天神中央公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天神中央公園
Fukuoka Acros.JPG
天神中央公園 奥はアクロス福岡
分類 都市公園
所在地
福岡県福岡市天神1丁目3−46
座標 北緯33度35分25.5秒 東経130度24分10.4秒 / 北緯33.590417度 東経130.402889度 / 33.590417; 130.402889座標: 北緯33度35分25.5秒 東経130度24分10.4秒 / 北緯33.590417度 東経130.402889度 / 33.590417; 130.402889
面積 3.1Ha
前身 旧福岡県庁舎
開園 1989年3月
運営者 福岡県
アクセス 西鉄福岡(天神)駅より徒歩約3分
天神駅より徒歩約5分
バスで
「市役所北口」より徒歩約1分
「渡辺通四丁目」より徒歩約1分
テンプレートを表示
天神中央公園西側。アクロス福岡より撮影

天神中央公園(てんじんちゅうおうこうえん)は、福岡県福岡市中央区天神にある県営公園である。

福岡市にあるが、「福岡中央公園」は誤用である(同名の公園が埼玉県ふじみ野市に存在する)。また、「福岡県営中央公園」は福岡県北九州市にある。

概要[編集]

福岡市を代表する繁華街である天神の東端にあって、福岡市役所の東側、アクロス福岡の南側に位置し、東側は那珂川支流の薬院新川を越えて中央区西中洲まで広がり、那珂川に面している。行政上は中央区天神1丁目および中央区西中洲6丁目。

総面積約31,000m2の平坦な公園で、中央は広大な芝生の広場となっており、その周囲には木々が植えられている。北に隣接するアクロス福岡の南面が階段状に植栽が施されており、公園と一体化してランドスケープを形づくっている。この公園は天神地区のオフィスなどで働く人々のオアシスにもなっている。公園の南側には福岡県済生会福岡総合病院がある。

薬院新川を挟んだ西中洲側には福岡県公会堂貴賓館があり、福博であい橋で那珂川対岸の中洲と繋がる。

1981年(昭和56年)11月に移転した旧福岡県庁の跡地を整備し、1989年(平成元年)3月に完成した。都心部の空間を有効利用するため公園の地下には駐車場が設けられている。

公園南側の噴水広場そばには「福岡藩刑場跡」の碑がある。これは後藤基次黒田長政から出奔したおり、基次昵懇の僧・空誉上人が長政(忠之とされることも)によって背中を裂かれ溶けた鉛を注がれ処刑されたことを供養するためのもの。

西鉄天神大牟田線西鉄福岡(天神)駅より徒歩5分ほど。入園料無料。

2011年(平成23年)3月27日より水上バス「福博みなとであい船」が福博であい橋付近より発着(詳細は那珂川 (九州)#水上バスを参照)。

脚注[編集]