天皇旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
天皇旗

天皇旗(てんのうき)は、天皇行幸その他のときに天皇のしるしとして用いられるである。

概要[編集]

1889年10月7日公布の海軍旗章条例(明治22年10月7日勅令第101号)にて制定(大日本帝国海軍の旗章)。但しこの意匠については古くからあり、鎌倉時代頃には皇室の紋として定着した。「十六八重表菊」が公式に皇室の紋とされたのは、1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号による。詳しくは菊花紋章の項を参照。

地質、、ただし特別の事由のあるときはこの限りでない。地色、紅。菊章、金。横、縦の3/2。菊心、旗面の中心。菊心径、縦の2/19。菊全径、縦の2/3。

大日本帝国陸軍においては、天皇の公式の鹵簿(ろぼ)に際しては儀仗兵が天皇旗を捧持し、天皇旗の通御(つうぎょ。通行)の6歩前から6歩後まで、礼式を行なう。

海軍旗章令においては、天皇の乗御のとき、艦船においては大檣頂に、短艇においては艇首の旗竿に掲げる。天皇が短艇で艦船に臨御のときは、短艇の着艦と同時に艦船に天皇旗を掲げ、短艇の天皇旗を撤去し、艦船から短艇に乗御のときは、短艇の発艦と同時に短艇に天皇旗を掲げ、艦船の天皇旗を撤去する。陸上の海軍官衙に臨御のときは天皇旗を旗竿に掲揚する。 第二次世界大戦後には軍の艦艇に乗る機会は無くなったが、1947年9月21日カスリーン台風により水没した被害地を視察した際、乗船したボートに天皇旗を掲げている[1]

サンフランシスコ平和条約発効後、昭和天皇の全国巡幸での1954年の北海道訪問以降、天皇の公式な外出において、御料車ボンネットの旗竿、外国での御召車の旗竿、国内に限り御召船たる民間船の、小型艇では艇首、中型大型船ではメインマストに、天皇旗が掲出されるのが慣例となっている。[2]

海上自衛隊においては、自衛艦は天皇旗を掲げている自衛艦その他の船舶に対して登舷の敬礼を行うものとし[3]、短艇は天皇旗を掲げている自衛艦その他の船舶に対して、機走中のときは運転を停止し、とう走中のときはかいを立て、帆走中のときは総帆を下げ、ろ走中のときはを上げた状態にして[4]、短艇指揮・短艇長及びその他の乗艇者は起立し挙手の敬礼を、艇員はそのまま姿勢を正す敬礼を[5]、約30メートル前で初め約10メートル過ぎるまでは行う[6]

なお、自衛隊の旗に関する訓令(昭和47年3月14日防衛庁訓令第3号)に天皇旗に関する記述はなく(自衛隊の旗)、海上自衛隊旗章規則第1章第2条第2項で「天皇旗、摂政旗及び皇族旗の海上自衛隊における使用については、別に定める。」としているがそれに対応する訓令等は存在しない。

脚注[編集]

  1. ^ 「被災者たちを御激励 陛下、埼玉懸を御視察」昭和22年9月22日1面
  2. ^ 日本テレビ. “皇室と空の旅 昭和天皇が見た「オーロラ」|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年3月16日閲覧。
  3. ^ 自衛隊の礼式に関する訓令 第5節第43条
  4. ^ 海上自衛隊礼式規則 第5節第30条第1項
  5. ^ 海上自衛隊礼式規則 別表第2
  6. ^ 海上自衛隊礼式規則 第5節第30条第2項

関連項目[編集]