天才詐欺師物語 狸の花道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天才詐欺師物語
狸の花道
監督 山本嘉次郎
脚本 平戸延介
原作 町田浩二
製作 山本嘉次郎、菅英久
出演者 小林桂樹
三木のり平
森繁久彌
淡路恵子
音楽 広瀬健次郎
撮影 小泉福造
編集 大井英史
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年8月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 狸の大将
テンプレートを表示

天才詐欺師物語 狸の花道』(てんさいさぎしものがたり たぬきのはなみち)は、1964年8月1日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ

概要[編集]

競輪好きの詐欺師・仙田喜市はテル子に気に入られようと、あの手この手で人を騙して金儲けをする。やがて警察に捕まるも、素晴らしい演技力で仮釈放となるのだが……。

町田浩二の『詐欺の天才奮戦記』を、喜劇映画界の巨匠・山本嘉次郎が映画化した詐欺師コメディ映画。山本監督は1960年公開の『銀座退屈娘』(主演:中島そのみ)以来、4年振りの監督だが、本作では監督のほか、プロデュースや脚本の一部(「平戸延介」は彼の筆名)も手掛けるなどの活躍を見せた。そして本作の成功により、『狸の大将』『狸の王様』『狸の休日』と、詐欺師が主人公の作品を製作する。

なお本作はその後、1971年[1]に『天才詐欺師物語 たぬきの中の狸』( - たぬきのなかのたぬき)と改題して再上映された。

スタッフ[編集]

  • 製作:山本嘉次郎、菅英久
  • 原作:町田浩二(『詐欺の天才奮戦記』より)
  • 脚本:平戸延介
  • 監督:山本嘉次郎
  • 撮影:小泉福造
  • 照明:西川鶴三
  • 美術:浜上兵衛
  • 録音:刀根紀雄
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 編集:大井英史
  • 助監督:児玉進
  • スチール:吉崎松雄

出演者[編集]

同時上映[編集]

『がらくた』

エピソード[編集]

2003年3月CS放送日本映画専門チャンネルで、本作を含む「狸シリーズ」全4作が「だまし!だまされ!オールナイト」と称して放送されたが、本作は『天才詐欺師物語 たぬきの中の狸』のタイトルの方で放送された。

参考文献[編集]

「演技者 小林桂樹の全仕事」(ワイズ出版) 419頁 1996年

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • コント55号 人類の大弱点 - 本作のリメイク作品。なお次作『コント55号 俺は忍者の孫の孫』の予告編に使われたBGMは、本作のテーマ曲。