト
1 第1話 うちら陽気な笑芸部! 2003年04月14日
2 第2話 生徒会襲来! 04月21日
3 第3話 カモン!顧問! 04月28日
4 第4話 忍者が学校にやってきた! 05月12日
5 第5話 親孝行大作戦! 05月19日 おしほ(演:豕瀬志穂)
しげを(演:千葉繁
6 第6話 少年よ タイコを叩け! 05月26日 応援団長・さんしろう(演:高木三四郎
応援団練習生・さかい(演:坂井良宏
7 第7話 めざせ!HK学園の星! 06月02日 根性野球部キャプテン・星竜一(演:山元竜一)
根性野球部副キャプテン・伴幸生(演:堀江幸生)
8 第8話 HKシネマパラダイス! 06月16日 すぺるがーぐ やまざき(演:山崎邦正
9 第9話 サムライ・ダイナマイト! 06月23日 村田流剣術道場師範・ちひろ(演:村田ちひろ
10 第10話 恐怖化け猫シスターズ! 06月30日 オカルト研究部部長・くろねこ(演:黒猫
オカルト研究部部員・ちびねこ(演:中村有沙
11 第11話 笑芸部怒りの鉄拳! 07月07日 宇宙人てっけん(演:鉄拳
12 第12話 嗚呼 生徒会! 09月15日
13 第13話 出前笑芸部 in 松山! 09月22日
09月23日
14 第14話 プチ天変地異! 10月06日 ボイスコーダー・七世(演:岩井七世
ボイスコーダー・シャラク(演:シャラク
タルボ・フクスケ(フクスケ
15 第15話 君の名は! 10月13日 キャサリン(痩)(演:藤原ひとみ
キャサリン(太)(演:堀江幸生)
16 第16話 笑芸部のばら! 10月20日 HK歌劇団・アンドリューミサキ(演:堀口美咲)
HK歌劇団・オスカルエリ(演:野村恵里
17 第17話 学園忍法帳! 10月27日 ビリジアン影(演:岸哲生
オレンジサンシャイン影(演:トクナガヒデカツ)
18 第18話 ス・ペ・ェ・ス ロマンチック! 11月10日 ゲロッツ(演:川﨑樹音
M.I.Bエージェント・かわだ(演:河田貴一
M.I.Bエージェント・いせ(演:伊勢浩二
19 第19話 生徒会 vs 生徒会! 11月17日 裏生徒会長・奈月(演:岡本奈月
裏親衛隊・くぬぎ(演:功力富士彦
裏親衛隊・あしざわ(演:芦澤和哉
20 第20話 愛と青春のおやびん! 11月24日
21 第21話 生徒会レボリューション! 12月01日 結花(演:桜井結花)
こじこじ(演:小島聡
22 第22話 終わりの始まり! 2004年01月12日 小百合(演:俵小百合
キャサリン(演:堀江幸生)
げんしじん
23 第23話 すばらしき明日へ! 03月22日

幽霊ホテルへいらっしゃい[編集]

2010年5月18日 - 2010年6月29日の「お芝居コーナー」枠で放送されたドラマ。

あらすじ
登場人物
  • 一宮アンナ(いちのみや アンナ) - 木島杏奈
    • 大学生。
  • ナナカトリーヌ - 脇菜々香
  • ヤーベ - 矢部昌暉
  • ラーナ - 風戸蘭七
    • 2010年度夏イベント『ホセ王国の不思議な弓矢〜くしゃみ姫を救え!〜』の同名のキャラクターとは関連はない。
  • 地獄の大魔王(じごくのだいまおう) - 岡田結実
    • 正体は詐欺師コンビ「ザ・激安セール」のブイ。地獄の大魔王の上半身だった。
放映リスト
話数 放送回 サブタイトル 放送日 脚本 ゲスト
1 第1話 げげっ!!就職先が幽霊ホテル? 2010年05月18日 アサダアツシ
2 第2話 幽霊ホテル再建プロジェクト始動!! 05月25日 プリシラ(演:田代ひかり)
3 第3話 ラーナの奇跡?!地獄界No.1マジシャン登場!! 06月08日 Mr.ホ・セロ(演:椋木ホセマルティン)
ダイアナ(演:斎藤安里奈ダイアナ
4 第4話 地獄界一のお笑い芸人がやってきた!! 06月15日 カネリン(演:金子凜太朗)
カネリンのママ(演:水本凜
5 第5話 ナナカトリーヌのライバル現る!!そして、アンナが…?! 06月22日 エステール(演:寺田朱里エステル
スズタン(演:鎮西寿々歌
リョウチン(演:三井理陽
6 第6話 さよなら、愛しの幽霊ホテル…アンナの新しい道!? 06月29日 アンナの母(演:白坂奈々
アンナの妹(演:松岡美羽、上原陸
アンナの弟(演:浅野優惟、小川向陽)
アンナの祖父(演:伊藤元太)
ゴリ(演:ゴリ

こちら上原リク探偵事務所[編集]

2010年10月26日 - 2010年11月30日の「天てれミステリー劇場」枠で放送されたドラマ。

あらすじ
登場人物
放映リスト
話数 サブタイトル 放送日 脚本
1 なぞの足跡 2010年10月26日 さわだみきお
2 なぞの銃声・前編 11月09日
3 なぞの銃声・後編 11月16日
4 消えた大家さん・前編 11月23日
5 消えた大家さん・後編 11月30日

平成桃太郎裁判[編集]

2011年1月10日 - 2011年2月21日の「天てれ8分劇場」枠で放送されたドラマ。

あらすじ
登場人物
  • 被告人・桃太郎(演:鎮西寿々歌
  • 弁護人(演:齊藤稜駿
  • 検察官(演:脇菜々香
  • 原告・鬼丸(演:野村翔)
  • 鬼丸の妻・鬼恵(演:當山優奈)
  • 裁判長(演:白坂奈々
  • 裁判員1・主婦(演:水本凜
  • 裁判員2・ショップ店員(演:松岡美羽)
  • 裁判員3・教師(演:三井理陽
放映リスト
放送回 放送日 脚本 ゲスト
初公判 2011年01月10日 アサダアツシ 裁判員4・タレント(演:長江崚行
第二回公判 01月17日 裁判員4・タレント(演:長江崚行)
証人・サル(演:小川向陽)
第三回公判 01月24日 証人・おじいさん(演:金子凜太朗)
証人・おばあさん(演:木島杏奈
第四回公判 02月07日 裁判員4・作家(演:風戸蘭七
証人・女子大生(演:斎藤安里奈ダイアナ
第五回公判 02月14日 裁判員4・作家(演:風戸蘭七)
証人・桃太郎の母(演:藤井千帆
第六回公判<結審> 02月21日 裁判員4・作家(演:風戸蘭七)
鬼丸の息子・鬼平(演:椋木ホセマルティン)
番外編
2011年2月17日に番外編「木生アバター裁判」と題して、『ウキウキ木曜!』とのコラボ企画を放送した。
登場人物
  • 弁護人・みっポン - 長友光弘
  • 検察官 - 脇菜々香
  • 裁判長 - 白坂奈々
  • 判長補佐・鬼恵 - 當山優奈
  • 裁判員
  • 再現VTR出演
    • 風戸蘭七
    • 斎藤安里奈ダイアナ

ドラマ 大天才テレビジョン[編集]

2011年4月11日 - 2012年3月6日の毎週月曜日に放送されたドラマ。1学期は次のコーナーにあたる「ヒット番組への道」にリンクするようになっていた。2学期からは独立し、「大天才テレビジョン第2次計画」のサブタイトルがつく。 2012年4月2日 - 2014年2月26日は、放送回数は月1回程度に変わり、放送される尺が長くなっているが設定は引き継いでいる。

あらすじ[編集]

創業543991年のテレビ局「大天才テレビジョン」の看板番組である「天才てれびくん」。だが、この番組はここ数年低迷が続いており、テレビ局の会長は立て直しのために新たな戦力として「出川特命プロデューサー」を迎え入れる。

登場人物[編集]

てれび戦士
今作ではてれび戦士は「大天才テレビジョンの社員(企業戦士)」という設定。5月第2週から毎回1〜3人登場。企画会議に参加することもあるが、アイデアがあまり出てこなかったり自分の特技を利用した企画を押し通そうとしたりする。9月第2週からは全員登場している。
2012年度4月第1週でのてれび戦士の交代は「異動」または「転勤」という扱いになっており、2012年度から登場しているてれび戦士も、「以前から大天才テレビジョンの支局や他の部署で働いている」という設定になっていた。
氏名 前所属 次所属
矢部昌暉 天才てれびくんタロウ 北の国支局
木島杏奈 天才てれびくんタロウ 北の国支局
ファデン咲美亜 国際放送センター
椋木マルティン 坂の上分室
勝隆一 山奥出張所
寺田朱里 総合美術部
長江崚行 西の国支局
浅賀玲音 ファンタジー博物館
鎮西寿々歌 西の国支局
野田真哉 中部支局
中里萌 湾岸出張所
中尾美晴 関西支局
相澤侑我 大天祭事務局 芸能部
大天才テレビジョン社員
出川特命プロデューサー - 出川哲朗
大天才テレビジョンの看板番組「大!天才てれびくん」を立て直すためにプロデューサーに抜擢された『伝説のリアクション芸人』。ドラマも含め、鈴木アシスタントプロデューサーやてれび戦士からは「ボス」とも呼ばれている。
鈴木アシスタントプロデューサー - 鈴木あきえ
「天才てれびくんタロウ」のプロデューサーだったが、出川特命プロデューサーの抜擢に伴いアシスタントプロデューサーに降格した。てれび戦士や出川特命プロデューサーを叱咤している。何かあるとマンションのローンを気にする。
会長 - 斎藤洋介
大天才テレビジョンの会長。出川特命プロデューサーを呼びつけた張本人で、毎回どこからともなく現れ番組制作へのヒントを告げる。1学期放送分では月曜日のED(Love Song)前にも現れていた。10月第1週以降登場していなかったが、2月第1週より再び登場している。
編成局長 - 我修院達也
10月第1週から登場だが9月第4週には会長の口から語られている。てれび戦士達とともに番組編成局が関わるようにという会長の命を受けた。部下とともに会議に参加する前に一足早くてれび戦士の近くに現れ、アルバイトのフランス人(口調がフランス語を話せる寺田朱里とフランス語での会話が成立したと木島杏奈などに思われたため)に勘違いされる。
企画会議でのてれび戦士の意見をすべて却下し、出川特命プロデューサーにさらなる戦士の育成を命じる一方、鎮西寿々歌に大天才テレビジョンから独立しソロ活動しないかと持ちかける。
2012年度の第8話のエピローグで姿が消えて以降は行方不明。2013年度も番組公式HPには名前が残っているが、2013年度の出演はなかった。
放送技術研究所主任 - ふかわりょう
警備部長 - ゆうたろう
報道部長 - ウド鈴木(キャイ〜ン)
広報部 - 狩野英孝
上島エグゼクティブプロデューサー - 上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
6月第4週に初登場し、その後9月第2週・第4週、11月第4週にも登場。会長が敬語で話すなどかなり高い身分の者らしいが詳細は不明。ゴルゴプロデューサーが「上島エグゼクティブプロデューサー」と言及。出川特命プロデューサーと確執がある。
ゴルゴプロデューサー - ゴルゴ松本(TIM)
10月第3週から11月第3週まで登場。大天才テレビジョンのプロデューサー。元「天才てれびくんMAX」プロデューサーであり、「大!天才てれびくん」の出川特命プロデューサーをライバル視する。自分が勝てば上島エグゼクティブプロデューサーに番組を譲る条件で廊下でボウリングの勝負を仕掛けるが敗北し、捨て台詞を残して立ち去った。

放映リスト[編集]

2011年度
2011年度連動企画
連動企画 放送日
1 出川イズムで番宣大作戦! 2011年04月11日
2 ヒット番組への道「ぐるぐるバット」 04月18日
3 ヒット番組への道「二人羽織」 04月25日
4 ヒット番組への道「殺陣」 05月02日
5 ヒット番組への道「イマジネーション」 05月16日
6 ヒット番組への道「ドミノ倒し」 05月23日
7 ヒット番組への道「組織力 集団ものまね」 05月30日
8 ヒット番組への道「サバイバルじゃんけん」 06月06日
9 ヒット番組への道「工場見学」 06月20日
10 ヒット番組への道「プレッシャー」 2011年06月27日
11 ヒット番組への道「ホラー大作戦」 07月05日
07月06日
12 緊急企画・あなたの声届いてます 07月11日
07月12日
13 大!天才クエスト 09月05日
09月07日
2011年度
放送回 タイトル 放送日
#1 大天才テレビジョン第2次計画 #1 09月12日
#2 大天才テレビジョン第2次計画 #2 09月19日
#3 大天才テレビジョン第2次計画 #3 09月26日
#4 大天才テレビジョン第2次計画 #4 10月10日
#5 大天才テレビジョン第2次計画 #5 10月17日
#6 大天才テレビジョン第2次計画 #6 10月24日
#7 大天才テレビジョン第2次計画 #7 10月31日
#8 大天才テレビジョン第2次計画 #8 11月14日
#9 大天才テレビジョン第2次計画 #9 11月21日
#10 大天才テレビジョン第2次計画 #10 11月28日
#11 大天才テレビジョン第2次計画 #11 12月05日
#12 大天才テレビジョン第2次計画 #12 12月12日
#13 大天才テレビジョン第2次計画 #13 2012年01月09日
#14 大天才テレビジョン第2次計画 #14 01月16日
#15 大天才テレビジョン第2次計画 #15 01月23日
#16 大天才テレビジョン第2次計画 #16 02月06日
#17 大天才テレビジョン第2次計画 #17 02月13日
#18 大天才テレビジョン第2次計画 #18 02月20日
#19 大天才テレビジョン第2次計画 #19 02月29日
第2次計画 大総集編 前編(#1 - #12) 03月05日
第2次計画 大総集編 後編(#13 - #19+追加映像) 03月06日
2012年度
放送回 タイトル 放送日
第1回 新てれび戦士 着任 2012年04月02日
第2回 森の熊さん事件 05月07日
第3回 星の王子様事件 06月11日
第4回 そして誰もいなくなった事件 07月09日
大!天才クエストII〜古坂大魔王の挑戦状〜 09月03日
第5回 上を向いて歩こう事件 10月08日
第6回 ささやきの壺事件 11月12日
第7回 たとえ君の姿が変わっても事件 12月03日
第8回 さよならは突然に事件 2013年02月27日
2013年度
放送回 タイトル 放送日 備考
第1回 海と怪獣とリアクション事件 2013年04月01日 [注 1]
第9回 赤いエマニュエル事件 05月06日
第10回 箱とスウェットと私事件 06月10日
第11回 君といつまでも事件 07月08日
第12回 夕暮れ湯けむり旅情事件 10月07日
第13回 僕の前に道はない事件 11月11日
スペシャル あの事件は何だったのか事件 12月30日 [注 2]
第14回 新年のごあいさつ事件 2014年01月06日
第15回 仮面は踊る事件 02月10日
最終回 てれび戦士の証明事件 02月26日

Let's天才てれびくん[編集]

用語解説[編集]

国立異次元獣対策センター[編集]

異次元獣による危機から地球を守るために22世紀に設立された機関。略称はITAISEN(イタイセン)。

人物
時空関係調整課長 - 大野拓朗
22世紀から来た未来人。国立異次元獣対策センター(ITAISEN)・時空関係調整課の課長。
やや脳天気で女性に甘く、各地で紹介される料理に気が逸れたり、緊張感が必要な場面でダジャレを言うなど、指揮官としては頼りなく見える所があるが、「地球を守る」という内に秘めた使命感は本物であり、虎南分析官やてれび戦士たちからも表向きはなんやかんや言われるものの人望は厚い。
2014年度の神奈川編では、カスタネット異次元獣の引き起こす怪現象の影響でカスタネットに噛まれてしまった。2015年度の山口編では、幕末からタイムスリップしてきた自分に生き写しの長州藩の武士・野村靖(大野の二役)の凛々しく頼もしげな姿を見て指揮官としての自信を失いかけるが、その野村から「君にしかできないことがある」と励まされ、立ち直った。また、福島編では福島どちゃもん・さすらかすらを励ますために雪合戦に参加し、金魚1号に乗り込んで清掃課の手からさすらかすらを守った。
特定脅威分析官 - 虎南有香
環境保安省からITAISENに派遣された分析官。木曜日の生放送ミッションではミッション内容の説明なども行う。
常に冷静かつ真面目で、不真面目な態度を取る大野課長を叱責することも多いが、自身に関連する話題やネタなどに関しては大野課長以上にはしゃぐことも多く、2015年度兵庫編では男装をしてどちゃらづか歌劇団の男役のオーディションに合格したり、茨城編では2105年第77代ミス納豆娘コンテスト納豆ネバネバ特別賞を受賞していたり、2016年度北海道編ではタラバガニの甲羅を弾丸としたタラバズーカを放って北海道どちゃもん・るるを助けたり、宮城編では本部から課せられた極秘ミッション「虎南に頼らず、てれび戦士の力だけで宮城どちゃもん・ぎやみを立ち直らせる」のために置き手紙を残して第5やたがらす丸から姿をくらませるなど、自由な行動をとることも多い。また、生放送での謎解きでは「名探偵虎南」として振る舞うことも多い。2016年度の三重編ではうぎろう異次元獣の引き起こす怪現象の影響で一時的に麿長官と立場が入れ替わった。
茶の間戦士訓練教官 - 蝶野正洋
環境保安大学校から第5やたがらす丸に派遣された訓練教官で茶の間戦士(データ放送で参加する視聴者)の訓練を行う。強面だが、好物はプリンとババロアでダジャレも嗜む。訓練に対しては厳しいものの、不甲斐ない成績だった茶の間戦士にも奮い立たせる言葉をかけるなど部下思いである。2016年度では「ニセ教官」として原口あきまさが乱入してくるようになった。
装備開発課主任研究員 - 中田敦彦オリエンタルラジオ
ITAISEN装備開発課の主任研究員で、てれび戦士たちからは「博士」と呼ばれる。会った人や考えたこと、歩いた歩数から体重まですべて記録している。
装備開発課助手 - 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
ITAISEN装備開発課の助手。見た目と言動がチャラいが、中田博士からは信頼されている。
次元ダンスマスター - ジョンテ・モーニング
22世紀のニューヨークからやってきたスーパーダンサー。麿長官に招聘され、パワーを生み出すダンスを開発している。
長官 - 麿赤児
ITAISENの最高責任者で大野課長や虎南分析官の上司。第5やたがらす丸を21世紀に送りこんだ。2014年度ではダンベルスプーンを使っていた。2015年度ではカメラ異次元獣の引き起こす怪現象の影響で金縛り状態になったり、2016年度の三重編ではうぎろう異次元獣の引き起こす怪現象の影響で一時的に虎南分析官と立場が入れ替わったり、こまちまちこ異次元獣の引き起こす怪現象の影響でなまはげに襲われたりした。
現地調査アンドロイド
ITAISENが開発した調査用アンドロイド。いち早く最前線に送り込まれ、てれび戦士の活動をサポートする。日本古代の軍事武装を思わせるヘルメットとアーマーを装備し、各機体で性能や性質が異なる(演者の性格やキャラクターが基になっている)。多数の芸人(森崎9号のみ演劇ユニット)が演じており、各機体に演者の名前とナンバリングを組み合わせた名前がつけられている。また、各機体共通の機能として、機能停止したら左耳を引っ張ると再起動する、停止状態からの起動は名前を呼んで目覚まし時計を鳴らすというシステムがある。
装備・発明品
第5やたがらす丸
ITAISEN時空関係調整課が運用する大型タイムシップ・やたがらす型の5番艦。2095年1月竣工。22世紀と21世紀の、ちょうど100年離れた2つの時点の間を行き来できる。全長66.6m、重量120t。空間内の最高飛行速度はマッハ2.5。名前が示す通り3本足の鳥のような外見で、背中の上には天守閣を思わせるデザインのメインブリッジがある。メインエンジンはのような形状をしており、メカの手のようなパーツで革を打つ事で稼働するシステムである。桃花は略して「ごやまるちゃん」と呼んでいた。2016年度の富山編では清掃課のコンピューターウイルスによって風邪を引いてしまったが、キッチリンAで正常化した。
次元エントリーシップ
金魚1号
人間が生身で侵入すると危険な、どちゃもんの巣などの空間用に開発された次元エントリーシップ・金魚型の1番機。名前のごとく白い金魚のような外見をしている。2人乗りで、ロケに行ったてれび戦士か乗員選抜試験の成績優秀者が搭乗する。どちゃもんをくすぐる「こちょこちょビーム」やどちゃもんの技を防ぐ防御用のバリア、時間の影響から搭乗者を守る「ウラシマバリア」が装備されている。また、機体の下にはアイテム運搬用のクローを装備。「どちゃもん二次元化装置」でゴキゲンにしたどちゃもんをカードに収め、仲間として使役できるようにする。なお、2016年度は登場しなかったが、異次元獣にされた岐阜どちゃもん・うぎろうを救う手がかりを得るためにてれび戦士が巣の探索に向かった話が出てくる。同型機として、緊急脱出用に配備された単体でもタイムワープ可能な金魚2号もあり、スプーン異次元獣戦に際して大野課長らが一旦22世紀に戻る際に使用された。
金魚R
テレビのリモコンを使って遠隔操作する、茶の間戦士専用の小型次元エントリーシップ。Rはリモート(Remote)の略称で、大量生産されている。どちゃもんの巣やオモイデ界で活動することができ、金魚1号同様こちょこちょビームやアイテム運搬用のクローを装備する。金魚1号や超蝶野ロボの護衛・サポートを行う。
超蝶野ロボ
2015年度から登場する遠隔操縦式探索・戦闘用ロボットで、操縦はてれび戦士1名が行う。全高3m。超音波ビームを放って蝙蝠を追い払う「蝶野ロボ(2014年12月18日放送回に登場)」の改修型。茶の間戦士訓練教官・蝶野正洋をモデルにしており、蝶野教官の顔に短い手足がついたような外見で腕は4本ある。下側の腕はロケットパンチとして発射可能で、主に超次元ゴミ回収カプセルの破壊に使われる。他にはこちょこちょビームと防御用のバリアを装備し、背部には蝶の羽に似た形状の翼がある。後に清掃課の忘れ物の超次元バッテリーを搭載され、強力な体当たり攻撃「超蝶野アタック」が使えるようになった。2016年度東京編では清掃課に盗み出されてネットオークションに1億円で出品され、それを東京どちゃもん・もものうちが購入。てれび戦士は手作りのおもしろロボットを製作してもものうちに交換を持ちかけ、無事超蝶野ロボを取り戻した。
万能リモコン“オテモト”
虎南分析官が使用する携帯端末。第5やたがらす丸のメインコンピューターを経由して22世紀の国立異次元獣対策センター本部のウルトラスーパーコンピューターとリンクしている。あらゆる情報の検索、船内の機器の操作を行うことができる。
茶の間エネルギー転送装置・チャランポリン
2016年度の対異次元獣戦で使用される、茶の間戦士がテレビリモコンで送信したアイテムのパワーを戦場のどちゃもんに転送する円形の小型トランポリン。現地にいる出張茶の間戦士(事前応募によって選ばれた視聴者)が使用し、これで何度も跳ねることでパワーが転送される。
次元通信機・ドダイNS-1号
どちゃもん研究会(下記参照)の際に、ゲストとなるどちゃもんと通信するための装置。立体投影システムを備えた円柱形の台座のような形状で、本体上の空間にどちゃもんの姿が立体映像として映る。
どちゃもん探知バー
略称「どたんバー」。どちゃもんを探す際に使われる探知機。アイスバーに酷似した外見とは裏腹に、人間に化けたどちゃもんにも反応するほどの高性能を誇る。
うずましーん
周囲から吸い取った回転力をエネルギーに変えて放出する装置。超次元バリアに閉じ込められた徳島どちゃもん・かさぽんたすの救出に使用された。
アンドロイドリセット装置・しょきかそうる
清掃課の超次元きびだんごで洗脳されてしまった大悟14号を初期状態にリセットする装置。てれび戦士はカラオケで「ultra soul」を歌う事でこの装置にエネルギーをチャージし、リセットビームとして第5やたがらす丸から大悟14号に照射するが、リセットによって自分との思い出が消えてしまうことを恐れたノブ13号が大悟14号に組みつき、ビームの狙いを外させた。
I.M.O.(いったりもどったりおいも)
サツマイモに含まれる「時空跳躍澱粉」を、サツマイモ3択クイズに答えることで活性化させて造り出された特殊な芋で、食べた者をタイムスリップさせる力を持つ。鹿児島どちゃもん・くろはやとんを郷土の英雄・西郷隆盛に会わせるために使われた。その後、一部が山口どちゃもん・ふくぺらぶうの手に渡り、幕末の長州藩の武士たちが第5やたがらす丸にタイムスリップしてくる騒ぎになった。
ふくふくバルーン
人々の”福”を集める風船。長州藩の武士たちを元の時代に戻す鍵を握るふくぺらぶうを誘い出すため、使用された。
きときと弾
結界に閉じ込められた富山どちゃもん・ふぁましすを救出するために使用。最初はしわしわのボールだが、富山ご当地クイズやビーチボールバレーできときとパワーを充填することで力を発揮する。
特製ロケットミキサー
人間の姿になった和歌山どちゃもん・もさくを元に戻すために用意された、果物と野菜の盛り合わせ「キラフル丼」から「モトニモドース」という成分を抽出する装置。これで生成された果汁100%ビームを第5やたがらす丸からもさくに向けて照射したが、それだけでは元に戻らなかった。
タラバズーカ
タラバガニの甲羅を巨大化させて弾として発射するバズーカ砲。虎南分析官が、超次元チリトラー808に潜入した北海道どちゃもん・るるの脱出を手助けするため、これで砲撃した。

どちゃもん関連のアイテム[編集]

ビリビリの書
栃木どちゃもん・とちぼるたが書いた手紙。鬼を祭る満福寺におかれていた。
チョコトッピングうずまきせんべい
新潟どちゃもん・こめくるりんの怒りっぽい人格であるおせんべくるりんをもてなすために作成した、チョコレートがトッピングされた煎餅。おせんべくるりんには好評だった模様で、これを食べたおせんべくるりんは「おせんべいの大凧合戦」と言っていた。
まじないの銅鐸
島根どちゃもん・ずぶろんの蛇のパワーの源となる銅鐸。
いやしの銅鐸
島根どちゃもん・すぶろんの頭の蛇を鎮める銅鐸で、2164年に発見されたという。
金の扇子
京都どちゃもん・みやこんが攻撃技である「大文字ファイヤー」を繰り出す際の笛の楽譜が書かれた扇子。投扇興の都御流の家元の女性が所有しており、てれび戦士は譲ってもらうために彼女の一番弟子と投扇興で勝負をした。
最強の短冊
愛媛どちゃもん・みぽんひめが使うと最強の力を発揮できる短冊。Zー1レースのチャンピオンが所有しており、てれび戦士は譲ってもらうために雑巾掛け勝負をした。
どちゃ畳
熊本どちゃもん・どもっこすを呼び出すために必要な黒い星マークがついた八代市の畳投げ大会の優勝者である小林弘記が所有しており、てれび戦士は譲ってもらうために彼と畳投げで勝負をした。
究極の梅干し
空腹になった和歌山どちゃもん・もさくを回復させるためにてれび戦士が調達した梅干し。和歌山市の本誓寺に保管されていた。
LEOSO
どちゃもん界のファッション雑誌。宮城どちゃもん・ぎやみはこのLEOSOのカリスマモデルである。3期ではこの雑誌からぎやみが伊達政宗を尊敬していることが判明した。
桃べこ様
福島どちゃもん・さすらかすらの巣の中にある大きな桃色の赤べこ。さすらかすら曰く、ワープホールを制御する守り神。
静岡トラックのテープ
静岡どちゃもん・ぎゅたあくがオモイデ界を開く際に必要な曲が録音されたテープ。静岡のゆるキャラであるちゃっぴーが所有していた。
初恋焼き
田中卓志が広島どちゃもん・ぷうかに作ると約束していたお好み焼き。蜂蜜に漬けたハート型のレモンやすりおろしレモンが入ったトマトソースがトッピングされている。
スターリンゴ
青森どちゃもん・かざまのおどがよすがんを生成する際に必要な光を放つ林檎
りんご姫
青森どちゃもん・かざまのおどがよすがんを生成する際に必要な黄色の林檎。
キッチリンA
薬作りの達人である富山どちゃもん・ふぁましすが調合した薬で、清掃課のコンピューターウイルスに侵されて風邪を引いた第5やたがらす丸の治療に使われた。材料は空豆の干物、シイタケ鷹の爪カタクチイワシの煮干し、キクラゲ昆布シロエビの姿干し、黄金の(ホタルイカの)目玉。
焼き芋味のアイスキャンディー
埼玉どちゃもん・だんきちのテンションを上げるために製作したアイスキャンディー。糖度39の焼き芋でできたアイスキャンディーにふかし芋とチョコレートアイスがトッピングされている。
ドロゴンボール
愛知県の愛の結晶で、見た目は赤いハートがついた泥団子といった感じである。ハートの数が1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ、7つ付いた物の7種類があり、7つ全てを揃えると「神泥龍(シェンドロン)」という赤い龍神が現れ、どんな願いも1つだけ叶えてくれる。以前、清掃課に操られて暴走した岐阜どちゃもん・うぎろうの被害者となった愛知どちゃもん・ふぃろそふぃあは、その時の怒りからこれの力で異次元獣に改造されたうぎろうを消し去ろうとしたが、清掃課の乱入もあって最終的に叶えられた願いは「ふぃろそふぃあとうぎろうの思い出を出す」だった。そしてこれで現れたうぎろうからの贈り物の似顔絵を見たふぃろそふぃあは昔の友情を思い出し、彼を許すことを決意した。なお、ハートが4つのものはふいろそふぃあが初めから所有、1つ、2つ、3つのものはそれぞれ一宮市小牧市名古屋市の喫茶店にあり、7つのものはゆるキャラのオカザえもんが所有、5つ、6つのものはふいろそふぃあが後に自ら入手していた。
きずな卒業文集
岐阜どちゃもん・うぎろうの卒業文集。週刊誌に掲載された「うぎろうの黒い過去」とは違って、「この世を喜びと笑顔でいっぱいにしたい」と書いてあり、これによってうぎろうが実は優しい心の持ち主であったことが判明した。
ムツゴロウ羊羹
佐賀どちゃもん・ひがたろうがオモイデ界を開くために必要なムツゴロウの形をした羊羹。てれび戦士が唐津市の和菓子作りの名人の協力を得て作成した。
フクベタンA
栃木どちゃもん・とちぼるたをかばって清掃課の放水攻撃を受け、倒れてしまった後輩のがんぐろうを回復させるために使用。ふくべ(ユウガオの実)の成分を、栃木のグルメクイズやかんぴょうボウリングで活性化させる事で造り出された。
伝説のごま豆腐
和歌山どちゃもん・もさくがオモイデ界を開くために必要である金剛峯寺の胡麻豆腐。
よすがん鹿
奈良どちゃもん・きんしゃかがホルンを奏でることで召喚される白い鹿。これに葛餅を大量に食べさせることでよすがんが生成される。
雪の女王のイクラ
北海道どちゃもん・るるがオモイデ界を開くために必要なアイテムの一つで、雪の女王(演:バービー)が所有していた。
黄金のウニ
北海道どちゃもん・るるがオモイデ界を開くために必要なアイテムの一つで、小樽市のガラス工房にあった。
究極のサケ
北海道どちゃもん・るるがオモイデ界を開くために必要なアイテムの一つで、さかなクンが所有していた。
金のわんこ
岩手どちゃもん・わんこねるらがオモイデ界を開くために必要な黄金色のお椀
チョコレート投薬マシーン・とんぷく3号
宮城県川崎町のゆるキャラ・チョコえもんから借り受けた、バズーカ砲型の投薬マシーン。宮城どちゃもん・ぎやみの顔につけられた超次元VRゴーグルを外すため、これでぎやみの口にてれび戦士が製作した鮫型チョコレートを撃ち込んだ。
クロウサギの金のフン
黄金のどちゃだまを完成させるために必要な物で、奄美大島の「ウシノトリゴモリ」と呼ばれている巨大な滝の近くで発見された。

てれび戦士[編集]

今作でのてれび戦士とは、ITAISEN時空関係調整課にスカウトされた地球人の少年少女たちのことを指し、日本各地の最前線で時空関係調整活動を行う。各自に制服であるベストと第5やたがらす丸との通信機能や現在位置発信機能を持つバッジ、それに第5やたがらす丸倉庫内のロッカーと直結した専用の転送ロッカーを支給されており、自宅や学校の近くに隠されたこのロッカーを用いて第5やたがらす丸に出入りできる。なお、このロッカーを使用するには制服のベストを着用する必要がある。

※サウンドトラック『NHK Let's天才てれびくん サウンドトラック』(2017年5月17日、ポニーキャニオン)ブックレット掲載順にまとめている[1]

赤崎月香(あかさき つきか)
2014-2015年度。
齋藤茉日(さいとう まひる)
2014-2015年度。
辻村晃佑(つじむら こうすけ)
2014-2015年度。
瀧澤翼(たきざわ つばさ)
2014-2016年度。
飯島緋梨(いいじま あかり)
2014-2016年度。
小西憧弥(こにし とうや)
2014-2015年度。
林武尊(はやし たける)
2014-2016年度。
原田明莉(はらだ あかり)
2014-2016年度。
小澤竜心(おざわ りゅうしん)
2014-2016年度。
桐畑カレン(きりはた カレン)
2014-2016年度。
笹原尚季(ささはら なおき)
2014-2015年度。
杉本瑛(すぎもと あきら)
2014-2015年度。
黒川桃花(くろかわ ももか)
2016年度。
皆川寧々(みなかわ ねね)
2016年度。
稲垣芽生(いながき めい)
2016年度。
柿澤仁誠(かきざわ にま)
2016年度。
久保みのり(くぼ みのり)
2016年度。
胡内奏芽(こうち かなめ)
2016年度。
辻晴仁(つじ はると)
2016年度。

どちゃもん[編集]

異次元獣[編集]

2014年に異次元から突然現れた怪獣で、地球から異次元に投棄された廃棄物が捨てられた恨みや悲しみによって変化した物。様々な不可解な事件を巻き起こし地球を混乱に陥れ、滅亡へ導く恐るべき存在。凶暴性が高く地球の武器では倒すことはできず、倒すためにはどちゃもんの力が必要となる。2015年になって、超次元帝国清掃課地球係が大量のゴミを異次元に撒き散らすため害悪とみなした地球をお掃除(殲滅)するために、地球からの廃棄物をコアとして造り上げた物であることが判明した。さらに2016年度では、それまでに清掃課の手で回収されたどちゃもんを洗脳・記憶操作し暴走衝動を強めた上でコアとした新型の異次元獣も投入されている。3年間で計13体の異次元獣が投入されたが、異次元獣は全てITAISENとどちゃもんたちに撃破され、コアにされた物体やどちゃもんは皆解放された。これを受けて清掃課総監・ぱぺらぴ子は異次元獣戦13連敗となった地球係をクビにし、現時点で回収している4体のどちゃもんを全て合成した「キメラ異次元獣」の投入を計画したが、その後次元ホール消去作戦の成功を受けて計画を中止し、4体のどちゃもんは全て地球に返還された。

なお、元来は清掃課の清掃活動のために製作される物で、製作は清掃課技術センターの異次元獣係が行っている。この異次元獣係からは月刊で「異次元獣コアカタログ」というコア候補の廃棄物のカタログが発行されており、地球係を始め現地対策課はこのカタログから希望のコアを申請する。恨みや悲しみの念が深いコアを使うほど強力な異次元獣となるが、その分コストもかかるという。スプーン異次元獣の事件では、22世紀の地球は異次元獣によって穴ぼこだらけになり、わずかに生き残った地球人は地球を捨てて宇宙移住を始め、そのための限られた宇宙船のチケットを奪い合う争いが起きていた事が明らかになったが、その後21世紀で襲撃してきたスプーン異次元獣が倒された事で歴史が変わり、22世紀の地球も平和になったという。他にも、国語辞典異次元獣の事件では22世紀の地球のあらゆる場所に辞書の説明書きが出現したり、こまちまちこ異次元獣の事件では22世紀の地球が増殖するなまはげに支配される事が明らかになるなど、22世紀の地球がたびたび異次元獣によって危機に陥る描写があった。

超次元帝国清掃課[編集]

幾つもの次元世界の頂点に立つ巨大国家「超次元帝国」の組織の一つ。次元の秩序を守るためにあらゆる次元の“掃除”を行う超次元帝国の機関で超次元帝国のエリート集団であり(ただし地球係は落ちこぼれらしい)、帝国の子供たちみんなの憧れの的。最高責任者は「総監」と呼ばれている。22世紀の地球から大量の廃棄物が投棄された件により帝国は地球人を「ゴミを撒き散らかす迷惑千万な人種」とみなし、3名の清掃課地球係員に地球人を一人残らず抹殺する命令が下された。係員は地球からの廃棄物を異次元獣に改造して21世紀の地球に送り込んだが、22世紀に設立されたITAISENと21世紀の地球人たち、どちゃもんとの攻防戦の末に全て撃破される。この件を受けた係員は21世紀の地球にタイムワープし、最大の障害と見たどちゃもんの排除に乗り出す。ITAISENからは「超次元帝国の人」「トンガリ野郎」「お掃除トリオ」などと呼ばれるほか、大野課長からは毎回木曜生放送で「せいとんか」「へいそうか」などと名前を呼び間違われている[注 3]

超次元帝国の国民「超次元人」は、外見はほぼ地球人と同じだが、遺伝子は地球人とは異なっているらしい。また、手からは電撃などの超能力を放ったりもできる。飛永と大水はこまちまちこ異次元獣を用いた地球殲滅が失敗した後、天馬係長の決意を聞かされた事で自分たちも次元ホール消去作戦に協力する事を決意。ITAISENの中田開発主任と藤森助手に接触して第5やたがらす丸と超次元チリトラー808のエンジンを直結する作業を行うと共に、ぱぺらぴ子に対しては回収しているどちゃもんの返還を懇願した。

人物[編集]

地球係 係長 - 松永天馬(アーバンギャルド)
“地球のお掃除”を任務とする地球係の係長。中間管理職で権威に弱い。自分が大好きな自信家ではたきを使う掃除が好き。オカマっぽい口調で喋り、ヒステリックかつコミカルに部下を叱咤する姿がよく見られる。2016年度では、超超次元能力であかのやまから化粧まわしを盗み、ぷうか異次元獣戦では彼女の記憶操作に関わっていたことが判明している[注 4]。ある時、誤ってチリトラー808から転落した所を滝口ひかりの一家に助けられ、それがきっかけで彼女に淡い恋心を抱くようになる。そしてこまちまちこ異次元獣戦では、前日に奪った五郎さんの手紙をなまはげに取り返され、コアが分離した後の異次元獣のボディに自らダミーコアとなって融合し、懸命に戦うが結局は敗北。その後ぱぺらぴ子からの粛清通告を受けて「もう帝国には帰れない」と悟り、地球を第二の故郷とする事を決断。部下たちに別れを告げ、ITAISENの次元ホール消去作戦に協力する事を決意する。作戦成功後、てれび戦士の緊急記者会見が終わった後に会見会場の清掃員として登場し、てれび戦士と再会した。
地球係 メカ開発・整備担当 - 大水洋介ラバーガール
ぬめり取りが好き。地球係の母船・超次元チリトラー808の整備も行う。どちゃもんに化ける能力を持ち、三重どちゃもん・にんまるに化け、本物のにんまると同士討ち。また東京どちゃもん・もものうちに声が似ているのを利用して(上記の通りもものうちの声は大水が担当している)もものうちに化け、第5やたがらす丸に潜入して超蝶野ロボを盗み出したこともあった。
地球係 異次元獣・薬品製造担当 - 飛永翼(ラバーガール)
超次元アイドル「ぱぺらぴ子(下記参照、ただし彼女が上司である事は知らなかった)」のファン。超次元帝国に妻を残して単身赴任中。細かい所の掃除が好き。滋賀どちゃもん・よしばっばを捕獲した際は彼女に母親の面影を見て情が移り逃がしてやったり、同じぱぺらーである事を利用して山形どちゃもん・だまちゃだめの捕獲を試みた際はぱぺらーとして純粋に喜ぶ彼の姿に罪悪感を覚え、罠である事を教えて逃がしてやるなど、清掃課地球係の3人の中では優しい一面を見せることが多い。また大水ほどではないが、彼も少々ヌケているところがある。物語の終了時には超次元帝国に帰還したと思われるが、2017年4月24日放送の『わらたまドッカ〜ン』では、その回の挑戦者であるラバーガールが当番組に出演していた事について言及されていた。
超次元帝国清掃課 総監 - ぱぺらぴ子(声:浜崎容子(アーバンギャルド))
黄色いインコのような顔をした超次元帝国人で、超次元帝国清掃課の最高責任者にして超次元アイドル。彼女のファンは「ぱぺらー」と呼ばれており、またぱぺらぴ子自身は超次元帝国を代表するコンサートホール「超次元サンプラザ」でのライブなど幅広く活動しているらしい。彼女のナンバー「キスミーきれいみー」は聴いた者を超次元帝国に心酔させる洗脳ソングであり、清掃課はこれを地球人に聴かせる事で帝国の信奉者を増やしていた。他には自分のポスターを通じた瞬間移動、意思一つで自由に物体をお片づけ(消去)する、口から光の紐のような物を伸ばして相手を捕縛・拘束するなどの能力を持つ。おくとぱすみれ異次元獣戦では彼女の記憶操作に関わっている事も判明しており、「初舞台に立てなかったのは長谷川のせいであり、彼に復讐を果たせばあなたの悲劇は終わる」と吹き込んでいた。
基本的に己の目的を果たすためには冷酷非道だが、若干ツンデレの気もある。こまちまちこ異次元獣を用いた地球殲滅が失敗した後は地球係の3人をグレートスイトラーに回収させた上で、現在手元にあるどちゃもん4体を用いた「キメラ異次元獣」の投入を計画するが、地球係がITAISENと協力して地球からのゴミ投棄の要因である次元ホールの消去作戦を始めた事を知ると「それで地球を滅ぼさずにすむようになるのなら」と粛清通告を天馬係長への解雇通告に切り替えて地球係を後押しし、次元ホール消去作戦成功を条件に回収しているどちゃもんの返還を決断した。

関連アイテム[編集]

超次元チリトラー808(はちまるはち)
超次元帝国清掃課地球係が使用する超次元シップ。次元を超えてどこにでも瞬間移動できる。空間内を飛行する際の最高速度は333km/h。全長25m。黒い掃除機のような形状をしている。係員が滞在するコントロールルームは見かけも設備も貧弱で格安アパートの一室も同然。ゆえに第5やたがらす丸に通信をかける際は、大きな板に未来的な装備の数々を描いた偽装を背景に立てて内部をごまかしている。
コチリトラー
超次元チリトラー808の先端のノズル部分が分離した小型高速シップ。スティック型掃除機のような形状をしている。最高飛行速度はマッハ2.5。通常は2人乗りだが、強引に3人搭乗することも可能。全長約10m。ノズル部分で目的の物を吸入し、本体上部に設置された超次元ゴミ回収カプセルに収容できる。人型の戦闘用ロボット「コチリトラーロボ」にも変形可能(ロボ形態ではカプセルは腹部に位置する。またコチリトラー形態で腕だけ出すこともできる)で、これは掃除機ロボットの基本設計を流用しているため押すと弱体化する“弱スイッチ”がついているが、その位置は変えることができる。2016年度では全身に装甲が追加されパワーアップしている。
超次元ゴミ回収シップ・グレートスイトラー
超次元帝国清掃課回収係が運用する大型ゴミ回収船。巨大な円盤形で直径およそ3,000m。自動運転でさまざまな次元を定時運行し、超次元ゴミ回収カプセルを回収する。地球にやってくるのは毎週木曜日の午後6時52分[注 5]。底面に清掃課のシンボルである目のマークがあり、そこから出す回収ビームでカプセルを回収するシステムである。逆に回収したカプセルを出すことも可能。
超次元ゴミ回収カプセル
グレートスイトラーが自動認識して回収するゴミ箱。胴部分が半透明のゴミバケツのような形状をしている。グレートスイトラーはこのカプセル以外の物は回収することができない。
超次元マイアンテナ
清掃課メンバーがかぶっている黒くて長い一本角のついた帽子。清掃課を始め、超次元帝国の国民が成人した際に必ず与えられる物で、超次元帝国住民課と常時通信してあらゆる個人情報(健康状態・学歴・職歴・家柄・預金残高・公共料金の支払状況など)の管理を行えるほか、触れることで日時を把握する時計の役割も果たしているらしい。帝国内ではマイアンテナのペーパークラフトなどの玩具が子供たちの人気アイテムになっているという。なお、番組公式サイトではこのマイアンテナとゴミ回収カプセルのペーパークラフトを配信しており、ダウンロードして製作できるようになっているほかマイアンテナをかぶった状態の写真を募集していた。
超次元焼きまんじゅう
群馬どちゃもん・はにまじんを手なずけるために製作された焼きまんじゅうだが、飛永の調合ミスによって食べたはにまじんを巨大化させ暴走状態にしてしまう。
どちゃもん捕獲マシン・二郎さん
黒いオオサンショウウオの姿をしたロボットで、広島どちゃもん・ぷうかに近づき結婚の約束を交わす。第5やたがらす丸内での結婚式の最中に正体を現しぷうかを拉致するが、最後は彼女への愛に目覚め、ぷうかを助けるために回収カプセルを壊そうとしたが叶わず、ぷうかごとグレートスイトラーに回収されてしまう。その後ラジカセに改造されていた事が判明する。鳥取どちゃもん・うさきゅうの手でITAISENに持ち込まれ、異次元獣に改造されたぷうかを救うヒントをてれび戦士にもたらした。なお、その後は救出された妻のぷうかが所有している模様。
超次元とりもち
2015年度山梨編で第5やたがらす丸に化けた山梨どちゃもん・かげむしゃむしゃを墜落させるために使用された鳥黐。
ふなずし7s
清掃課地球係が売り出した通常の60倍の匂いがする鮒寿司。値段は6万9800円。
レインボーこんにゃく
清掃課地球係が赤こんにゃくを真似て作ったこんにゃく。赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7色がセットになっている。
超次元大仏
2015年度滋賀編で滋賀どちゃもん・よしばっばが巣から脱出するのを防ぐために使用した3体の大仏。
超次元電池
愛知どちゃもん・ふぃろそふぃあの巣に偶然置き忘れた巨大な橙色の乾電池。ITAISENに回収され、超蝶野ロボの強化(エネルギーゲインが5倍以上に増大した)に活用された。
超次元スコップ
2015年度茨城編で茨城どちゃもん・かっぱろけの巣に落とし穴を作るために使用したスコップ
超次元メガネクモリーナー
福井どちゃもん・ほやのんの大事な眼鏡を汚し、力を奪った。簡単には落とせないが、飛永曰く、24時間で効果が切れる。
超次元ポンコツラーメン
2015年度福岡編で福岡どちゃもん・ちゃっちゃくちゃらを捕獲するために使用した、近づいた相手にビームを撃って気絶させてしまうラーメン。
超次元きび団子
食べた者を洗脳し、角が生えた鬼に変えるきび団子。全ての現地調査アンドロイドを洗脳して全国のどちゃもんを一網打尽にする作戦のテストとして、まず岡山県で使用された。大悟14号がこれで鬼になり、岡山どちゃもん・ももふぇを拉致する騒ぎを起こし、さらに鬼軍団を率いて岡山全土を征服しようとした。
超次元茶釜やぼーん5000
近くにいる者の野望を増大させる薄紫色の茶釜で、大水が岐阜どちゃもん・うぎろうに貢ぎ物として贈った。これで天下統一の野望を増大させたうぎろうを利用してどちゃもんの同士討ちを誘う作戦だったが、うぎろうがその勢いに乗りすぎて超次元チリトラー808に攻め込み、一時占拠してしまう騒ぎに発展した。
超次元ノイズアンテナ
神奈川どちゃもん・ぷにょらの持つ黒たまごに仕掛けた、騒音を発する黒いアンテナ。これでぷにょらを騒音源にして神奈川県内にいられなくなった所を捕獲しようとした。
恨みガス
カメラ異次元獣を強化するため、日本中の捨てられたカメラを巨大な壺に集め、かき混ぜる事で抽出されたガス。てれび戦士はこれを中和するために思い出の詰まった写真1000枚を集め、ハート形のフォトモザイクを作って“愛のメモリーガス”を造り出し、第5やたがらす丸から散布した。
超次元あまあま汁
熊本どちゃもん・どもっこすを赤ちゃん返りさせてしまった桃色の液体。どもっこすを元に戻すため、てれび戦士は「気合の入った辛子蓮根」を製作した。
超次元ドライヤー
超次元チリトラー808の先端のノズルから熱風を噴射し、はにまじんを乾燥させて小さな埴輪に変えた。これを元に戻すため、てれび戦士はハンドベルで群馬のご当地ソング「いい湯だな」を演奏した。
ハイヒールリンゴ
2016年度青森編で使用した、ハイヒールが乗った紫色の林檎。これを食べた超蝶野ロボは動けなくなってしまい、青森どちゃもん・かざまのおどは金魚Rと協力してバッテリーを回復させる虫を集めることになった。
超次元ウォーターガン
ダンボール箱の体を持つ埼玉どちゃもん・だんきちを狙撃するために製作された水鉄砲。これで濡らされて弱ってしまっただんきちを救うため、てれび戦士は防水ダンボールで新しい体を製作した。
超次元炎上エネルギー変換装置炎ジョイ1号
うぎろう異次元獣のエネルギーとなる「炎上エネルギー」を生み出す装置。清掃課は雑誌やSNSで「うぎろうの黒い過去」と称する捏造情報を流して世間や他のどちゃもんたちのうぎろうに対する敵意を煽り、この装置で炎上エネルギーに変換し、うぎろう異次元獣侵入前日に6兆5535億溜まったことが判明している。
偽オモイデ様
2016年佐賀編でオモイデ様になりすまして佐賀どちゃもん・ひがたろうの心を傷つける際に使用。本物との違いは頭部に清掃課のものと同じ突起がついていること。2016年栃木編にも登場した。
電気吸い取り剤入り、電気吸い取り剤入り干瓢巻き、電気吸い取り剤入り餃子
2016年度栃木編で前述の偽オモイデ様と共に使用。見た目は何の変哲も無い苺、干瓢巻き、餃子であるが、実は電気吸い取り剤が仕込まれており、これを食べた超蝶野ロボと金魚Rはバッテリーが減少し、栃木どちゃもん・とちぼるたも雷エネルギーが消滅してしまった。
超次元お笑い封じマシーンワラエナイザーEX
超次元チリトラー808の先端のノズル部分に取りつけて使う円盤形のアタッチメント。緑色の煙のようなオーラを放ち、大阪どちゃもん・はまじゅんを含めた大阪中の人々から笑いを奪った。てれび戦士はこれを中和するために大阪の粉物に使用される小麦粉「ナニワコナモニウム」を第5やたがらす丸から散布し、これによってワラエナイザーは爆発して地球係の3人は粉まみれになってしまった。
超次元イケメンスプレー
大水が通販で購入した、使うとイケメンになれるスプレー。副作用の懸念があった事から実験として和歌山どちゃもん・もさくの巣の前に置かれ、これを使ったもさくは緑の服の青年(演:鳥羽潤)に変身した。
超次元鹿
2016年度奈良編で奈良どちゃもん・きんしゃかが召喚したよすがん鹿に葛餅を食べさせられないようにするために使用した白い鹿。しかしよすがん鹿が冬毛なのに対して超次元鹿は夏毛だったため、奈良県山添村のゆるキャラのてんまるに見破られた。
こまちまちこの異次元獣取扱いマニュアル
チリトラー808に潜入した北海道どちゃもん・るるが、こまちまちこを解放する方法を探すために盗み見ようとしたマニュアル。見始めた所でぱぺらぴ子が現れてお片付けした。
超次元乾燥わかめ
超次元帝国産の乾燥ワカメ。天馬係長が、自分を助けてくれた滝口ひかりの家にお礼としてこれを届けようとしたが、そこに三陸ワカメを探しに行っていた一家の父親(演:げんしじん)が帰宅したため、こっそり家の郵便受けに入れていった。
超次元VRこまちまちこ
宮城どちゃもん・ぎやみの顔に取りつけた、秋田どちゃもん・こまちまちこの映像を映すVRゴーグル。触ると電撃が走るため普通の方法では外せない。
超次元こけし
2016年度宮城編でぎやみがよすがん生成に必要な牡蠣を食べられないようにするために使用した、超次清掃課地球係員の姿を模したこけし。数字の1、2、3、4、5が書かれたものの5種類があり、このうち5と書かれたものだけが非常に大きい。
偽こまちまちこ
北海道どちゃもん・るるを騙すために使用したこまちまちこのホログラム。1回目は騙すことに成功したが、2回目はるるを騙すことはできなかった。
超次元虫除けスプレー
超次元チリトラー808の周囲に強力なバリアを張り、あらゆる物の侵入を防ぐスプレー。マタギの五郎の手紙を取り返そうとしたるるに対して使用。
超次元トランジスター
次元ホール消去作戦において、チリトラー808と第5やたがらす丸のエンジンを直結するために用意された装置。

リポーター[編集]

「週刊ニュース深追い」のキャスター。異次元獣の被害状況をリポートしているが、自身が異次元獣の被害に遭うことも少なくない。

その他関係者[編集]

久保田雅人
セロハンテープ異次元獣のコアとなったセロハンテープの持ち主。以前姪のために作ったセロハンテープのネックレスを受け取ってもらえなかったために八つ当たりしてセロハンテープを捨ててしまい、これがセロハンテープ異次元獣の誕生に繋がってしまった。異次元獣戦には助っ人として登場。異次元獣に新聞紙のけん玉を見せ、勝利に貢献した。2016年度にもリサイクルの方法を教えてくれるゲストとして登場している。
田中卓志アンガールズ
ぷうかの親友。2014年度ではぷうかが働くお好み焼き屋の客として登場した。2015年度ではぷうかと二郎さんが結婚することをてれび戦士に明かしたほか、結婚祝いのビデオメッセージを送っている。2016年度ではぷうかに初恋の味のお好み焼きを作る約束をしたことを明かし、マネージャーの制止を振り切って異次元獣戦に協力。初恋焼きを見せてぷうかの救出に大きく貢献したほか、ぷうかに広島東洋カープセ・リーグ1位である吉報を伝えた。
天童よしみ
口紅異次元獣のコアとなった口紅の持ち主。ファンから貰った口紅を大切にしていたが、一度も使わないままいつのまにか紛失してしまい、これが口紅異次元の誕生に繋がってしまった。てれび戦士に真相を明かした後、口紅異次元獣の暴走阻止を託した。
坂田利夫
スプーン異次元獣のコアとなったスプーンを製造していた会社の社長で杉本の幼馴染。売り上げが伸びず大借金をしたため、自暴自棄になって大量のスプーンを捨ててしまい、このうちの一つが異次元獣になってしまうことになった。異次元獣戦前日に異次元獣の体内に閉じ込められてしまうが、異次元獣のコアが剥き出しになったことで救出された。
サンキュータツオ
路上で自ら製作した国語辞典を売り歩いていた男性。虎南と瓜二つの妻イヨと、カレンに瓜二つの一人娘エミがいるが、2人とも10年前に他界している。国語辞典に人々が見向きもしないことを悲しんでいたがために国語辞典異次元獣に憑依されてしまうが、辻村と笹原によって事なきを得る。実は彼が売っていた国語辞典は「愛」の項目の説明文が抜けている未完成の国語辞典で、家族を失い、愛の意味を見出せなかったために書けなかったと話す。しかし虎南とカレンの励ましにより国語辞典を完成させて売り出すことを決意し、同時に国語辞典異次元獣が愛に飢えていることを伝えた。
茂田才来(演:ウネバサミ一輝
バイクの事を「単車」と書いてマシンと読んでいるライダー。最初は彼女を乗せてツーリングに出かける最中にくまのぬいぐるみ異次元獣の影響でバイクが玩具サイズに縮められ、おまけに彼女にも振られてしまった。他にも2015年度福岡編ではラーメン屋台異次元獣の影響でヘルメットが提灯と化してしまい、カメラ異次元獣決戦編では金縛り状態になり、2016年度和歌山編ではひったくりに遭った後、おくとぱすみれ異次元獣の影響で突然起き上がってミュージカルを始めてしまうなど度々異次元獣の被害に逢う。
竹内力
熊のぬいぐるみの異次元獣のコアとなったテディベアの持ち主。本人によると5歳の時のクリスマスプレゼントに熊のぬいぐるみを貰い、「ピーちゃん」という名前をつけて大切にしていたが、中学生時代、学校に持ち込んだことがばれて捨ててしまい、これが異次元獣誕生に繋がってしまった。異次元獣戦にはサンタクロースの姿で登場し、ロックポイントのキーワードから「赤鼻のトナカイ」を歌えばよいことを思いつき、勝利に大きく貢献した。
野村靖(演:大野拓郎)
I.M.Oを食べてしまったために現代へとワープしてきた侍。ふくぺらぶうを態と怒らせて膨らませることでコチリトラーに吸い込まれるのを防ぐというキレっぷりを見せた。その一方で心が荒んでいた大野課長を慰めて立ち直らせる心優しい一面も持っている。
スギちゃん
靴下異次元獣のコアとなった靴下の持ち主。本人によると嘗て芸の練習に使っていた靴下のうち右半分だけを捨ててしまい、これが異次元獣誕生に繋がってしまった。異次元獣戦では清掃課に捕まってしまうが、異次元獣に靴下を吐き出させて弱体化のきっかけを作ったり、ロックポイントの解除方法を大水に吐かせてそれを筒抜けにするなど、勝利に大きく貢献した。
原口あきまさ
ラーメン屋台異次元獣のコアとなった屋台の持ち主。もともとこの屋台は彼の父のもので、それを粗大ゴミとして捨てたことが異次元獣誕生に繋がってしまった。異次元獣戦では大水がうっかり喋ってしまった余計な一言から父の夢を思い出し、勝利に貢献した。
狩野英孝
カメラ異次元獣のコアとなったフィルムカメラの持ち主。もともとこのカメラは彼の祖父のもので、重くて使いにくいという理由で捨ててしまったことが異次元獣誕生に繋がってしまった。異次元獣戦では清掃課に捕まってしまい、味方の振りをした上で「ずんだ餅を買いに行く」と称して脱出を試みるも失敗。最終的にさすらかすらの喜多方ラーメンで気を引く作戦により脱出に成功し、異次元獣に祖父の自撮り写真を見せ、勝利に貢献した。
小沢一敬スピードワゴン
かつてうぎろうと「鵜頂天」というコンビを組んでいた芸人。自らコンビを解消したためにうぎろうが暴走したという自責の念に駆られており、どちゃどちゃ会議には通信で参加してうぎろうの救出を訴えた。異次元獣戦では清掃課に捕まってしまうが、通信越しに「愛は憎しみを消す」と告げて異次元獣弱体化のヒントを教えた後、記憶のかけらのキーワード「てんかとろうぜ」を見て、合言葉であることを思い出してその苦労話を語り、清掃課を泣かせてその隙に脱出しITAISEN一行に合流。うぎろうの解放と勝利に貢献した。
長谷川俊輔クマムシ
芸能事務所「クマムシエンターテイメント」の社長。おくとぱすみれにスカウトを拒否されたため彼女の活動を妨害していたが、実は内心ではおくとぱすみれの歌声を気に入っており、「ファン1号」を名乗って文通をしていた。異次元獣戦にも協力し、おくとぱすみれの解放に大きく貢献した。
滝口ひかり
家の玄関を掃除していた時、たまたま落ちてきた天馬係長と出会った女性。
五郎(演:阿部薫
こまちまちこの恋人だったマタギ。畑の作物を横取りしたり、嘘をついて回っていたことから「ほらふき五郎」と呼ばれていた。しかしこまちまちこに対する好意は本物でそれを手紙に書き残しており、この手紙がこまちまちこの救出のキーアイテムとなった。

週刊ニュース深追い[編集]

週刊ニュース深読み」のパロディ。異次元獣の被害を放送するニュース番組。キャスターは茂木淳一と森田まりこ。

タイトル リポーター 放送日
1 ※セロハンテープで大量のレシートが貼り付けられる 茂木淳一 2014年3月31日
2 春の怪現象 全国で多発 麺がセロハンテープに 森田まりこ 04月07日
3 またも怪事件 セロハンテープが!? 茂木淳一 04月14日
4 ※コンビニエンスストアの被害
※セロハンテープで連れ去られた車
04月28日
5 ※口紅がうまく塗れない 森田まりこ 05月06日
6 謎の口紅事件から1週間 街の様子を緊急リポート! 茂木淳一 05月12日
7 口裂けメークが大ブーム! 森田まりこ 05月19日
8 口裂けメークブーム終了! 06月02日
9 “キスマーク”で夫婦げんか多発 茂木淳一 06月10日
10 街中にキスマーク出現 混乱の現場をリポート 06月23日
11 ※高校のグラウンドに穴が開く[注 6] 森田まりこ 07月01日
14 ロボットが暴走!?大阪の町が穴だらけ 茂木淳一 09月01日
18 異次元獣の謎に迫る 10月09日
19 レストランの食事 すべてアイウエオ順に出される 10月14日
20 国語辞典の異次元獣被害広がる! 森田まりこ 10月20日
21 ことばの意味を説明しすぎる事件 広がる 茂木淳一 10月27日
22 慣用句が現実に?被害広がる[注 7] 11月10日
23 国語辞典の怪事件 ふたたび! 森田まりこ 11月17日
24 洋服がおもちゃの人形サイズに!? 11月24日
25 またも怪事件!乗り物がおもちゃに 茂木淳一 12月09日
26 全国のおもちゃにナゾの文字出現 森田まりこ 12月16日
27 おもちゃ革命党が緊急記者会見 茂木淳一 12月22日
28 異次元獣との戦いを振り返り
今後の異次元獣対策を考える
2015年1月15日
29 あなたの街のフシギ探訪 01月19日
30 またも怪事件 カスタネットがオフィスに! 02月03日
43 名古屋城 金のしゃちほこがくつ下に 06月15日
44 くつ下に異変 転ぶ人が続出 森田まりこ 06月30日
53 愛媛のみかん農家に大打撃 10月19日
55 めしドキ♡おじゃまし隊 茂木淳一 11月10日
56 またも怪事件!丸いものがちょうちんに! 森田まりこ 11月16日
57 乗用車がリヤカーに?交番のランプがちょうちんに?川の水がとんこつスープに? 茂木淳一 11月25日
58 “天馬係長”すべての写真に写り込む 2016年2月1日
59 被害拡大!写真の顔が“天馬係長”に 森田まりこ 2月9日
60 カメラによる怪現象!モノがとまる 茂木淳一 2月15日
61 またもや怪事件!写真を撮ると人が止まる 2月22日
62 異次元獣の影響?写真撮影で動物や電車が止まる 2月24日
63 全国でスイーツがソース味に 5月9日
64 全国で円形ものの上に“キャベツ” 5月16日
65 またもや怪事件!剣道の竹刀が…!? 5月23日
66 異次元獣の影響か!?ひっくり返り事件多発 森田まりこ 5月30日
67 ナゾのちょんまげ虫 大発生 芝木淳一 6月22日
68 まりこのトレンドなう(頭にちょんまげがつく) 森田まりこ 6月27日
69 スポーツ施設で怪現象つづく 茂木淳一 7月4日
70 特集 人気急上昇!正体不明のアイドル 7月6日
71 めしドキ♡おじゃまし隊(犬とご主人の立場が逆転する) 9月12日
72 下剋上で人とモノの立場が逆転! 森田まりこ 9月21日
73 徹底検証!うぎろうの黒い過去!! 茂木淳一 9月26日
74 異次元獣の影響か 各地で争いあいつぐ 9月27日
75 超次元帝国のファン急増&ぱぺらぴ子ちゃんファンの行動エスカレート 10月24日
76 笑いの通じない大阪人が急増!? 森田まりこ 11月8日
77 緊急リポート!魚屋で信じられないできごとが!! 茂木淳一 11月14日
78 バッグをひったくられる さらに怪現象が!? 11月22日
79 異次元獣の影響か?人々が悲劇のヒロイン化 12月5日
80 異次元獣の影響か?人生に絶望する人々が続出! 森田まりこ 12月12日
81 異次元獣の影響?またもや怪奇現象発生 全国できりたんぽ列車大量発生! 茂木淳一 2017年1月16日
82 めしドキ♡おじゃまし隊(女性の顔が白塗りになる) 2月6日
83 異次元獣の影響か!?新たな怪現象発生!両親がなまはげに変身? 2月14日

特別編など[編集]

どちゃもん研究会 DRS[編集]

2014年度
タイトル てれび戦士 どちゃもんゲスト 放送日
どちゃもんのカラダ大研究 赤崎月香、桐畑カレン、小西憧弥、笹原尚季、杉本瑛 かさぽんたす(徳島) 2014年10月06日
どちゃもんのパワー大研究 齋藤茉日、笹原尚季、瀧澤翼、林武尊、原田明莉 かざまのおど(青森) 10月07日
どちゃもん性格診断テスト
茶の間戦士のお悩みどちゃもんが解決
茶の間戦士からぷうかへの質問
赤崎月香、飯島緋梨、小西憧弥、杉本瑛、辻村晃佑 とちぼるた(栃木)、ぷうか(広島) 10月08日
2015年度
タイトル てれび戦士 どちゃもんゲスト 放送日
どちゃもんの名言を研究、どちゃもん性格診断 飯島緋梨、小澤竜心、桐畑カレン、小西憧弥、辻村晃佑、原田明莉 2015年07月14日
どちゃもんのカラダを研究、どちゃもんに直撃取材 ぴぱざえもん(長崎)、くろはやとん(鹿児島) 07月15日

どちゃもん目撃情報[編集]

どちゃもん研究会の中で、この時点で未登場だったどちゃもんの目撃情報を、視聴者から投稿された絵という形で大野課長の描いた絵も交えて紹介した。

どちゃもんへのお悩み相談[編集]

どちゃもん診断テストと併せて行われたコーナー。視聴者から寄せられた悩み事にゲストのとちぼるたとぷうかが回答したほか、他のどちゃもんからの回答も紹介された。

  • 放送日:2014年10月8日
  • 司会:大野拓朗、虎南有香
  • どちゃもんゲスト:とちぼるた(栃木)、ぷうか(広島)

47都道府県全制覇記念・どちゃ王決定戦[編集]

大野課長の判断で開催された、てれび戦士のどちゃもんに関する知識を競う大会。19日は「どちゃもんカラダのひみつ」、20日は「どちゃもん特技のひみつ」としてどちゃもんをゲストに招いての予習会が行われ、21日にてれび戦士全員参加の○×クイズや声当てクイズ(勝ち残り式)でどちゃもんに関する知識を競った。

  • 場所:第5やたがらす丸 ブリーフィングルーム
  • 司会:オリエンタルラジオ
  • 放送日:2016年12月19日 - 12月21日
  • 参加てれび戦士
    • 19日:林武尊、原田明莉、桐畑カレン、皆川寧々、久保みのり、辻晴仁
    • 20日:瀧澤翼、小澤竜心、胡内奏芽、柿澤仁誠、飯島緋梨、稲垣芽生、黒川桃花
  • どちゃもんゲスト:うめたろう(高知)、もさく(和歌山)

世界ねんどちゃもん遺産[編集]

「ニャンちゅうワールド放送局」からのスピンオフコーナー。おねんどお姉さんこと岡田ひとみが、紙粘土でどちゃもんのフィギュア(19日はかさぽんたす、20日はほやのん)を製作した。

茂木淳一のもぎたてワイド[編集]

リポーターの茂木淳一がMCを担当する情報番組。2015年度では、麿長官がこの番組に清掃課がゲスト出演するよう陰で糸を引き、ITAISENメンバーは視聴者として質問コーナーで清掃課の情報を聞き出した。2016年度ではITAISENメンバーがゲストとして第5やたがらす丸からの中継で出演し、これまでの異次元獣との戦いやオモイデ界などについて紹介した。また、飛永が番組内で紹介されたぱぺらぴ子のファンの一人として、本人役でも出演している(清掃課の飛永とは別人という設定)。もぎ訓練が行われた。

  • 放送日:2015年7月16日、2016年7月14日
  • 司会:茂木淳一
  • ゲスト(2015年度):超次元帝国清掃課(松永天馬、大水洋介、飛永翼)
  • 第5やたがらす丸:大野拓朗、虎南有香、飯島緋梨、小澤竜心、辻村晃佑、原田明莉

第66回紅白フタ合戦[編集]

NHK紅白歌合戦のジャックを目論む清掃課を欺くためにITAISENが仕組んだ偽番組。固く締まったジャムの瓶の蓋を開ける競技でITAISENと清掃課が対戦した。

  • 放送日:2015年12月30日
  • 司会:森田まりこ
  • ゲスト:超次元帝国清掃課(松永天馬、大水洋介、飛永翼)
  • ITAISEN:大野拓朗、虎南有香、てれび戦士、蝶野正洋

天才てれびくんYOU[編集]

あらすじ[編集]

2017年度[編集]

シーズン1
シーズン2
シーズン3
シーズン4

2018年度[編集]

シーズン1
シーズン2
シーズン3
シーズン4

2019年度[編集]

シーズン1
シーズン2

用語解説[編集]

守守団[編集]

古くからもじもんと共に生きてきた「もじ守」の子孫と、その仲間たちによる秘密組織。本部は団長が経営している「立花書道教室」の地下に存在し、建物正面に置かれた自動販売機が秘密の出入り口になっている。スローガンは「友情、勇気、遊び心、そしてWith With YOU!」。

第50週ではマニマニランドCEOシイ飯尾によって本部を買収され、立ち退きを余儀なくされたため、第51週では高橋メアリーの家を借りて「仮本部」を設営していた。

人物[編集]
団長 - 立花裕大(夢の中:さかなクン)
25→26→27歳。48代目のもじ守で、祖父から守守団を受け継ぎ団長に就任。普段は「立花書道教室」で新米先生をしている書道家でもあるが、実は文字を書くのが下手でみんなには内緒にしていた。
もじもんに対しては常に真摯に接する一方、もじ魔獣やもじ化け、洗脳の影響を受けやすいなどメンタル的には未熟といった欠点もあるが、土壇場で解決策を思いつくなど勝負強い面も見られる。また、書道教室の経営はあまりうまくいってないにも関わらず、小島主任が様々なメカを開発するなど予算に心痛めることも多い。
また、通常週のミッションロケでもタコ釣りやフラフープ、山ご飯作り、手押し車、カバディのミッションに参加したりするなど自らミッションに挑戦することも多い。
幼少の頃から「父(勇)は亡くなった」と聞かされており、時の砂時計を使って22年前に行った際には父親が石にされる瞬間を目撃しショックを受け1人で抱え込むなど父に対しては人一倍思いが強い中、「禍禍団のドクター」となった父と対峙。激闘の末、勇を正気に戻す事に成功する。
開発主任 - 小島梨里杏(幼少期:川瀬翠子)
天才的な発明家で、立花団長の幼馴染。24→25→26歳。もじもんを発見するためのアイテムや、敵と戦うための装備を開発する。幼少期から立花団長が壊してしまったポケベルを修理するなどり腕は確かだが、失敗してしまうケースも多い。真面目で研究熱心であり、様々な装置を短時間で開発する一方、予算に糸目を付けないため常に守守団は困窮状態である。
普段は立花団長に対するツッコミ役も兼ねているが、なんだかんだ仲は良好。立花団長ほどではないものの、もじ魔獣やもじ化けによる影響も少なからず受ける事がある。
西川貴教の大ファンであり、「マーヴェラス西川」のモデルの他、過労の時でも西川貴教のライブDVDを注文しただけで元気を取り戻している。
立花遊蔵 - 笹野高史
46代目のもじ守。立花団長の祖父で守守団の先代団長。70→71歳。蛸の飾りがついた丸眼鏡をかけており、筆のような弓矢(離れた人にメッセージを伝える役割)を持っている。
根は朗らかで、もじもんに詳しく、もじもんの知り合いも多い。解決策を授けたり、心が挫けそうになる立花団長に立ち直らせる言葉を与えるなど、祖父として、先代もじ守として立花団長を優しく見守る。一方、小島主任をアイドルに仕立て上げ金儲けをしたり、大事な決戦でダミーアイテムのコインチョコを流したうえ食べようとするなどどこか抜けている面もある。
禍禍団の事件解決後は改めて一線を離れ悠々と生活していたが偶然タコ(後述のたこプー)を釣って本部に渡した事が新たな事件の引き金となる。
マーヴェラス西川 - 西川貴教
小島主任によって開発された、西川貴教そっくりの姿の茶の間戦士トレーニングロボット。キレキレの歌とパフォーマンスで「トレーニングライブ」を行い、茶の間戦士を訓練する。走力は100mを2.58秒で走る俊足の持ち主。胸の守守団マークからは皆をハッピーにするマーヴェラスキャノンを発射するが、何が起こるかは本人にもわからないらしい。彼のマイクはバッテリーを授けるのに使うほか、ティッシュペーパーがしっとりする機能もある。第20週ではぐりんきゅあらを癒すため急遽助っ人として参戦、11月8日放送回では故障で白煙を吹いたため急遽小島主任からメンテナンスを受けていた。トレーニングが好きで、にくそんとはライバル関係。第51週ではシイ飯尾に本部を買収されたため、倉庫でトレーニングを行うことになった。
ノブ研究員 - ノブ千鳥
岡山・桃太郎大学出身。もじもんの歴史に詳しく、昔の書物を読むのが得意。趣味は、「クセの強い人」を観察すること。本部内での活動が中心だが、回によっては『Let's』のアンドロイドのようにロケに参加することがある。
大悟研究員 - 大悟(千鳥
ノブ研究員とは岡山・桃太郎大学からの付き合い。もじもんの生態、能力に詳しい。寝坊が多いのが玉にキズ。
立花勇 - 堀部圭亮(魔女形態時:東理紗)
立花団長の父。当初本名は不明だったが、2018年度公式サイトでフルネームが判明した[2]。享年26→48→49歳。
生真面目な性格でであり、遊蔵と稽古をするなどもじ守の活動に熱心な一方、生真面目が行き過ぎて無茶な発言をしてしまう事も多い。また、目的に忠実であり、そのためには自分の命を投げ出す覚悟もある。嫌いな食べ物はニンジン。
立花団長が22年前にタイムスリップした際に、「力」のもじもん・どみねすとろんぐの攻撃で石化される。その後手紙によって禍禍団に捕らわれている形で存命していることが判明。立花団長と再会を果たし守守団に匿ってもらうが、実際はウサギを化けさせた偽物であり、団長のもじ守の筆を曲げて使えなくするために禍禍団が仕組んだ罠だったことが判明する。
禍禍団では「ドクター」として親玉を担っていたが、まにーごーるどのもじ魔獣戦後、作戦本部の通信に割り込み正体を明かし、立花団長との親子対決であることを明かす。だが、実際はもじ魔獣となったまでぃえすに憑依されていることが発覚。一旦はまでぃえすが分離しアジトから出ようとするも守守団を裏切る形で再び離脱。実際は「人ともじもん達を繋ぐ架け橋」になるためあえて禍禍団の軍門に下っていたことが判明。さらに、までぃえすに操られており、「真の悪」と呼ばれる何者かに飲み込まれかかっていることが発覚する。
までぃえすのもじ魔獣戦では立花団長率いる守守団と茶の間戦士を苦しめ、最後は立花団長に接近してもじ守の筆の発動を防ごうとするが、までぃえすのもじ魔獣が浄化されたことにより洗脳が解け、本当の再会を果たした。
その後は守守団及び立花団長とは少し距離を置きつつも別行動を取っており、もじ魔獣対策の情報を与えたり、体を張っててれび戦士を守るなどサポートしている。
立花裕之心 - (演:立花裕大)
立花家の38代目のもじ守。かつて力封じの筆を使ってどみねすとろんぐを封じている。
タコプー - (声:雨宮天)
遊蔵が釣り上げたタコ。飼うために選んだ大悟研究員が飼い主になっている。もじ化け発生後、突然モジゲン空間に行くよう指示を出したり、後述のタコイカダの設計図を残すように伝えるなどもじ守の筆同様謎の面が多い。また月曜ラストコーナー『ちょうどいい漢字』では毎回その週のメインとなったもじもん達と共に漢字の由来を教える解説役を務めている。

装備・アイテム[編集]

もじ守の筆
立花団長が所持している巨大な筆でもじ守の一族だけが扱える。柄の先端にもじもんが持つ「通汁の珠」をセットし、「×」「○」の順に描いてモジゲン空間の入り口を開くカギとなるほか、もじもんの召還や言霊に力を送ってのもじ魔獣の浄化などができる。
もじ守の小筆
守守ゴーグルと同じく魔獣との決戦に使うアイテム。もじ守の筆を基に一般人にも使えるようダウンサイジングした片手サイズの筆で、決戦で呼んだもじもんを再度召喚して戦わせることができる、茶の間戦士から送られた回復アイテムでもじもんを回復させるなどの機能がある。また、通信機も兼ねており本部に映像ごと通信ができる。
守守ゴーグル
もじ魔獣との決戦に使うVRゴーグル型の装備で、現場に出動したてれび戦士がもじ守の小筆と共に使用する。
コトバパット
2017年度のもじ魔獣戦で、もじ魔獣にされたもじもんの浄化の鍵となる「大事な言葉」を捜索するのに使うタブレット型の装置。捜索現場の光景を映した1分間の「コトバレーダータイム」の間に茶の間戦士が大まかに割り出した現場の物品に、現場のてれび戦士がこれをかざすと物品に篭もった言葉を音声で聞くことができ、そこからもじもんが大切にしている言葉を探し出す。
海鮮隊
モジゲン空間探索用のメカ。たこ8号、かつお号、かに号、くらげ号の4種類で構成されており、木曜日の生放送ミッションで登場する。たこ8号はてれび戦士が守守団本部から遠隔操作するタコ型のロボット。かに号・くらげ号・かつお号はテレビのリモコンを使って遠隔操作する茶の間戦士専用のロボットで、週ごとにランダムで選ばれる。モジゲン空間の探索のほか、もじ魔獣戦ではリモコンの操作によって言霊を強化する「力玉」を生成し、現場に送信する役割も担う。
ミニ8号
ぐれんちのもじ魔獣戦で初投入されたたこ8号の小型版。ラジコン操作で動きもじ魔獣の心の中に入ることが出来る。また、「心の壁」の破壊にも使われる。
タコイカダ
2019年度の生放送で初登場したモジゲン空間移動船。たこプーが残した設計図を元に小島主任が開発した。守守団本部の地下倉庫にあり、本体に守守団メンバー、後ろの輸送エリアにもじ化けしたもじもんを乗せて移動する。
通汁
モジゲン空間の入り口を開くために必要な物。緑色の液体が入った珠の形をしており、各週で守守団を認めて一同を試すべくもじもんから与えられる。また、バケピタンの材料が入った箱を開ける際にも使われる。
信汁
もじもんとの信頼の証である虹色の液体。2017年・2018年度の生放送ではこれを制限時間までに100%集めればもじもんを仲間にすることができる。
封汁
もじ魔獣に変異したどみねすとろんぐを封じるのに必要な赤い液体。
バケピタン
もじ化けしたもじもんを元に戻すのに必要なエネルギー。もじもんごとにそのもじもんと関係のある異なる材料から作られる。

調査員[編集]

毎回てれび戦士をサポートするメンバー。書道教室のOBたちで構成され、毎回ポケットが多くついた赤いベストと道着風のズボンを着用している。てれび戦士からは段位または級位で呼ばれる。2018年度には向井3段と菅3級の2人が新しく調査員メンバーに加入した。2019年度で後藤3段と福徳3段が抜け、代わって田渕6級が加入した。

コカド8段 - コカドケンタロウ(ロッチ
第4週から登場。調査員の中では小島4級に次いで登場回数が多い。
佐藤7段 - 佐藤哲夫(パンクブーブー
一番最初に登場した調査員で、初登場時には月謝を滞納していることが判明した。
黒瀬6段 - 黒瀬純(パンクブーブー)
第3週から登場。
後藤3段 - 後藤淳平(ジャルジャル
第5週で初登場し、2018年度まで登場。
向井3段 - 向井慧パンサー
第36週から登場。
福徳3段 - 福徳秀介(ジャルジャル)
第6週で初登場し、2018年度まで登場。
小島4級 - 小島よしお
第2週から登場。全調査員の中で最も登場回数が多い。調査員の中では意外に物知りであり、小島主任とも相性が良く、調査依頼されることもある。
菅3級 - 菅良太郎(パンサー)
第43週から登場。
田渕6級 - 田渕章裕 (インディアンス
第57週から登場。木曜生放送のレポーターとしても登場する。

てれび戦士[編集]

今作でのてれび戦士とは、もじ魔獣に対抗するために守守団からにスカウトされた地球人の少年少女たちの事で、「Let's」同様各地で調整活動を行う。各てれび戦士は制服であるベストやジャケットを着用しているが、私服姿をみせることもある。なお、2018年度の新人メンバーは「なまえんじぇるのもじ魔獣戦」の直後、現れたドクターからの宣戦布告VTRの直後、団長からのメッセージを受けて新たにスカウトされたメンバーになっている。第37週ではぐれんちのもじ魔獣の影響で男子が「男子トイレのトイレットペーパーを2枚重ねにしろ」と暴動を起こすが、最終的に立花団長が持ってきた2枚重ねのトイレットペーパーで事態は解決した。第63週では友のもじもん・とぅーもんがゴリ押しで人間に姿を変えて御法川マサオと名乗り、一時的に加入することになった。

原田明莉(はらだ あかり)
2017年度。
小澤竜心(おざわ りゅうしん)
2017-2018年度。
黒川桃花(くろかわ ももか)
2017年度。
向鈴鳥(むかい すずと)
2017-2018年度。
皆川寧々(みなかわ ねね)
2017-2018年度。
久住健斗(くすみ けんと)
2017-2019年度。
玉城美海(たまき みう)
2017-2019年度。
稲垣芽生(いながき めい)
2017年度。
柿澤仁誠(かきざわ にま)
2017年度。
辻晴仁(つじ はると)
2017-2019年度。
堰沢結衣(せぎさわ ゆい)
2017-2019年度。
齋藤泰世(さいとう たいせい)
2017-2019年度。
船越夏子(ふなこし なつこ)
2017-2018年度。
佐々木ゆら(ささき ゆら)
2018-2019年度。
冨士原生(ふじは らいく)
2018-2019年度。
梅田芹奈(うめだ せりな)
2018-2019年度。
ギュナイ滝美(ギュナイ らあら)
2018-2019年度。
御法川マサオ(みのりかわ マサオ)
演 - 森尾俐仁
2018年度第63週でとぅーもんのゴリ押しにより加入した、東京都立帝王大学付属中学校に通う中学2年生(14歳)[注 8]。真面目かつ礼儀正しいが、厳しい面もあり、向のギャグにダメ出しをする有様。正体は少年に化けたとぅーもんだったため、とぅーもんは自分の友達だと話すなどしてはぐらかしていたが、バーベキューの匂いだけは誤魔化せなかったようで、立花団長に気づかれていた。
岸蒼太(きし そうた)
2019年度。
小田菜乃葉(おだ なのは)
2019年度。
川岸釈天(かわぎし ときたか)
2019年度。
筧礼(かけひ れい)
2019年度。

週間ニュース深追い[編集]

『Let's』時代同様、リポーターがもじ魔獣の被害を放送するニュース番組。時にリポーターの2人ももじ魔獣の被害に巻き込まれることも。一度禍禍団に乗っ取られてしまったが、守守団とあるくめですの活躍により復活することができた。

リポーター
もじ魔獣の被害報告に加え、木曜生放送での中継を担当する。
チャンカワイ
高田紗千子

なお、本来は「天才てれびくんY」の司会(チャン)とレポーター(高田)という役割だった。

もじもん[編集]

古来より日本各地に生息する漢字の精霊で、各々が漢字にちなんだ外見と能力を持つ。かつては人間とも親しかったが、時代が下ると共に人前に姿を現さなくなっていった。闇の袋とじ紛失事件以後に起こった闇のもじ守及びもじ魔獣の脅威に対抗するため、守守団は彼らの協力を得ようとする。また闇のもじ守が「暗黒の歌」と「憎しみの心」でもじ魔獣を生み出す為の素体でもあり、人間を激しく憎み、禍禍団の一員である闇のもじもんもいる。2018年10月25日よりキャラクターデザインを担当しているYKBXが描いたもじもんのキャラクター原画が公開された。

モジゲン空間
全てのもじもんの故郷である世界で、広大な海の中央に、巨大な鉛筆が立ち並び一軒の寺院のような建物がある「鉛筆の島」が浮かぶ。
もじ守の筆と通汁を使うことで書道教室上空に入り口が出現する。守守団は毎週、もじもんを仲間にするためにここに入ってもじもんからの試練に挑むことになる。第3シーズンからは、新たなエリアである、筆の穂先のような形状の巨岩が並び、その回にちなんだ漢字や文字<がある「筆の島」が出てくるようになった。2018年度シーズン1から新たに海底のエリア、2018年9月からさらに時計を中心に針型の定規(一部の回では針のように定規が動く)や分度器、様々な学校用具などが混ざった「定規の島」が新しく登場した。2019年度では更に後述のモジゲン遺跡が登場した。
モジゲン遺跡
バケピタンの材料がある遺跡。入口・季節に応じて、が咲き乱れる「桜の間」、沢山の竹や門松鹿威しがある「竹の間」に変わる内部、もじ化けを治す材料がある「宝の間」の3つに分かれている。
もじ化け
2019年度でもじもんに起きる現象。突然もじもんの体の一部にある漢字が本来ない漢字に変わってしまい、その結果もじもんはバグ化した状態になり、もじてんは新旧合わせて説明が無茶苦茶になってしまう。さらに状況が悪化するともじもん達は自我を失い、人間に被害を及ぼす行為を(「漢字と逆のことが起きるケース」「漢字の力が過剰となり行きすぎた状態になるケース」及びその両方)起こしてしまう。バケピタンがないと完治できないが、一時的に文字化けを弱めて自我を戻すことは可能。
木曜生放送ではバケピタンを使っての完治を目指すが、失敗した場合はもじ化けしたままモジゲンレコードに閉じ込められてしまう(当初は「消滅」と見られていた)。後にこれはモジール王子の仕業と判明した。

もじ魔獣[編集]

もじもんが怪物化した姿。善良なもじもんが闇のもじ守によって変えられたり、人間と融合した闇のもじもんが憑依者の心の闇を吸収することでもじ魔獣化する。日付が立つにつれ成長しながら甚大な被害を引き起こし、完全体になると世界は滅亡する。ただし、もじ魔獣が元のもじもんに戻ると被害の爪痕は消滅する。倒すためにはもじもんの力が必要となるため、通常の生放送では戦いに協力してもらうためにもじもんを仲間にする必要がある。

[編集]

闇のもじ守[編集]

守守団と対峙した4人の悪のもじ守たち。元々は何らかの負の感情や欲望を抱えた人間で、毎回、各々が何らかの形で入手した闇の袋とじの力を使い、「暗黒の歌」と「憎しみの心」でもじもんをもじ魔獣に変えてその力で世界を滅亡させようと企む。後に2017年度の闇のもじ守は禍禍団が送り込んできた刺客であり、全員がまでぃえすに利用されていた被害者だったと判明する。また、どみねすとろんぐをもじ魔獣に変えたのも闇のもじ守であることが判明した。

オンリー・ロンリー・ローリー(演:ROLLY
「天才てれびくんY」に乱入してきたミュージシャンで、最初の闇のもじ守。腐のもじもん・ふてくさーるをもじ魔獣にし、世界を腐らせようと企む。ソーリーという双子の弟がいる。純粋に音楽を愛するが、バンド仲間に裏切られて自身が作曲した曲を盗まれ、ネットで自分の曲を紹介するも、酷いコメントで滅多打ちにされ、全てを恨むようになった過去がある。第4週では守守団宛てに3択クイズ風の自己紹介とふてくさーるのもじ魔獣が完全体になる日の予告の動画のディスクと番号札が入ったJamazonのダンボールを送った。そして決戦の地となった足立区立本木東小学校(本編内では「東京都内の小学校」名義)で、ふてくさーるのもじ魔獣は完全体となり、にくそん・てつまる・すめりーと交戦し、途中で2曲目に移り、アイテム送信を妨害するが、激臭唐辛子付き鉄腕筋肉パンチを喰らってもじ魔獣の動きを止められ、もじ魔獣を復活させようとするが、言霊「腐らせる力って最高じゃん!」をぶつけられ、ふてくさーるが元の姿に戻ったことで敗北。世界を腐らせる野望は打ち砕かれ、ふてくさーるから「自分と置かれた立場が似ている」ことを理由に同情する言葉をかけられ、自ら負けを認めて去っていった。その後、愛のミュージシャンとなって、愛の花を咲かせるようなすばらしい曲を作って地道にやっていくことになった。
銀沢アイスかずこ(演:黒沢かずこ森三中))
氷のもじもん・れいかを誘拐した犯人で、2人目にして唯一の女性の闇のもじ守。第12週で初登場。以前はフィギュアスケート選手で、その時の名前は金沢かずこ。大事な試合で流す曲のカセットテープを間違えて(本当は『白鳥の湖』だったが、リラックスのために聴いていた『スーダラ節』のテープをスタッフに渡してしまう)大会で失格となってしまい、その後逃げるようにスケートを捨て失踪し、その後はナイトクラブダンサーアイスキャンディー屋→エステサロンカラオケボックスのスタッフと転職を繰り返していた(転職は253回に及ぶらしい)がことごとくうまくいかず自棄を起こしてれいかをもじ魔獣にし、世界を氷漬けにしようと企む。第13週では一同を落としれるため高田の中継をジャックしてれいかのもじ魔獣が完全体になる日を予告したり、第15週では黒装束をしてみずえのファンを自称して、みずえに盗聴器入りの水瓶を渡し、れいかのみずえに対する負の感情を利用してもじ魔獣を巨大化させるという狡猾で頭の切れる一面を見せた。そして決戦の地となったクリフサイド{本編内では「ダンスホール」名義で、アジト捜索をしていたもゆるが偶然もじ魔獣の冷気を感じ取ったことで場所が判明した)ではれいかのもじ魔獣は完全体となり、もゆる・すべるーかす・みずえと交戦。熱湯やかんスライダーを喰らってもじ魔獣の動きを止められ、言霊「氷炭相愛す」をぶつけられ、れいかは元の姿に戻ったことで敗北。世界を氷漬けにする野望を打ち砕かれたことで僻んでいたが、れいかに「凍りついた世界で独りぼっちのアイスショーをしても寂しいだけ」という指摘と夢が破れた事への同情の言葉をかけられると素直に去っていった。その後、朝日ダンスたいちと手を組み社交ダンスの道を歩む。
シロッキークロッキー(演:くっきー野性爆弾))
画家を名乗る3人目の闇のもじ守で本名は白木黒蔵。第17週で初登場。当初は「『汚』のもじ魔獣に襲われた」と言ってそれに唯一対抗できるという白のレアもじもん「ほわないと」を仲間にするべく、ほわないとの召還に必要な「原色戦隊もじレンジャー」の3体のもじもん(『赤』のもじもん『れっどれお』、『青』のもじもん『ぶるーく』、『緑』のもじもん『ぐりんきゅあら』の3体)を探すことを依頼する。風変わりな外見だが、毎回絵を描いててれび戦士にアドバイスをするなど表向きはいい人に見えたが、その真の目的はほわないとをもじ魔獣に変えてその力で世界中を真っ白にして人々を白けさせたり、人々の言葉を告白させたり世界中を真っ白に染めて、母親の絵で埋め尽くすことであり、最初に彼が襲われたと言っていた『汚』のもじ魔獣の話はすべて立花団長と守守団全メンバーを騙すための真っ赤な嘘だった(この結果、立花団長はスランプに陥ってしまう)。また、第21週ではもじレンジャーを白くさせ動きを封じたり、もじ魔獣化したほわないとを操ってモジゲン空間の入り口を消したり、第22週ではほわないとの友人という立場につけ込んでかめんれおんを脅迫し立花団長のお宝を奪わせたり、口紅を塗ってもじ魔獣を巨大化させたり、最終決戦で周囲を白黒にしてエネルギー送信を妨害したり、コトバレーダータイムの前に一同を慌てさせるため「世界滅亡の必殺技発動まであと7分」と館内放送で通達するなど、銀沢アイスかずこよりも狡賢い言動が多かった。決戦となる第25週では突然至る場所に謎の女性(シロッキークロッキーの母親)の似顔絵が出現する現象が起き、アジト究明のためしろのじょうが調べ上げ、ぱかぽんに蹴飛ばされてたどり着いた「しろっきークリーニング」という名のクリーニング屋の店員・克弥に話を聞くと最初は何も喋らなかった。その後、シャツの汚れ落としの技術を学んだ守守団が汚れを落とした洗濯物を持ってきた後、小島4級が見せたシロッキークロッキーの写真を見て、シロッキークロッキーは自分のだと告白する。シロッキークロッキーの母親(演:柴田理恵)は1年ほど前にすでに亡くなっていたことが判明し、同時にシロッキークロッキーは幼い頃から絵を描くことが大好きだったが自分の描く絵は周りに受け入れられず、母親だけが自分の絵のセンスの唯一の理解者であり、その母親の死が暴走のきっかけだったことも判明した。そして決戦の地となった川崎市市民ミュージアムではほわないとのもじ魔獣は完全体となり、しろのじょう・たまみ・ぱかぽんと交戦。ちびるほどすごい技で周囲を白黒にしてもじもんの攻撃を封じ、アイテム送信を妨害したため優勢になるも、出張茶の間戦士にアザヤカラースプレーで色を戻された上、レインボーキャノンを喰らってもじ魔獣の動きを止められる。もじ魔獣を復活させるべく漂白剤を取りに行くが、戻ってくる直前に、言霊「おもいでなないろ いろあせない」をぶつけられ、ほわないとは元の姿に戻ったことで敗北。天国の母親に絵を見せる野望は打ち砕かれて泣き崩れる。その後克弥とほわないとの励ましで謝罪したが、その後については不明。
夢見崎★(すたー)体育(演:岡崎体育
YouMEITubeの『夢見崎チャンネル』で動画を配信している、4人目にして最後の闇のもじ守。第27週で初登場。熱海の旅館「湯加減よさ荘」を経営する湯加減よし子の息子だが、仕事を手伝っている様子はあまり無く(つまりパラサイト・シングル)、そのことで母親に叱られる場面もあった。本名は湯加減ほど吉で、母よし子によると、この名前には亡き父の「何事も程々が良い」という思いが込められているという。かなり自信過剰な性格で、『名』のもじもん・なまえんじぇるを「暗黒の歌」と「憎しみの心」でもじ魔獣化させて町中の人の表札の文字を変えたり、地名を操ったり、世界各地の名所を消したり、有名人から名前を奪う悪事をして楽しみ、動画視聴者を増やすためにやっていたが、その真の目的は全世界で一番有名になるためである。当初は暴走しているというよりは遊び感覚でやっており、わざわざ事件の真相がわかる動画を投稿したり、もじもんをアジトではなく人目につく公園でもじ魔獣に変えたり、表札の文字が変わったかどうかを実際に確認してみたり、都道府県の名前通りの事件を起こす際に守守団の「WITH WITH YOU」を真似て「WITH WITH Yumemizaki」と言うなど、かなりふざけた態度をみせている。さらに第30週では自分の名言をきのこのこの名言集に載せてもらえなかったからという理由だけで彼女の名言集を台無しにして落ち込ませた上にそれを嘲笑っていたり、第31週で太陽を「暗い陽」に変えた際には自分以外の全ての人を罵倒するかのような発言をしたり、パワーアップしたあかりんによって太陽を元に戻されたことを知って、太陽を自分の顔にした「夢見崎SUN」に変える他、立花団長や有名人の名前と記憶を奪い、名前を奪った人を洗脳してバイトとして働かせ、立花団長の救出にきた原田、稲垣、小島4級を騙すためバイトC(露鳩出仁郎)に「スター夢見崎への道」のチラシを手渡させて「ハズレ」と書かれた紙へ誘い、さらに決戦時にはドアをロックして立花団長、原田、竜心、黒川を閉じ込めて言霊を教えるのを防ぐなど、今までの3人の闇のもじ守と比較するとかなり残虐な面が強いことが伺える。最終決戦となる第32週できのこのこが発見した動画では、なまえんじぇるに夢見崎★体育の名前をもらってから現在に至り、2ヵ月前に改名後も売れなかったことに対してなまえんじぇるに文句を言い、後に闇の袋とじを送られ、なまえんじぇるをもじ魔獣化させるに至ったことが明らかにされる。そして、立花団長が名前と記憶を取り戻した後、母親が息子の暴走の阻止を実家にたどり着いた守守団に託した。そして決戦の地となったスタジオQoneではなまえんじぇるのもじ魔獣は完全体となり、ふだざえもん・まえた・きのこのこと交戦。激闘の末、合体攻撃「バラ札返し」を喰らってもじ魔獣はダウンし、もじ魔獣を復活させるべくファン1号(荒石みなみ)に団扇で扇がせ、バイトB(月江譲二)とバイトCにカレーライスを作ってくるように指示を出したが、言霊「汚名は返上できる」をぶつけられ、なまえんじぇるは元の姿に戻ったことで敗北。世界一の超有名人になる野望は打ち砕かれてしまう。更にこのもじ魔獣戦が全国生放送だったことに加え、自らもその様子を生中継動画としてアップしていたため、地球を滅ぼしかけた上に月江、荒石、露鳩ら有名人を誘拐していた悪人並びに惨めな敗北者という醜態を日本中に晒す形で有名になることとなった。今までの闇のもじ守は何らかの精神的打撃[注 9]を受けたことが暴走の引き金であったが、彼の場合は暴走の動機が完全に個人的なものであるうえに言動が以前の3人よりも遥かに残虐かつふざけていて母親の仕事を手伝おうとせず動画に現を抜かす怠け者、さらに母親に仕事を手伝わないことを叱られたくないために他人を無理矢理実家に連れてきて働かせるという人使いが荒い一面も見られ、なまえんじぇるやきのこのこには逆恨みをしていた。敗北後には夢が破れて落ち込み、立花団長にも罵声を浴びせられ不貞腐れていたが、なまえんじぇる、まえた、ふだざえもん、きのこのこの励ましを受け元気を取り戻した。しかし、番組終了直前に突然までぃえすが乱入し、その際夢見崎をモルモット呼ばわりして見限っていたため、実は夢見崎もなまえんじぇると同じくいいように利用されていた被害者だったということが判明した。その後、名前を湯加減ほど吉に戻し、「誰かを傷つけて有名になるんじゃなく、誰かをいやすことで人の心に名を刻みたい」と言って普段は旅館の手伝いをして、「立派なYOUチューバーになる」といって母親への感謝をこめて温泉PRソング「湯加減よさ荘においでよ2018」を歌った。
大祀、晃(演:天照)
かつてどみねすとろんぐをもじ魔獣に変えた張本人である2人組の闇のもじ守。回想シーンでもじ魔獣を生み出す場面と裕之心に動きを止める札を貼られて倒れる場面のみの登場だったため、どのような経緯で闇落ちしたか、及びもじ魔獣を倒された後の去就については謎である。なお最終決戦でどみねすとろんぐのもじ魔獣の心の中のにあった2人の写真を見た向は「見るからに悪そう」と言っていた。
関連用語や関係者
闇の袋とじ
闇のもじ守が所持している袋とじ。表紙部分には「閲覧禁止」と書かれ、中にはもじ魔獣を生み出す方法が記されている。元々はもじてんに綴じられていたが、立花団長がもじてんを持ち出してうたた寝していた間に行方不明になってしまった。その後ローリーの手元に渡って彼の元から消えて以降、行方が分からなくなっていたが、なまえんじぇるのもじ魔獣戦の3か月前にまでぃえすの手によって夢見崎★体育の元へ郵送されていたことが判明する。その後、ゆらがとれじゃーのの羽の力を使い無事に回収して奪還に成功するが、までぃえすが「人の体を使い最強のもじ魔獣を生み出す新システムを完成させたため用済み」という理由で燃やしてしまう。
禍禍団[編集]

人間に牙をむく闇のもじもん達の組織。人間の体を乗っ取り、最強のもじ魔獣を生み出す新システムを完成させ人類を滅ぼしもじもんたちの理想世界征服を企む。その後、もじ魔獣から浄化されたぐれんちとまにーごーるどは改心して離脱し、までぃえすも浄化されて一度は敗走した後に復帰するが、どみねすとろんぐをもじ魔獣化させた後に用済みとなる形で離脱し、残るどみねすとろんぐも浄化されて人間を憎まなくなったため、消滅した。

ドクター(演:堀部圭亮)[注 10]
『Let's』の天馬係長に相当する。禍禍団のリーダーである謎の仮面男で怪しげに曲がった形の杖を持っている。第32週のなまえんじぇるのもじ魔獣戦の直後で初登場。初登場時は夢見崎★体育をモルモット呼ばわりして見限り、地球のホログラムをバラバラに飛ばした。その後、第34週で本格的に動き出し、その手始めに遊蔵を強襲して負傷させたほか、2018年4月3日放送で守守団に完全な宣戦布告宣言を告げた際には、その手始めとして朋橋弘至と高橋メアリーの2人を拉致して闇のもじもんと融合させたり、守守団がせっかく見つけた闇の袋とじを不要という理由で燃やしたほか、第46週ではウサギを勇の姿に変えて守守団へ送り込み立花団長の気持ちを踏みにじるなど、2017年度で守守団と戦った闇のもじ守の4人より遥かに非道かつ冷徹な面を見せる。また、第34週や第38週ではたい焼き(後にまでぃえすの好物だったことが判明する)を食べているシーンがあり、第46週では粒あんのたい焼きと漉し餡入りのあんパンが好きであると語っているため餡子が好物であることが見て取れる。また、第40週では守守団との料理勝負にぐれんちが負けてしまったためにガックリと項垂れるという純粋な一面を見せることもあった。その一方で前述のように戦いに負けて改心した夢見崎をモルモット呼ばわりした他に、46週では禍禍団を抜けたぐれんちをポンコツ呼ばわりし、48週では山の金山化に失敗したまにーごーるどを言葉では慰めながらも嘲笑うかのような態度をみせたり、朋橋や高橋をもじ魔獣生成に必要なものとしか見なさず、もじ魔獣がサナギフォームになったら用済みで朋橋や高橋を道端に捨ててしまうなど、内心では味方を信用していない様子や敵味方関係無く他者を道具扱いする冷酷非情な面も伺える。第52週で最終決戦の場となったザ・ミーツマリーナテラス[注 11]ではまにーごーるどのもじ魔獣は完全体となり自ら出陣して、うんじゃみぃ、がくざん、ぎんじょるのと交戦。激闘の末、もじ魔獣がダウンした後、心の中への侵入を許してしまい、目覚めの言葉「心の輝きは金より美しい」を突き止められ、まにーごーるどは元の姿に戻ったことで敗北。後悔することになると言って逃走して行方をくらませた後、再び姿を見せると自ら仮面を脱ぎ、正体は団長の父である立花勇だったことが判明した。54週では以前仲間であったぐれんちとまにーごーるどに自分の詳細を守守団にバラされることを見越して口封じのため2体の自分の詳細に関する記憶を抜いてしまった。55週ではぎらみーの所有物を含めた鏡を「魔の鏡」に変え、人々をナルシスト化させた。その後真実を映し出す鏡によって正確な正体は魔のもじもん・までぃえすに憑依された立花勇であることが判明した。
朋橋弘至(演:棚橋弘至[3]
『Let's』の大水洋介に相当する。第34週で初登場した人気プロレスラー。既婚者かつ一児(長男)の父で、家族を大切にする優しい父親である。もじ魔獣を生み出すための素体の1人としてまでぃえすに捕えられ、ぐれんちと融合させられてしまう。第41週では自分の心の闇を全て吸収しきったもじ魔獣と分離しており、守守団に保護された。その後癒しのお茶で記憶を取り戻し、立花団長に怪我をして試合に負けて落ち込んでいたところをまでぃえすに付け込まれていたことを明かし、守守団と打ち解けた。しかし、その直後にパパラッチがその様子を撮影し、守守団が裏切ったというニュースが報道されてしまう。このことで彼は非常に困惑して落ち込んでしまうが、守守団が持ってきた優しさの青いハンカチの力とやさふぇるのフォローによって前向きになり、人々に対して真実を打ち明けたことで守守団の信頼を取り戻すことに成功し、チャンピオンの返り咲きを決意する。第42週の守守団とぐれんちのもじ魔獣の戦いには助っ人として協力し、決戦地のGENスポーツパレスにいた護衛の覆面レスラーを率先して押さえつけ団長とチャンに向かってもらうよう指示を出して茶の間戦士たちを激励したり、まにーごーるどの妨害によって愛の電池が金に変えられた際に自ら「発電機付きトレーニングバイク 愛してます1号」を漕いで電池の代わりにエネルギーを送って攻撃の発動に一役買い、守守団の勝利に大きく貢献した。また、第46週ではぐれんちからてれび戦士を鍛えてくれる先生として紹介されている。第66週ではプロレス仲間の真壁刀義本間朋晃が登場している。
高橋メアリー(演:高橋メアリージュン[3]
『Let's』の飛永翼に相当する。第34週で初登場したファッションモデル。高橋エマという妹がいるほか、劇中では未登場だが母の存在も明かされている。母の入院費や妹の絵の勉強代のために貧乏に耐えながら働いており、アルバイトに精を出す真面目な性格(本職のファッションモデルもその一環)である。もじ魔獣を生み出すための素体の1人としてまでぃえすに捕えられ、まにーごーるどと融合させられてしまう。50週ではサナギフォームになったもじ魔獣が分離したため意識を失う。第51週では守守団と出会い、自分の家を本部代わりに貸してくれたほか、交通整備のアルバイトの休憩中、金銭面に困っていた(自動販売機の飲み物を買おうとした時、財布の残金は20円しかなかった)ところをまにーごーるどに付け込まれていたことが判明した。そして「マニマニランド」のチラシを見てシイ飯尾が子供の頃に会った焼き芋屋の人であることを思い出し、彼を説得して守守団本部の奪還に貢献した。もじ魔獣戦にも助っ人として仕事を抜け出して登場し、ぎんじょるのを「ヘタレもじもん」呼ばわりしたまでぃえすを一喝した上で、ぎんじょるのに対して叱咤激励したり、ぎんじょるのが不安になった際には優しく諭して『目覚めの言葉』をつかむきっかけを掴ませたり、力玉を送る際に協力してダンスを踊るなど、ぎんじょるののサポート役として守守団の勝利に大きく貢献した。54週では生放送で小島主任がまねしんぼうに見せた雑誌の表紙を飾っている。第66週では立花軍として参加した。
関連用語や関係者
儀式の間
禍禍団がもじ魔獣を生み出す儀式を行う部屋。
策略の間
禍禍団が作戦会議を行う場所。中央にモニターがある。
モジール王子チャンネル[編集]

モジゲン空間のアジトで謎の装置を使いもじ化け現象を起こしたモジゲン空間の住人。

モジール王子(演:徳永ゆうき
タコ大王の息子。中国の王族風のような恰好で謎の装置を用いて漢字を操り、「もじ化け」を引き起こした張本人。かなり能天気な性格で、オンくんから指摘されるまで自分が悪事をしていることに気づいていなかったが、構わず今回の騒ぎを楽しんでいる。その一方で高い技術力を持っており、8歳でオンくんを作成したという過去を持つ。また、小島主任がもじ化けからもじもんを救おうとする守守団の一員で敵だとオンくんに言われても小島主任に近づこうとする恋に一途な面や、小島主任と似ても似つかない似顔絵を描いてしまうという絵が下手な面を見せることもあった。
オンくん(声・操演:キンタロー。
タコに似たモジール王子の友達であるロボット。公式サイトによるとモジール王子が8歳の時に作った模様で彼との仲は良いらしいが、人間に迷惑をかけているという自分の指摘に耳を傾けず、懲りる様子もなく悪戯を続ける王子に憂いている様子が見られる。基本的に王子を咎めたり同情したりしていることが多いが、時には王子の態度に匙を投げることもある。カラオケは1000点満点まで採点できる。
関連用語
字源の間
去年(2018年度)敵禍禍団の策略の間および儀式の間にあたるモジール王子たちのアジト。
モジゲンレコード
起動させるとターゲットとなる漢字が映り、そこに専用の筆を用いて漢字に手を加えることにより、もじ化けを発生させる。また、もじ化けさせられた後に守守団が救出できなかったもじもんたちは、この中に閉じ込められる。
モジルスーツ
もじ魔獣に代わる新たな脅威。モジール王子が制作したロボットのコアにもじ化けによって装置に閉じ込められたもじもんを取り込むことで誕生する。
タココプター
タコの形をした小型ドローンヘリのようなもので、毎回これを使ってもじ化け現象を見ることができる。
タコ大王
モジゲン空間に棲む謎の巨大タコ型生物で、モジール王子の父。もじもんたちからは主として崇拝されている。木曜の生放送で毎回もじもんを仲間にする木曜生放送の探索ミッションに乱入してはさまざまなお邪魔を行い、守守団を困惑させる。タイムリミットの午後6時52分(ただし、第49週ではこの代わりに警備員が集まってしまう午後6時54分にタイムリミットが変更された)になると眠りにつくために海から飛び出してきて、モジゲン空間からたこ8号と海鮮隊を追い出す。また、回によってはたこ大王を利用してミッションを進めるパターンも存在する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ エイプリルフール特別編。以降の回数表記は「この回を除いた」2012年度からの通算回数となっている。
  2. ^ 2012年度・2013年度の「事件編」を新撮影部分を交えて再構成した総集編。
  3. ^ この他にも3人組であることから「超次元シブがき隊」、「超次元パフューム」、「超次元ズッコケ三人組」と言われたこともある。
  4. ^ ぷうかに「田中が作る初恋の味がするお好み焼きを食べたい」を早口で言わせて「田中食べたい」と記憶を捻じ曲げていた。
  5. ^ これは、宇宙空間に存在する次元の境目が最も地球に近づくのが毎週木曜日の午後6時台だからだという。
  6. ^ このほかにも、ゴルフ場やテーブルにも穴が開く被害が起こっていた。
  7. ^ 例えば「親のすねを齧る」と言えば本当に脛に齧り付き、「顔に泥を塗る」と言えば本当に泥を塗りつけるなど。
  8. ^ 小島主任が見ていた履歴書に「2020年3月に東京都立帝王大学付属中学校を卒業見込」とあるため。
  9. ^ オンリー・ロンリー・ローリー=バンド仲間に自分が作った曲を盗られたこととネット上で自分の曲を非難されたこと、銀沢アイスかずこ=不慮の事態で大好きなスケートをやめた後に転職がことごとく上手くいかなかったこと、シロッキークロッキー=自分の描く絵が周りに低評価されたことと、自分の絵のセンスを唯一理解してくれた母親が死んでしまったこと。
  10. ^ 正式名称は確認できておらず、ドクターという名前が明らかになったのは2018年3月28日放送分の2018年度予告編から。
  11. ^ 本編内では「千葉県の結婚式場」名義。までぃえすが恋に悩むぎんじょるを絶望させる場所として選んだ。

出典[編集]

  1. ^ (2017年) 『NHK Let's天才てれびくん サウンドトラック』のアルバム・ノーツ, p. 15 [booklet]. 日本: ポニーキャニオン (PCCG01600).
  2. ^ 番組紹介
  3. ^ a b 4月2日(月)2年目突入! ますますパワーアップ!

関連項目[編集]

  • T.T.K. DRAMA SPECIAL - 1994年度から1995年度1学期に放送されたドラマについて。
  • 天てれドラマ - 「天てれドラマ」として放送された作品について。
  • ユゲデール王国 - 2005年度・2006年度に登場する架空の舞台「ユゲデール王国」を舞台としたドラマについて。
  • ナンダーMAX - 2007年度・2008年度に登場する架空の舞台「ナンダーMAX」を舞台としたドラマについて。
  • 天てれ9分劇場 - 2009年度に放送されたミニドラマコーナーについて。
  • ドラまちがい - 2011年度から2013年度に放送された作品について。