天神神社 (岐阜市柳津町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天神神社
Tenjin Temple in Yanaizu.jpg
所在地 岐阜県岐阜市柳津町北塚2-27
位置 北緯35度22分4.15秒
東経136度44分9.14秒
主祭神 天穂日命 菅原道真
社格 式内社(小)
創建 不明
テンプレートを表示

天神神社(てんじんじんじゃ)は、岐阜県岐阜市柳津町(旧羽島郡柳津町)にある神社である。柳津天神神社ともいう。

式内社尾張国葉栗郡の穴太部神社である(穴太部神社は愛知県一宮市の賀茂神社の説もある)。

現在の天神神社は、穴太部神社、北天神神社、中天神神社を合祀した神社である。

概略[編集]

  • 穴太部神社の創建時期ははっきりしていないが、6世紀、聖徳太子が創建した太子寺(現光沢寺)の鎮守として創建されたという。祭神は天穂日命。位置は現在の天神神社の南、約500m付近という。江戸時代は「阿加多天神」と称され、光沢寺の鎮守であったが、明治時代神仏分離で独立する。
  • 北天神神社は、源頼実源頼定の説もある)が製作した菅原道真像を、1557年弘治3年)に源頼実の子孫が創建した神社であり、祭神は菅原道真。中天神神社は、創建時期は不明である。
  • 1945年(昭和20年)、穴太部神社と中天神神社が北天神神社に合祀され、1954年(昭和29年)に天神神社に改称される。

祭神[編集]

所在地[編集]

  • 岐阜県岐阜市柳津町北塚2-27

交通機関[編集]