天皇の杜古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天皇の杜古墳
Tenno-no-mori Kofun, zenkei.jpg
墳丘全景(左に前方部、右奥に後円部)
別名 天皇ノ杜古墳
所属 乙訓古墳群
所在地 京都府京都市西京区御陵塚ノ越町
位置 北緯34度58分39.04秒
東経135度41分22.74秒
座標: 北緯34度58分39.04秒 東経135度41分22.74秒
形状 前方後円墳(柄鏡式)
規模 墳丘長83.0m
高さ7.2m(後円部)
埋葬施設 不明
出土品 円筒埴輪・朝顔形埴輪
築造時期 4世紀末葉
史跡 国の史跡「天皇の杜古墳」
(「乙訓古墳群」に包含)
地図
天皇の杜 古墳の位置(京都市内)
天皇の杜 古墳
天皇の杜
古墳
テンプレートを表示

天皇の杜古墳(てんのうのもりこふん、天皇ノ杜古墳[1])は、京都府京都市西京区御陵塚ノ越町にある古墳。形状は前方後円墳。国の史跡に指定されている(史跡「乙訓古墳群」のうち)。

概要[編集]

京都盆地西縁、桂川右岸の山裾に築造された古墳である。中世期から文徳天皇平安時代の第55代天皇)の陵と伝承されており[2]、古墳名の「天皇の杜」や周辺地名の「御陵」はそれに由来するという[3][4]。現在までに墳丘を良好に遺存し、1988-1989年度(昭和63-平成元年度)には発掘調査が実施されている[3]

墳形は前方部が広がらない柄鏡式の前方後円形で、前方部を南南東方に向ける[1]。墳丘は2段築成[3][5]。墳丘長は約83メートルを測るが、これは京都市内では最大級の規模になる[5]。墳丘表面では葺石埴輪列(円筒埴輪・朝顔形埴輪)が検出されている[6][5]。墳丘周囲に周濠は巡らされていないが、周濠様の兆域区画が認められている[6][3]。主体部の埋葬施設は未調査のため明らかでない[3]

この天皇の杜古墳は、古墳時代中期初頭の4世紀末頃の築造と推定される[5]。被葬者は明らかでないが、考古学的には桂川右岸を治めた有力者と見られている[6][4]

古墳域は1922年大正11年)に国の史跡に指定され、現在は史跡公園として整備・開放されている[6]

来歴[編集]

構造[編集]

古墳の規模は次の通り[6][5]

  • 墳丘長:83.0メートル
  • 後円部 - 2段築成[3]
    • 幅:50.5メートル
    • 高さ:7.2メートル
  • 前方部 - 2段築成[3]
    • 幅:33.5メートル
    • 高さ:4.8メートル

文化財[編集]

国の史跡[編集]

  • 天皇の杜古墳(史跡「乙訓古墳群」のうち)
    1922年(大正11年)3月8日に「天皇の杜古墳」として国の史跡に指定(指定範囲面積は10,234平方メートル)[3][6][5]
    2016年(平成28年)3月1日、既指定の史跡「天皇の杜古墳」・「恵解山古墳」・「寺戸大塚古墳」の3件を統合し、これに五塚原古墳など8基の古墳を追加指定し、指定名称を「乙訓古墳群」に変更[8][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 天皇ノ杜古墳(古墳) 1989.
  2. ^ 天皇の杜古墳(平凡社) 1979.
  3. ^ a b c d e f g h 史跡説明板。
  4. ^ a b 天皇の杜古墳(国指定史跡).
  5. ^ a b c d e f g 史跡天皇の杜古墳 保存整備事業報告 1994, pp. 5-11.
  6. ^ a b c d e f g h i 天皇の杜古墳(京都市ホームページ「京都市情報館」)。
  7. ^ 乙訓古墳群 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  8. ^ a b 平成28年3月1日文部科学省告示第31号
  9. ^ a b 「史跡等の指定等について」(文化庁記者発表、2015年11月20日)

参考文献[編集]