天田城介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

天田 城介(あまだ じょうすけ、1972年10月4日 - )は、日本社会学者中央大学文学部人文社会学科社会学専攻教授

老い」や認知症をテーマに研究している[1]博士論文をもとにした著書『<老い衰えゆくこと>の社会学』は第3回日本社会学会奨励賞(著書の部)を受賞[2][3]

略歴[編集]

  • 1972年 埼玉県さいたま市(旧浦和市)生まれ。
  • 1981年 立教大学社会学部産業関係学科卒業。
  • 1997年 立教大学大学院社会学研究科社会学専攻修士課程修了(社会学修士)。
  • 2000年 立教大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程修了(社会学博士)。
  • 2000年 立教大学社会学部助手。
  • 2002年 熊本学園大学社会福祉学部講師。
  • 2003年 熊本学園大学社会福祉学部助教授。
  • 2007年 立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授(特別招聘准教授)。
  • 2008年 立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。
  • 2014年 立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。
  • 2015年 中央大学文学部人文社会学科社会学専攻教授。

著作[編集]

単著

  • 『〈老い衰えゆくこと〉の社会学』 多賀出版、2003年、普及版2007年、増補改訂版2010年
  • 『老い衰えゆく自己の/と自由――高齢者ケアの社会学的実践論・当事者論』 ハーベスト社、2004年、第二版2016年
  • 『老い衰えゆくことの発見』 角川学芸出版、2011年

共編著

  • 『社会学のつばさ――医療・看護・福祉を学ぶ人のために』 早坂裕子・広井良典共編 ミネルヴァ書房、2010年
  • 『老いを治める――老いをめぐる政策と歴史』 北村健太郎・堀田義太郎共編 生活書院、2011年
  • 『差異の繋争点――現代の差別を読み解く』 村上潔・山本崇記共編 ハーベスト社、2012年
  • 『体制の歴史――時代の線を引きなおす』 角崎洋平・櫻井悟史共編 洛北出版、2013年
  • 『社会的弱者との真の共生を目指して――医療・福祉・教育の連携と提言』 川崎聡大・伊藤智樹共編 富山大学出版会、2013年
  • 『大震災の生存学』 渡辺克典共編 青弓社、2015年

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]