天然濃縮!!オレンジ戦機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天然濃縮!!オレンジ戦機』(てんねんのうしゅく オレンジせんき)は、高田慎一郎による日本の漫画作品。英題はNatural condense!! Orange Fighter

自らをサイボーグと信じている少女・蜜柑(みかん)が巻き起こす騒動の数々を描く学園SFギャグ漫画作品。角川書店月刊少年エース1998年10月号から12月号まで連載。先に『エースダッシュ(月刊少年エース増刊号)』1997年 vol.1に掲載された読み切り(第0話)をあわせ全4話で単行本全1巻発行。

主な登場人物[編集]

熊之迫 蜜柑(くまのさこ みかん)
自らをサイボーグと自称する主人公の少女。幼い頃に小説家である実の父に、自分が秘密結社X団」(エックスだん)と戦うために誕生したサイボーグであると強く思い込まされた。中学生になった現在でもそれを信じて疑わない純粋な性格で、正義感もさることながら腕っぷしも強い。得意技はライジングドリル必殺技フィンガープレッシャーカレーライスが好物で、機械だけに水を嫌う。
正藤 タロー(しょうどう タロー)
蜜柑の幼なじみクラスメイトの少年。幼い頃にファンであった滝之上当世宅を訪ねて以来、熊之迫親子に振り回される日々を送る。
熊之迫 八朔(くまのさこ はっさく)
蜜柑の父。大ヒット作『サイボーグねーちゃん』を執筆した小説家で、ペンネームは滝之上当世(たきのうえ とうせ)。小説の執筆には常にリアリティを追求する主義で、自らコスプレをして作品内のキャラクターになりきったり、時には身近な人物を半ば強引にモデルとして仕立てるなど手段を選ばず、妻を騙して蜜柑を連れ出し、失踪する鬼畜な所業も厭わない。
猪八重 桃(いのやえ もも)
蜜柑たちの隣のクラスに転入してきた帰国子女。八朔によってエスパー小説『スーパーエスパーK』(-ケー)のモデルとして仕立てられた過去を清算するため、真の超能力者となって再び姿を現す。
熊之迫 柚(くまのさこ ゆず)
いわゆる美魔女で、どう見ても年齢に合わない幼い容姿をした蜜柑の母。蜜柑にはX団の謀略により交通事故で命を落としたと八朔に説明されているが、実は八朔の元では娘は駄目になると決意した際、先手を打たれて蜜柑ごと八朔に夜逃げされ、8年間も蜜柑を探し続ける羽目に陥っていただけだった。後に本当に実在していたX団に参加する。
美魔女であるのみならず、本当に魔法を使える魔女であり、娘と再会した際にはとんがり帽子にローブの魔女っ子スタイルで、X団日本支部の幹部として組織へ蜜柑を勧誘した。
X団員
とんがり帽子のKKK団風マスクを被り、白いスーツを着込んだ男達。柚からは戦闘員と呼ばれていた。ちなみにX団の事業は「砂漠の緑化」「発展途上国への技術提供」「無公害エネルギーの開発」などだが、最終目標は世界制服である。

書籍[編集]

単行本は角川書店より全1巻発行されている。

単行本には角川書店『月刊少年エース』1998年10月号から12月号まで連載された1~3話と、先に『月刊少年エース増刊 エースダッシュ』1997年Vol.1に掲載された読み切り(第0話)、加えて『月刊少年エース増刊 桃組2001年Vol.2に掲載された『ぷちらんち山手零番館』(金谷ゆうき原作)を収録。装幀デザイン稲葉さゆり

関連項目[編集]