天王川 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
天王川
Tennogawa-gifu01.JPG
犀川第1排水機場付近(大垣市墨俣)
水系 一級水系 木曽川
種別 一級河川
延長 10 km
水源の標高 - m
平均流量 -- /s
(-)
流域面積 10.93 km²
水源 本巣市席田付近
河口・合流先 犀川(岐阜県大垣市墨俣)
流域 日本の旗 日本 岐阜県
テンプレートを表示

天王川(てんのうがわ)は、岐阜県本巣市本巣郡北方町岐阜市瑞穂市大垣市を流れる木曽川水系の河川長良川支流の犀川に合流する一級河川である。

地理[編集]

岐阜県本巣市南部の席田(むしろだ)付近(旧本巣郡糸貫町)が水源。本巣郡北方町内を南に流れ、岐阜市西河渡付近で旧中山道を越える。瑞穂市生津天王東町付近で東に流れを変え(一部はそのまま南下)、長良川天王川排水樋門を経て長良川に合流する。分流した流れは糸貫川サイフォンで潜り抜け[1]、長良川沿いに南に流れる。途中、東海道本線国道21号などを過ぎ、中川等を合流し、大垣市墨俣(旧安八郡墨俣町)地内で犀川と合流する[2]1973年(昭和48年)、瑞穂市生津天王東町に糸貫川・天王川排水機場が整備されて以降、一部の水は、糸貫川と合流し、長良川に直接注いでいる。

  1. ^ 1891年(明治24年)の地形図では既に糸貫川をサイフォンで潜り抜けている。
  2. ^ 1951年(昭和26年)の長良川の堤防整備により、犀川流域に切り落とされた。それまでは瑞穂市穂積付近で直接長良川に注いでいた。

流域の自治体[編集]

岐阜県
本巣市本巣郡北方町岐阜市瑞穂市大垣市