天敵 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天敵』(てんてき)は、石ノ森章太郎漫画作品である。[1][2]

概要[編集]

小学生の頃、UFOらしき物体を目撃しUFOの大ファンとなった石ノ森章太郎がユニバース出版社『UFOと宇宙』編集部の依頼を引き受け、1979年1月号ならびに1979年2月号に掲載された作品である。[3]

内容[編集]

UFOはなぜ地球に現れるのか。石森章太郎は2つの仮説を立てる。その1つは『サイボーグ009』で使うつもりであると語り、[4]もう一つは「増えすぎた人間に対しての”天敵”を作るためではないか」として、後者の仮説に沿って物語が始まる。

あらすじ[編集]

変哲のない少年がUFOの怪光線を浴びた。そして、少年は超能力を得て、最初は食器などを空中に浮かせるが、次々にその力をエスカレートさせて行き、遂には旅客機を墜落させるに至る。

石森はこの少年をヒトラーアインシュタインと対比させ、[5]ネズミにはネコが、[6]草食動物は肉食動物が捕食するように、自然界には種族の個体数を調節する役割としての”天敵”があるが、人間にはそれが無い。そのためにUFOは神(自然)が作り出した人間の”天敵”ではないかと綴る。[7]

書籍情報[編集]

  • ユニバース出版社の『UFOと宇宙』1979年1月号および1979年2月号
  • 石ノ森章太郎 萬画大全集[8]第10期『ブルーゾーン(2)』[9]

その他[編集]

2008年2月から約10か月間にわたり、ウィキペディア日本語版の「天敵 (石ノ森章太郎)」の記事に虚偽のストーリーが載せられていた[10][11]。この虚偽内容を元に、絶版本の再版希望者を募るサイト『復刊ドットコム』に本書が紹介され興味を集めるなど影響があった[12]

関連作品[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石ノ森章太郎のUFO COMIC「天敵」(前編)『UFOと宇宙』42号、ユニバース出版社、1979年1月、93-108頁。
  2. ^ 石ノ森章太郎のUFO COMIC「天敵」(後編)『UFOと宇宙』43号、ユニバース出版社、1979年2月、93-108頁。
  3. ^ 石ノ森章太郎のUFO COMIC「天敵」(前編)『UFOと宇宙』42号、ユニバース出版社、1979年1月、100頁。
  4. ^ 石ノ森章太郎のUFO COMIC「天敵」(前編)『UFOと宇宙』42号、ユニバース出版社、1979年1月、103頁。
  5. ^ 石ノ森章太郎のUFO COMIC「天敵」(後編)『UFOと宇宙』43号、ユニバース出版社、1979年2月、100頁。
  6. ^ 石ノ森章太郎のUFO COMIC「天敵」(後編)『UFOと宇宙』43号、ユニバース出版社、1979年2月、104頁。
  7. ^ 石ノ森章太郎のUFO COMIC「天敵」(後編)『UFOと宇宙』43号、ユニバース出版社、1979年2月、107頁。
  8. ^ 作品の紹介 石森章太郎プロ
  9. ^ 豊島区中央図書館の資料検索結果
  10. ^ Wikipediaのウソ記事「天敵 (石ノ森章太郎) 」が面白い件(ラノ漫)[リンク切れ]
  11. ^ ウィキペディア日本語版「天敵 (石ノ森章太郎)」2008年2月23日初版
  12. ^ 復刊リクエスト投票 No.43386 天敵 (復刊ドットコム)[リンク切れ]