天理市立黒塚古墳展示館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 天理市立黒塚古墳展示館
外観
施設情報
管理運営 天理市
開館 2002年
所在地 632-0052 
奈良県天理市柳本町1118-2
位置 北緯34度33分36.3秒
東経135度50分38.5秒
座標: 北緯34度33分36.3秒 東経135度50分38.5秒
プロジェクト:GLAM

天理市立 黒塚古墳展示館(てんりしりつ くろづかこふんてんじかん)は奈良県天理市にある博物館。開館日は2002年10月12日

概要[編集]

古墳時代初期の前方後円墳である黒塚古墳から1998年に国内最多の三角縁神獣鏡33面、画文帯神獣鏡1面、大量の鉄製刀剣類、U字形の鉄製品などが出土した。これらの調査成果を公開・活用するために、天理市により、黒塚古墳の周濠だったと考えられる池の東畔の公園内に開設された施設である。

館内は、1階の吹き抜け下に黒塚古墳の石室が原寸大(長さ8.3m)模型で再現されており、2階の吹き抜け上から1階の石室全体を見渡すことができるようになっている。ほか1階では鉄器など黒塚古墳出土品のレプリカを展示して古墳時代の大和と黒塚古墳についてパネルで紹介、2階では出土した三角縁神獣鏡33面、画文帯神獣鏡1面の精巧なレプリカを展示している。なお出土品の実物は保存処理を施された上、奈良県立橿原考古学研究所にて保管されている。

利用情報[編集]

1F黒塚古墳石室レプリカ
2F展示室の出土品レプリカ
  • 開館時間 - 9:00~17:00
  • 休館日 - 祝日・月曜(月曜が祝日の場合はその翌日も休館。)
  • 入館無料

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]