天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天皇杯 JFA
第99回全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2019年5月25日-2020年1月1日
参加チーム数 88
試合総数 87
2018
2020-2021 →
テンプレートを表示

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会(てんのうはい JFA だい99かい ぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)(: Emperor's Cup JFA 99th Japan Football Championship)は、2019年5月25日から2020年1月1日まで開催される予定の天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会

概要[編集]

2018年12月13日にマッチスケジュールとシード枠が発表された[1]前回大会同様の5月開幕となるが、2回戦から4回戦の日程が約1か月繰り下げられている。

決勝の日程と会場についてはマッチスケジュール発表に先立つ2018年10月12日に、(新)国立競技場での元日開催となることが発表されている[2]。元日開催は2年ぶりで、国立競技場での決勝は国立霞ヶ丘陸上競技場(旧国立競技場)時代の第93回大会以来6年ぶり。また、今大会の決勝は(新)国立競技場で対外的に行う初めてのスポーツ競技大会となることが明らかにされており[1]、決勝と同年に開催される2020年東京オリンピック2020年東京パラリンピックの運営準備に向けて組織委員会におけるオペレーションの確認も行われる予定となっている。

本大会でのポスター・チラシ等に用いるメインビジュアルには、書道家青柳美扇が墨書した「挑」の文字が用いられている[3]

日程[編集]

2018年12月13日に発表された日程[1]および大会公式サイトの大会要項[4]に基づく。前回大会同様、1回戦は土日に、2回戦から準々決勝までは全て平日(水曜日)に開催される。

試合 開催日 予備日 参加チーム数変動 備考
1回戦 5月25、26日 5月27日 48 (1+47) → 24 アマチュアシード、都道府県代表の参加
2回戦 7月3日、10日 7月10日、17日 64 (24+18+22) → 32 J1・J2チームの参加
3回戦 8月14日 8月20日、21日、9月11日 32 → 16
4回戦 9月18日 9月25日 16 → 8
準々決勝 10月23日 11月27日 8 → 4
準決勝 12月21日 12月26日 4 → 2
決勝 2020年1月1日 2 → 1

出場チーム[編集]

以下の「出場回数」についてはJFAの公式記録に基づくが、基本的には「前身となるチーム(クラブ化前の実業団チーム、など)からの通算回数」としている。ただし、一部に例外もある。

J1リーグ[編集]

2019年のJ1リーグ所属の全18チーム[1]

チーム 出場回数
北海道コンサドーレ札幌 39回目
ベガルタ仙台 26回目
鹿島アントラーズ 36回目
浦和レッズ 55回目
FC東京 26回目
川崎フロンターレ 36回目
横浜F・マリノス 42回目[備考 1]
湘南ベルマーレ 48回目
松本山雅FC 14回目
チーム 出場回数
清水エスパルス 28回目
ジュビロ磐田 43回目
名古屋グランパス 43回目
ガンバ大阪 39回目
セレッソ大阪 51回目
ヴィッセル神戸 33回目
サンフレッチェ広島 68回目
サガン鳥栖 28回目[備考 2]
大分トリニータ 24回目

J2リーグ[編集]

2019年のJ2リーグ所属の全22チーム[1]

チーム 出場回数
モンテディオ山形 28回目
水戸ホーリーホック 24回目
栃木SC 20回目
大宮アルディージャ 25回目
ジェフユナイテッド千葉 55回目
柏レイソル 52回目
東京ヴェルディ 45回目
FC町田ゼルビア 8回目
横浜FC 21回目
ヴァンフォーレ甲府 28回目
アルビレックス新潟 28回目
チーム 出場回数
ツエーゲン金沢 16回目
FC岐阜 14回目
京都サンガF.C. 37回目
ファジアーノ岡山 12回目
レノファ山口FC 16回目
徳島ヴォルティス 31回目
愛媛FC 21回目
アビスパ福岡 28回目
V・ファーレン長崎 13回目[備考 3]
鹿児島ユナイテッドFC 6回目[備考 4]
FC琉球 13回目

アマチュアシードチーム[編集]

第67回全日本大学サッカー選手権大会優勝チーム[1]

チーム 所属リーグ 出場回数
法政大学 関東大学1部 13年ぶり13回目

都道府県代表[編集]

愛知県代表は4月20日[5]に、秋田・鳥取・島根・岡山・広島・山口の6県代表は4月21日[6]に、徳島県代表は5月5日[7]に、茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・兵庫・奈良の9都県代表は5月11日[8]に、それ以外の30道府県代表は5月12日[9]に決定。

都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
北海道 北海道教育大学岩見沢校 北海道学生1部 02年連続05回目
青森県 ヴァンラーレ八戸 J3 02年ぶり08回目
岩手県 いわてグルージャ盛岡 J3 12年連続13回目
宮城県 仙台大学 東北大学1部 04年ぶり03回目
秋田県 ブラウブリッツ秋田 J3 18年連続26回目
山形県 山形大学医学部 東北大学2部 04年ぶり03回目
福島県 いわきFC 東北1部 03年連続03回目
茨城県 流通経済大学 関東大学1部 02年連続10回目
栃木県 栃木シティFC 関東1部 02年ぶり10回目
群馬県 ザスパクサツ群馬 J3 17年連続17回目
埼玉県 東京国際大学 関東大学1部 02年ぶり06回目
千葉県 ブリオベッカ浦安 関東1部 02年ぶり04回目
東京都 明治大学 関東大学1部 05年ぶり14回目
神奈川県 桐蔭横浜大学 関東大学1部 04年ぶり03回目
山梨県 山梨学院大学ペガサス 山梨県1部 06年ぶり02回目
長野県 AC長野パルセイロ J3 08年連続09回目
新潟県 新潟医療福祉大学 北信越大学1部 04年連続04回目
富山県 カターレ富山 J3 04年連続11回目[備考 5]
石川県 北陸大学 北信越大学1部 02年ぶり04回目
福井県 福井ユナイテッドFC 北信越1部 08年連続11回目[備考 6]
静岡県 Honda FC JFL 04年連続39回目
愛知県 FC刈谷 東海1部 07年ぶり15回目
三重県 ヴィアティン三重 JFL 05年ぶり02回目
岐阜県 岐阜協立大学 東海学生1部 02年ぶり03回目
都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
滋賀県 MIOびわこ滋賀 JFL 02年連続07回目
京都府 立命館大学 関西学生1部 04年ぶり08回目
大阪府 FC大阪 JFL 03年連続05回目
兵庫県 関西学院大学 関西学生1部 02年連続27回目[備考 7]
奈良県 奈良クラブ JFL 11年連続11回目
和歌山県 アルテリーヴォ和歌山 関西1部 11年連続11回目
鳥取県 ガイナーレ鳥取 J3 20年連続22回目
島根県 松江シティFC JFL 05年連続06回目
岡山県 環太平洋大学 中国大学1部 09年ぶり02回目
広島県 SRC広島 中国 04年連続06回目
山口県 徳山大学 中国大学1部 04年連続11回目
香川県 カマタマーレ讃岐 J3 15年連続21回目
徳島県 FC徳島 四国 04年連続04回目
愛媛県 松山大学 四国大学 23年ぶり02回目
高知県 高知ユナイテッドSC 四国 04年連続04回目[備考 8]
福岡県 ギラヴァンツ北九州 J3 02年ぶり11回目[備考 9]
佐賀県 佐賀LIXIL FC 九州 02年連続09回目
長崎県 MD長崎 長崎県1部 02年ぶり03回目
熊本県 ロアッソ熊本 J3 20年連続20回目[備考 10]
大分県 ヴェルスパ大分 JFL 03年連続09回目
宮崎県 ホンダロックSC JFL 03年ぶり13回目
鹿児島県 鹿屋体育大学 九州大学1部 06年ぶり11回目
沖縄県 沖縄SV 九州 初出場

出場回数に関する備考

  1. ^ 日産自動車サッカー部→横浜マリノスからの出場回数を含む。なお、横浜フリューゲルスの出場回数(13回)は含まない。
  2. ^ 鳥栖フューチャーズの出場回数(5回)を含む(なお、鳥栖と鳥栖Fには組織としての連続性はない。当該項参照)。
  3. ^ 前身である国見FCの出場回数(1回)は含まない。
  4. ^ 前身のヴォルカ鹿児島(6回)およびFC KAGOSHIMA(1回、別に前身の鹿屋体育大学クラブで1回出場)の出場回数は含まない。
  5. ^ 前身の北陸電力/アローズ北陸 (10回出場)およびYKK APサッカー部 (11回出場)の出場回数は含まない。
  6. ^ 承継元のサウルコス福井 (10回出場)での出場回数を含む。
  7. ^ 関学クラブ (10回出場)および全関学 (4回出場)の出場回数は含まない。
  8. ^ 前身のアイゴッソ高知 (「南国高知FC」として3回出場)の出場回数は含まない。
  9. ^ 前身の三菱化成黒崎サッカー部の出場回数 (4回)を含まない。
  10. ^ NTT熊本およびアルエット熊本の出場回数(5回)を含む(なお、ロアッソ熊本(および旧チーム名のロッソ熊本)とNTT熊本およびアルエット熊本には組織としての連続性はない。当該項参照)。

試合結果[編集]

3回戦までの対戦カード及び2回戦までのマッチスケジュールは2019年4月4日に発表された[10]。以下の方法で抽選が行われた[11]

  • 1回戦は、アウェイで対戦することが決まっている24チームについて、東エリア (北海道・東北・関東+アマチュアシード。8チーム)を第1ポット、中央エリア (北信越・東海・関西。7チーム)を第2ポット、西エリア (中国・四国・九州。9チーム)を第3ポットに分け、第1→第3ポットの順番に抽選を行い、第3ポットで最後に残ったチームを第2ポットに移し、第2ポットを抽選して対戦相手を決定 (これにより、1回戦は原則としてエリア内のチーム同士の対戦となる)。
  • 2回戦は、2018年のJ1リーグ18チーム+2018年のJ2リーグ上位6チームの計24チームを上述のエリアごとに3つのポットに分け、各ポットごとに抽選を行って対戦カードを決定。これにより、2回戦も原則としてエリア内のチーム同士の対戦となるが、第1ポットが14チーム、第2ポットが7チーム、第3ポットが3チームと偏りが生じるため、「第2ポットから第3ポットに4チームを移動 → 第1ポットから8チームを抽選 → 第1ポットの残った5チームを第2ポットに移動 → 第2ポットを抽選 → 第3ポットを抽選」の手順で抽選が行われた。

なお、2018年のJ2リーグ7位以下のチームは、あらかじめ対戦カードが決められていた。

1回戦[編集]

2回戦[編集]

3回戦[編集]

ラウンド16(4回戦)[編集]

ラウンド16(4回戦)以降の組み合わせ抽選は、2019年8月16日に日本サッカー協会ビル (JFAハウス) 内にある日本サッカーミュージアム ヴァーチャルスタジアムで行われた。浦和と鹿島がAFCチャンピオンズリーグ2019に勝ち残っていること(この両チームの試合は予備日の9月25日に開催されることが決まっている)、横浜FM・Honda FC・法政大がラウンド16のホームスタジアムを確保できていないことを踏まえ、3つのポットを使って以下の手順で実施された[12]

  1. No.73ホーム→No.73アウェー→No.74ホーム→…の順にトーナメントポジションに1から16の番号を割り当てる。
  2. まず、1・3・5・7・9・11・13・15の番号の書かれたカプセルの入ったポットBを抽選し、浦和・鹿島のチーム名の書かれたカプセルの入ったポットAを抽選し、2チームのトーナメントポジションを決定する (これにより、浦和と鹿島はラウンド16で必ずホーム側となる)。
  3. 次に、2・4・6・8・10・12・14・16の番号の書かれたカプセルの入ったポットCを抽選し、横浜FM・Honda FC・法政大のチーム名の書かれたカプセルの入ったポットAを抽選し、3チームのトーナメントポジションを決定する(これにより、横浜FM・Honda FC・法政大はラウンド16で必ずアウェイ側となる)。
  4. ポットCに残った5つのカプセルをポットBに移し、残りの11チームの書かれたカプセルをポットAに入れ、ポットB→ポットAの順に抽選して残りのチームのトーナメントポジションを決定する。

ドロワーは日本サッカー協会会長の田嶋幸三と、日本サッカー協会専務理事・天皇杯実施委員長の須原清貴、ゲストドロワーとして元日本代表戸田和幸が参加[13]

脚注[編集]

注記[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会マッチスケジュールについて” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年12月13日), http://www.jfa.jp/news/00019988/ 2018年12月13日閲覧。 
  2. ^ “第99回天皇杯決勝 2020年1月1日に国立競技場での開催が決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年10月12日), http://www.jfa.jp/news/00019091/ 2018年12月13日閲覧。 
  3. ^ 大会ビジュアル「挑」の書を表現した青柳美扇さんからのメッセージ【天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会】 - YouTube(JFA公式チャンネル)
  4. ^ 大会要項”. 天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 公式サイト. 2019年5月15日閲覧。
  5. ^ “天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 愛知県代表にFC刈谷が決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年4月20日), http://www.jfa.jp/news/00021063/ 2019年4月20日閲覧。 
  6. ^ “天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 6県で代表決まる” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年4月20日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2019/news/00021067/?utm_source=jfa&utm_medium=kv/ 2019年4月20日閲覧。 
  7. ^ “天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 徳島県代表にFC徳島が決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年5月5日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2019/news/00021158/ 2019年5月11日閲覧。 
  8. ^ “天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 1都8県で代表決まる” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年5月11日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2019/news/00021204/ 2019年5月11日閲覧。 
  9. ^ “天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表すべて決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年5月12日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2019/news/00021207/ 2019年5月12日閲覧。 
  10. ^ “第99回天皇杯 組合せおよび1-2回戦マッチスケジュール決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年4月4日), http://www.jfa.jp/news/00020944/ 2019年4月21日閲覧。 
  11. ^ 天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 1回戦-3回戦 組合せ抽選会 - YouTube
  12. ^ 天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16組み合わせ抽選会(12m53s〜) - YouTube
  13. ^ “第99回天皇杯 ラウンド16抽選会 一般公開およびインターネットライブ配信のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年7月25日), http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2018/news/00022113/ 2019年8月16日閲覧。