天才 (石原慎太郎の作品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
天才
著者 石原慎太郎
発行日 2016年1月22日
発行元 幻冬舎
ジャンル 政治小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 単行本上製カバー装
ページ数 226
コード ISBN 9784344028777
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

天才』(てんさい)は、石原慎太郎が記した政治をテーマにした小説。

概要[編集]

主人公は内閣総理大臣をつとめた田中角栄であり、田中を「俺」という一人称で記した自伝風小説である。 石原は国会議員時代には田中批判の急先鋒であった[1]が、田中の業績を見直した内容にもなっており、当時の「角栄ブーム」も手伝い90万部以上の売り上げを記録した。 2013年脳梗塞を患い、ひらがなも思い出せなくなるぐらいの後遺症を残した後の作品だが、本人はワードプロセッサや口述で執筆したとしている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 角福戦争でのライバル福田赳夫派閥にいたほか、田中の中国政策を批判して青嵐会を作っている。