天空音パレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天空音パレード
ジャンル J-POP
活動期間 2012年 -
レーベル VANGUARD
事務所 パラドックスプロダクション
公式サイト 天空音パレード公式サイト
公式ブログ
メンバー 足森 いづみ
柳谷 ちほ
渡辺 姫華
青山 さくら
姫咲 結海
竹上 梨華

天空音パレード(てんくうおんぱれーど)は、日本女性アイドルグループ[1]。パラドックスプロダクション所属。略称は天パレ(てんぱれ)。英語表記のTENKU ON PARADEの頭文字をとり、TOPと略記することもある。

概要[編集]

2012年7月1日に大阪で誕生した女性アイドルグループ。「神話の世界を歌にする」をコンセプトに、史実とファンタジーの世界を楽曲タイトルとし構成される「ジーザスサウンド」と呼ぶ楽曲群を携え、関西を中心に活動を行っている。毎週水曜日には大阪梅田にある天空音パレード常設イベント会場アイドルテラスにて水曜玉手箱という単独定期公演を行っている。週末には対バンライブに積極的に出演したり、アイドルテラスにて不定期の単独公演をおこなったりしており、年間200回を超えるライブイベントを開催している。賞コンテストでは、まねきねこ主催「すきどるPROJECT」で2015年全国準優勝、2016年全国優勝、「U.M.U AWARD」で2016年、2017年関西地区代表。

2014年3月1日に現在のグループ名に改名された。 旧グループ名は、拠点としていた十三にちなんだJSOであった。 天空音パレードというグループ名はメンバーがそれぞれ持ち寄った50個以上のアイデアを基に決められ、「十三に留まらず全国展開へ」「地下から地上、空まで駆け上がりたい」「関西のTOPを目指す」という願いが込められている。天空音パレードと改名すると同時に、マスコットキャラクターの「ヴァンちゃん」も誕生した。

「セルフプロモーション」もコンセプトの一つであり、ライブのセットリスト、定期公演の企画考案・進行から、専用劇場の掃除、衣装の購入、振り付けの考案や販売するグッズの準備までメンバー主導で行っている。[2]

結成当初のメンバーは6人であり、脱退・卒業や新規加入があり、現在は、初期メンバーの1人に途中加入の5人を加えた6人で活動している。

メンバーにはそれぞれイメージカラーが存在する(#メンバーの章参照)。グループのイメージカラーはスカイブルー。

また、CDのみならず、ジーザスサウンドを中心としたミュージック・ビデオ集や、旅の様子を収録したバラエティDVD、グラビア写真集をリリースしていることも特徴の一つである。

2018年春に全国ツアー「神降臨-GOD DESCENT-」を行い、全国11都市12会場でワンマンライブを開催した。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

2019年6月5日-
名前 よみ 愛称 誕生日 加入日 イメージカラー 特記事項
足森 いづみ あしもり いづみ いづみん 5月19日 2012年 7月1日 パステルイエロー リーダー
柳谷 ちほ やなぎたに ちほ ちほりん 9月21日 2017年 10月9日 ロイヤルパープル
渡辺 姫華 わたなべ ひめか ひめぴよ 2月21日 2018年 4月8日 オレンジブロッサム
青山 さくら あおやま さくら さくら 4月29日 2018年 4月8日 チェリーピンク
姫咲 結海 きさき ゆうみ ゆーみん 10月5日 2019年 6月5日 ストロベリーレッド
竹上 梨華 たけがみ りんか りんか 10月2日 2019年 6月5日 ミントグリーン
ヴァンガード・インペリアル ヴぁんがーど・いんぺりある ヴァンちゃん 3月1日 2014年 3月1日 七色 マスコットキャラクター
足森 いづみ(あしもり いづみ)
5月19日生まれ、B型
JSO結成当時からのオリジナルメンバー。キャッチフレーズは「見る人みんなの瞳の住人、天パレのファンタジスタ」。過去のキャッチフレーズは、「いづみらくるを起こしますっ! 」、「年中無休で全力疾走、天パレのエースストライカー」。ファンタジスタ、エースストライカー、共に、高校時代にサッカー部と両立していたことに由来する。高校時代のサッカー部でのポジションは右ライトバック。試合前であれば大分遠征でもサッカーボールを持ってくるくらい熱心に打ち込んでいた。センター曲は「クロスロード」。ライブ中の元気な笑顔が特徴。2015年3月31日に高校を卒業し、卒業旅行では竹下とともに韓国へ行き、ライブ用衣装を購入してきた。名前の英字表記を長らく日本式ローマ字による'Idumi'としていたが、卒業旅行にあたりパスポートを取得してからは'Izumi'も使用している。好きな髪形はおだんご。好きな食べ物は麺。好きなパスタはペペロンチーノ。好きなラーメンは塩ラーメン。好きな花はチューリップ。
柳谷 ちほ(やなぎたに ちほ)
9月21日生まれ、A型
2017年9月13日の水曜玉手箱で候補生としてデビュー。2017年10月9日の主催イベント「天空音パレードGIG」でメンバーに昇格。キャッチフレーズは「イメージカラーは、ロイヤルパープル。冷静沈着 京都のおしゃべり娘、天パレのエンターテイナー」。過去のキャッチフレーズは「冷静沈着 京都のはんなり娘、天パレのマーキュリー」。2017年に1年目の社会人を辞め、長年の夢だったアイドルとして輝きたい!とアイドルになる道を選んだ。好きな食べ物は、唐揚げ、ラーメン、お寿司、チーズケーキ。趣味は、カメラで愛機は、OLYMPUSのPEN E-PL7とCanon EOS Kiss X9。自身が撮影した「ちほりんフォト」を中心とした天空音パレードの写真展を開催した。
渡辺 姫華(わたなべ ひめか)
2月21日生まれ、B型
2018年1月8日の天空音パレード3rdGIGで候補生としてデビュー。2018年4月8日の神降臨ツアーファイナルでメンバーに昇格。キャッチフレーズは「イメージカラーはオレンジブロッサム。今日もぴよぴよひめぴよワールド全開、天パレのプリマドンナ」。アイドルを始めるきっかけは、アイドルに憧れていて、うめきたガーデンで天空音パレードのステージを一緒に観た母が背中を押してくれたことである。好きなことは、歌うことが一番に上がるだけあり、歌唱力はかなり高い。好きな食べ物は、ポン酢うどん、しゃぶしゃぶ、自家製餃子。好きなキャラクターは、ドラクエのスライム。メンバーの中で一番身長が小さい。
青山さくら(あおやま さくら)
4月29日生まれ、A型
2018年1月8日の天空音パレード3rdGIGで候補生としてデビュー。2018年4月8日の神降臨ツアーファイナルでメンバーに昇格。キャッチフレーズは「イメージカラーはチェリーピンク!可憐に清楚に七変化!天パレのヤマトナデシコ」。小さいころから温めていた「アイドルになりたい」という夢を叶えるため天空音パレードに応募した。好きなお菓子は、チョコレートとポテトチップス。特技は、腕相撲、円周率の暗唱。円周率は、100桁くらいまで暗唱できる。小倉百人一首も学校の大会で上位入賞したことがある。好きな教科は、以前は数学、今は現代国語。歴史にはまっていたこともある。好きな武将は徳川家康。好きな食べ物は、オムライス、桃、チョコレートとポテトチップス。好きなキャラクターは、ぐでたま。
姫咲結海(きさき ゆうみ)
10月5日生まれ
2018年12月23日天空音パレードクリスマスライブ-既知との遭遇-で候補生としてデビュー。2019年6月5日の水曜玉手箱でメンバーに昇格。キャッチフレーズは「イメージカラーはストロベリーレッド!甘えん坊な気まぐれ少女!天パレのベビープリンセス」。保育系の学校に通う学生。趣味は、読書と風景などの写真撮影。長所は、人懐っこくて誰とでもすぐに仲良くなれること。好きな手べものは、パフェ、お寿司、ハンバーグ、オムライス。
竹上梨華(たけがみ りんか)
10月2日生まれ、A型
2018年12月23日天空音パレードクリスマスライブ-既知との遭遇-で候補生としてデビュー。2019年6月5日の水曜玉手箱でメンバーに昇格。キャッチフレーズは「イメージカラーはミントグリーン!全力前進ポジティブガール!天パレの織り姫」。身長は、147cmでメンバーの中で一番低い。ピアノ・ダンスを5歳から7年やっていた。声優にも興味があり、声色を変えるのが得意。書道や絵でも学校で賞状を貰うくらいの腕前。 好きな食べ物は、チョコミント、トマト、梅のお菓子、甘いもの。
ヴァンちゃん(ヴァンガード・インペリアル)
2014年3月1日生まれ、42歳
2014年3月1日にグループ名が天空音パレードに変更されると同時に誕生した、天空音パレードのマスコットキャラクター。公式のTシャツやリストヴァンド、ステッカーや弾幕などに登場している。デザインは百武あい。名前の発案は徳永彩佳。コウモリの英訳をヴァンパイアと勘違いしたためだが、ヴァンちゃん自身も自分がヴァンパイアの末裔だと思っている。ヴァンちゃんズの公式ブログ[3]にはたびたび登場しており、一人称は「ヴァイ」。さよならの挨拶は「ヴァイヴァイ」。色は特に定まってはいないが、テンションが上がると金色になる。夢は天空王。一月毎に1つ年齢を重ねる。

過去のメンバー[編集]

天空音パレードでは、メンバーがグループから離れることを卒業、または脱退と表現する。この発表は公式サイトまたは公演を通じて行われ、通常、卒業するメンバーは卒業公演が開催される。

2019年4月15日現在
名前 よみ 愛称 誕生日 加入日 卒業/脱退日 在籍日数 イメージカラー 特記事項
秋瀬 まい あきせ まい まいぴ 9月8日 2012年 7月1日 2013年 2月28日 242日 ピンク オリジナルメンバー
築城 汐里 ついき しおり したん 3月1日 2012年 7月1日 2013年 6月13日 347日 オリジナルメンバー
増山 萌音 ますやま ももね ももたん 12月30日 2013年 4月21日 2014年 7月7日 442日 ライムグリーン
田中 優貴 たなか ゆうき ゆうゆ 10月1日 2013年 4月21日 2014年 11月25日 583日 ショッキングピンク
田辺 理子 たなべ りこ りったん 8月1日 2015年 4月11日 2016年 5月22日 407日 ベビーピンク
佐藤 玲奈 さとう れいな おさとうさん 4月17日 2015年 4月11日 2017年 1月28日 658日 ディープパープル ヴァンちゃんズ出身
百武 あい ひゃくたけ あい あいちゃん 2月12日 2012年 7月1日 2017年 4月2日 1736日 コーラルオレンジ オリジナルメンバー
武藤 早紀 むとう さき さっちゃん 11月28日 2017年 4月30日 2017年 9月22日 145日 ローズピンク
芦田 愛由 あしだ あゆ あゆごん 4月25日 2014年 11月1日 2018年 4月22日 1268日 ピュアホワイト ヴァンちゃんズ出身
竹下 絵莉 たけした えり えーりん 5月1日 2012年 7月1日 2018年 9月24日 2277日 パッションレッド オリジナルメンバー、初代リーダー
白石 栞奈 しらいし かんな かんな 10月7日 2017年 10月9日 2018年11月2日 391日 アップルグリーン
徳永 彩佳 とくなが あやか あやかぴ 6月28日 2012年 7月1日 2019年4月14日 2479日 サムライブルー オリジナルメンバー

ヴァンちゃんズ[編集]

天空音パレード候補生グループ。英語表記はVANCHANZ。 ヴァンちゃんズから不定期に、天空音パレードに正規メンバーとして加入する。

月に2回(木曜日)、アイドルテラスにて木曜ファンファーレという単独公演を行っていた。単独公演ではあるが、天空音パレードのメンバーのうち2〜3人が助っ人として公演に参加する。天空音パレードのメンバとは異なり、メンバーにイメージカラーが存在しない。

2015年4月11日に佐藤玲奈が天空音パレードに加入したことにより、ヴァンちゃんズのメンバーが0人になり、事実上の活動停止となった。

ヴァンちゃんズという名称の由来は、前述の天空音パレードのマスコットキャラクター、ヴァンちゃんである。

メンバー一覧

  • 過去に在籍したことのあるメンバーを記載する。
名前 よみ 愛称 誕生日 加入日 卒業/脱退日 在籍日数 特記事項
芦田 愛由 あしだ あゆ あゆごん 4月25日 2014年 7月27日 2014年 10月31日 96日 天空音パレードに加入
林 真矢 はやし まや まーや 5月8日 2014年 7月27日 2014年 10月11日 76日
花村 心愛 はなむら ここあ ここあ 7月26日 2014年 7月27日 2014年 10月27日 92日
七瀬 めい ななせ めい めいにゃん 3月30日 2014年 10月2日 2015年 3月8日 157日
佐藤 玲奈 さとう れいな れいれい 4月17日 2014年 11月20日 2015年 4月10日 141日 天空音パレードに加入

定期公演[編集]

梅田にある専用イベント会場アイドルテラスで単独の定期公演を行っている。 毎週水曜日、19時〜20時メンバー全員参加の単独イベント水曜玉手箱が開催される。歌、ダンス、トークやコーナー、季節ごとの様々な企画内容が行われており、客席は全席シッティングである。セットリストはオリジナル曲が中心である。また、木曜日には隔週で木曜ファンファーレというイベントが開催されている。木曜ファンファーレは元々、候補生グループのヴァンちゃんズの主催で行われていた公演であったが、ヴァンちゃんズの活動が終了した後、毎回異なる選抜メンバーによる公演へと形を変えた。木曜ファンファーレは水曜玉手箱と同様に歌、ダンス、トークやコーナで構成されているが、こちらは選抜メンバーによる公演であるため、カヴァー曲やパート割を変えたオリジナル曲が披露される。玉手箱は不定期で週末や祝日にも開催される。この場合、曜日に応じたイベント名(例:日曜玉手箱)になったり、イベントにテーマを設定した公演が開催されたりする。例えば2014年5月3日に開催されたグルメ玉手箱ではメンバーがエプロンをつけた衣装で、客も交えて焼きそば食べたりホットケーキ食べたりと[4]、趣向を凝らしている。

定期公演では基本的に衣装での公演であるが、四季に1度メンバーの私服による公演が開催される。

公演時間は、水曜玉手箱と木曜ファンファーレは約60分間、不定期の公演は約60分または約90分であり、公演後に無料で参加できるメンバー全員との握手会がある。握手会の後はグッズの販売とサイン会が約1時間程度開催される。

ジーザスサウンド/神曲[編集]

天空音パレードの持つオリジナル楽曲のうち、楽曲コンセプトの1つであるジーザスサウンド(神曲)を具現化する楽曲については、神曲シリーズ第○弾と明示的に謳われると同時に、楽曲のコンセプトを示すサブタイトルが与えられる。また曲毎にイメージカラーおよび性別が設定されるが、リリース時に明示されることはなく発表されるタイミングは不定である。イメージカラーはステージのライティングに反映される。

No. タイトル サブタイトル イメージカラー
1 アマテラス 太陽の神
2 カグヤ 天界からの使い
3 サラマンダー 灼熱の火竜
4 タイタン 大地を揺るがす巨人族
5 ナイツオブラウンド 円卓の騎士
6 ハイドアンドシーク 神々の隠れんぼ 黒 (赤)
7 マクイルショチトル 楽園の聖歌隊
8 ヤマトタケル 歴史の道標 ピンク
9 ラグナロク 世界の終焉 灰 (赤・青)
10 ワールズ 受け継がれし神語(カンガタリ) 全色
11 ロビンフッド 聖森の義賊
12 エンマ 地獄の番人
13 ソンゴクウ 縦横無尽の大活劇
14 リヴァイアサン 渦巻く大海嘯
15 イヴ 禁断の果実
16 ギャンブラー 伝説の勝負師
17 サンダーバード 雷雲の中の幻鳥
18 ヤマタノオロチ 八尾の巨龍
19 エクスカリバー 伝承されし聖剣
20 シンドバッド インドの風

第10弾「ワールズ」はジーザスサウンドシリーズ第一幕の集大成としてリリースされ、それまでのジーザスサウンドの歴史を物語るような歌詞がつけられた作品となっている。本作をもってジーザスサウンドシリーズの第一幕は完結。シリーズ第二幕は、「神話の世界を歌にする。」アイドルとして、神話や伝説・ファンタジーの世界まで扱うことにし、第11弾「シンドバッド」をリリースした。「ワールズ」のアウトロと「シンドバッド」のイントロはつながる音階とピアノであり、つながりを象徴している。

第一幕において、タイトルの一文字目は順列をなしており、コンセプトの重厚さを強調した。順列の存在は第10弾のリリースが予告された直後に発表され、驚きを呼んだ。第二幕では、それぞれの曲がシリーズ第一幕のいずれかの曲と何らかの関係性を持たせられており、それは世界観が対照的または系譜を踏襲している、作曲者と振付師が同じ、曲調が類似しているなどなどである。それぞれの対応関係を第一幕のリリース順とするため、上記表の第二幕についてはリリース順には記載していない。

なお、楽曲「天空音パレード」はジーザスサウンドシリーズの楽曲ではないが、グループ「天空音パレード」と同じスカイブルーがイメージカラーとして設定されている。

活動略歴[編集]

2012年
  • 6月21日 公式ブログ開始
  • 6月22日 百武あい・徳永彩佳による「かぴょん」結成
  • 7月1日 竹下絵莉・百武あい・徳永彩佳・足森いづみ・筑城汐里・秋瀬まいの6人でJSOとして結成
  • 7月11日 百武あいがニックネームを「あいちゃん」から「あいぴょん」に変更する
  • 7月14日 【Sweet Paradise Vol.13】〜スイパラ海の家〜(日本橋j-bridge)にて初ライブ出演
  • 8月8日 十三のa-styleにて初の単独スタジオイベント開催
  • 10月17日 スタジオイベントにて初のオリジナル曲『Run after a dream』を初披露
  • 10月21日 百武あいがニックネームを「あいぴょん」から「あいちゃん」に戻す
2013年
  • 2月27日 秋瀬まいが卒業
  • 3月13日 1stシングル『アマテラス』をリリースし、CDデビュー
  • 4月24日 増山萌音・田中優貴が加入
  • 6月13日 築城汐里が卒業
  • 7月13日 初のワンマンライブ〜恋してぶんぶん〜を開催(中津Vi-code)
  • 9月11日 2ndシングル『カグヤ』をリリース
  • 10月5日 ライブDVD『1stワンマンライブ 恋してぶんぶん』をリリース
  • 11月10日 単独イベント会場を十三のa-styleから梅田のアイドルテラスに移転
2014年
  • 3月1日 グループ名をJSOから天空音パレードに改名
  • 4月5日 天空音パレードと行く天空の城日帰りバスツアーを開催
  • 4月23日 3rdシングル『サラマンダー』をリリース
  • 5月18日 初の主催ライブイベント『パンパカパン!』を開催(西天満LIVEHOUSE'D)
  • 7月6日 増山萌音が卒業
  • 7月 フジテレビ主催「うますぎるアイドルは誰だ!?歌がうまいアイドル日本一決定戦」に竹下絵莉が参加
  • 7月28日 主催ライブイベント第2弾『真夏の天空観測』を開催(西天満LIVEHOUSE'D)
  • 7月28日 芦田愛由・花村心愛・林真矢の3人でヴァンちゃんズを結成
  • 8月4日 - 8月11日 「全国の【ろこどる】が踊ってみた」(TBS主催)に足森いづみが参加
  • 8月10日 秋葉原にて@JAM NEXT番外編 〜出れんの!?@JAM!? 最終公開オーディション審査〜に出演
  • 8月22日 - 8月24日 大型フェリーさんふらわぁで行く神戸〜大分の旅を開催
  • 10月2日 ヴァンちゃんズに七瀬めいが加入
  • 10月11日 林真矢が卒業
  • 10月27日 花村心愛が卒業
  • 11月1日 芦田愛由が天空音パレードに加入
  • 11月20日 ヴァンちゃんズに佐藤玲奈が加入
  • 11月25日 田中優貴が脱退
  • 11月26日 4thシングル『タイタン/ナイツオブラウンド』をリリース。
  • 11月30日 2ndワンマンライブ「stand by me」を開催(梅田Ash OSAKA)
  • 12月28日 ライブDVD『2ndワンマンライブ STAND BY ME』をリリース
2015年
  • 1月10日 主催ライブイベント第3弾『初夢エスコート』を開催(西天満LIVEHOUSE'D)
  • 1月25日 第5回熱闘アイドル甲子園 春の選抜大会 に出演(渋谷VUENOS)
  • 3月8日 七瀬めいが卒業
  • 3月29日 初のミュージック・ビデオ集『音戯奏師』をリリース
  • 4月11日 主催ライブイベント第4弾『さくら前線!』を開催(西天満LIVEHOUSE'D)
  • 4月11日 佐藤玲奈がヴァンちゃんズから天空音パレードに加入
  • 4月11日 田辺理子が天空音パレードに加入
  • 4月30日 ABCテレビmusicるTVに出演し、グループとして全国地上波デビュー
  • 7月4日 主催ライブイベント第5弾『わたしと空とフローズン』を開催(西天満LIVEHOUSE'D)
  • 4月3日-7月11日 すきドルPROJECT2に参加[5]。準グランプリを獲得し、持ち歌にすきドル公式ソング『SAY☆いぇ〜!』が追加[6]。(7月11日 すきドルLIVE 東京 ラフォーレミュージアム六本木)
  • 7月29日 百武あい・足森いづみによる初のイメージビデオ『柑橘トロピカル in GUAM』をリリース
  • 4月13日-8月14日 全国のアイドルによる国民的アニメソングカバーコンテスト「愛踊祭~あいどるまつり~」に参加。1番乗りでのエントリーを果たしたことで「musicるTV」への出演機会を得た後、書類審査による一次審査を通過。WEB投票による二次審査を関西エリア15組中5位で通過し、エリア代表決定戦(イオンモールりんくう泉南)にまで進出した[7]
  • 8月30日 初の写真集、百武あい『あいらんど』、足森いづみ『せーのっ!』を発売。同日、初となる書店でのインストアイベント「『せーのっ!』『あい らんど』刊行記念 足森いづみさん 百武あいさん サイン&握手会」を開催(ジュンク堂書店千日前店、MC:竹下絵莉)
  • 10月21日 5thシングル『ハイドアンドシーク/マクイルショチトル』をリリース
  • 10月24日 竹下絵莉 初主催ライブイベント『竹下祭〜初主催だよぴっぴ〜』を開催(西天満GANZ toi.toi.toi.)
  • 10月24日 主催ライブイベント第6弾『5thシングルリリース記念ライブ〜ハーベスト〜』を開催(西天満GANZ toi.toi.toi.)
  • 12月12日 3rdワンマンライブ「天空のカタルシス」を開催(心斎橋大阪RUIDO)
  • 12月23日 徳永彩佳・芦田愛由による北海道旅行DVD『北国大作戦 in 北海道 〜ふたりでできるもん〜』をリリース
2016年
  • 2月7日-2月21日 「第3回アイドルソロクイーンコンテスト2016」に竹下絵莉・足森いづみ・芦田愛由が参加[8][9]。揃って準決勝にまで進出した。(2月7日 関西地区予選: 大阪市 東成区民センター小ホール、2月21日 準決勝: 東京 なかのZERO小ホール)
  • 4月6日 初のメンバー全員参加による映像作品、台湾旅行DVD『天空台北記』をリリース
  • 4月27日 6thシングル『ヤマトタケル/ラグナロク』をリリース
  • 5月22日 田辺理子が卒業
  • 7月9日 徳永彩佳超主催イベント「あやフェス2016」を開催(箱作海水浴場ぴちぴちビーチ)
  • 4月1日-8月20日 すきドルPROJECT3に参加[10]。期間を通じての歌唱・物販ポイント、3ステージに渡る決勝ライブでの来場ポイント、全てで他グループを上回り[11]グランプリを獲得[12]。持ち歌にすきドル公式ソング『MONSTER』が追加。(7月23日 すきドルLIVE! 2016 (1) 名古屋 伏見JAMMIN'、8月20日 すきドルLIVE! 2016 (2),(3) 大阪 梅田amHALL)
  • 9月8日 主催ライブイベント第7弾『きゅ~とにハイサーイ! 』を開催(梅田HOLIDAY OSAKA)
  • 6月-10月4日 ミスFLASH2017オーディション(光文社FLASH編集部主催)に百武あいが参加。書類選考、面接選考、カメラテストを通過し50名のサバイバルバトルに進出[13][14]、撮影会、ネット生放送(マシェバラ)、ネット配信(SHOWROOM)、FLASH本誌読者投票、公式サイト[15]のWEB投票などによる審査を12位で通過し、30名によるセミファイナルバトルに進出。10位以内での通過は叶わなかったが、敗者復活戦であるチャレンジバトルに出場し勝ち残り、ファイナリスト20名の一人として[16]ファイナルバトルにまで進出した。
  • 10月22日 徳永彩佳・百武あいによるグラビアムービーDVD『キミとかぴょん』をリリース
  • 10月22日 主催イベント『ハロウィンナイト』を開催(西天満LIVEHOUSE'D)
  • 11月9日 7thシングル『ワールズ』をリリース
  • 6月20日-11月27日 U.M.U AWARD 2016「ご当地アイドル日本一決定戦」に参加[17]。グループとして初めて書類審査による一次審査を通過、二次審査の関西エリア代表決定戦1部では1位を獲得し[18]、関西エリア代表として決勝大会ファイナルステージにまで進出した[19][20]。(10月30日 関西エリア代表決定戦 大阪 グランフロント大阪 EVENT Lab.、11月27日 決勝大会 東京 渋谷VISION)
  • 12月23日 ジーザスサウンド完成記念DVD、ミュージック・ビデオ集『音戯奏師2』をリリース
  • 12月24日 4thワンマンライブ「Xmas Parade」を開催[21](梅田amHALL)
2017年
  • 2016年5月-1月17日 ミスアクション2017前期オーディション(双葉社刊行「漫画アクション」主催)に徳永彩佳が参加。書類審査による1次選考と撮影会での投票による2次選考からなるサバイバルオーディションに勝ち残り、本戦グランプリバトルに進出。撮影会(フォトセッション)での投票に加え、雑誌投票、WEB投票、ネット生放送(ライブチャット)、ゲームアプリ「グラドルコレクション」での投票を競い、セミファイナル、ファイナルへと進出、準グランプリを受賞。
  • 1月28日 佐藤玲奈が卒業
  • 3月3日 初となるディナーショー「UMEDA IDOL THEATER Vol.2」に出演(梅田Soap opera classics -Umeda-)
  • 4月2日 主催単独ライブイベント「天空音パレード 百武あい卒業LIVE」を開催(西天満LIVEHOUSE'D)
  • 4月2日 百武あいが卒業[22]
  • 4月30日 主催単独イベント「天空音パレード新章開幕GIG 〜芦田愛由生誕後夜祭&竹下絵莉生誕前夜祭記念〜」を開催(梅田HOLIDAY OSAKA)[23]
  • 4月30日 武藤早紀が候補生から天空音パレードに加入
  • 5月17日 足森いづみ・竹下絵莉による初バリバラエティDVD『バリバリバカンスッ!~魂解放ツアー~』をリリース
  • 5月31日 8thシングル『シンドバッド/エンマ』をリリース
  • 9月22日 武藤早紀が脱退
  • 10月9日 主催単独ライブイベント「天空音パレード2ndGIG ~ハロウィンナイト~」を開催(西天満GANZ.toi.toi.toi.)
  • 10月9日 柳谷ちほ・白石栞奈が候補生から天空音パレードに加入
  • 11月15日 9thシングル『ソンゴクウ/ギャンブラー』をリリース
  • 12月 『2017年下半期(第9回)アイドルセレクト10』に選出

2018年

  • 2月21日 天空音パレード初のフルアルバム『mythical world(ミジカルワールド)』をリリース[24]
  • 3月1日-4月8日 全国ツアー「神降臨-GOD DESCENT-」を行い、全国11都市12会場でワンマンライブを開催
  • 4月8日 全国ツアー「神降臨-GOD DESCENT-」ファイナルを開催(梅田amHALL)[25]
  • 4月8日 青山さくら・渡辺 姫華が候補生から天空音パレードに加入[26]
  • 4月22日 芦田愛由が卒業
  • 6月 『2018年上半期(第10回)アイドルセレクト10』に選出
  • 8月8日 10 thシングル『ゼルダ/カムイ』をリリース
  • 8月日本女子プロ野球リーグ・アイドルサマーフェスティバル2018(2018年8月13日、京セラドーム大阪)[27]に出演。
  • 9月24日 竹下絵莉が卒業
  • 9月24日 二代目リーダーに足森いづみが就任
  • 11月2日 白石栞奈が脱退
  • 12月18日 『2018年下半期(第11回)アイドルセレクト10』に選出[28]

2019年

  • 1月16日 11thシングル『キューピッド/オリハルコン』をリリース[29]
  • 4月14日 徳永彩佳が卒業
  • 6月5日 姫咲結海と竹上梨華が候補生から正規メンバに昇格[30]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

JSO名義
  • 「太陽の神『アマテラス -amaterasu-』」(2013年3月13日)
  1. アマテラス(作詞:JSO、作曲・編曲:Studio KSP)
  2. Run after a dream(作詞:Studio KSP・JSO、作曲・編曲:Studio KSP)
  3. アマテラス(off vocal)
  4. Run after a dream(off vocal)
  • 「天界からの使い『カグヤ -kaguya-』」(2013年9月11日)
  1. カグヤ(作詞:JSO、作曲・編曲:Studio KSP)
  2. 恋してぶんぶん(作詞:JSO、作曲・編曲:Studio KSP)
  3. カグヤ(off vocal)
  4. 恋してぶんぶん(off vocal)
天空音パレード名義
  • 「灼熱の火竜『サラマンダー -salamander-』」(2014年4月26日)
  1. サラマンダー(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:Studio KSP)
  2. 天空音パレード(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:Studio KSP)
  3. サラマンダー(off vocal)
  4. 天空音パレード(off vocal)
  • 「大地を揺るがす巨人族『タイタン -TITAN-』/ 円卓の騎士『ナイツオブラウンド -KIGHTS OF THE ROUND-』」(2014年11月26日)
  1. タイタン(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:Studio KSP)
  2. ナイツオブラウンド(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:Studio KSP)
  3. タイタン(off vocal)
  4. ナイツオブラウンド(off vocal)
  • 「神々の隠れんぼ『ハイドアンドシーク -hide and seek-』/ 楽園の聖歌隊『マクイルショチトル -MACUILXOCHITL-』」(2015年10月21日)
  1. ハイドアンドシーク(作詞:van、作曲・編曲:kei)
  2. マクイルショチトル(作詞:van・竹下絵莉、作曲・編曲:KyoMiura)
  3. どどどどんかーん!(作詞:竹下絵莉・百武あい・佐藤玲奈、作曲・編曲:辻たいじ)
  4. ハイドアンドシーク(offvocal)
  5. マクイルショチトル(offvocal)
  6. どどどどんかーん!(offvocal)
  • 「歴史の道標『ヤマトタケル -YAMATOTAKERU-』/ 世界の終焉『ラグナロク -RAGNAROK-』」(2016年4月27日)
  1. ヤマトタケル(作詞:VAN、作曲・編曲:kei)
  2. ラグナロク(作詞:VAN・竹下絵莉・佐藤玲奈、作曲:北口慎一朗、編曲:北口慎一朗・kei)
  3. ツインテール(作詞:VAN、作曲・編曲:kei)
  4. 光輝くホライズン(作詞:足森いづみ・田辺理子、作曲・編曲:kei)
  5. ヤマトタケル(offvocal)
  6. ラグナロク(offvocal)
  7. ツインテール(offvocal)
  8. 光輝くホライズン(offvocal)
  • 「受け継がれし神語(カンガタリ)『ワールズ』」(2016年11月9日)
  1. ワールズ(作詞:VAN、作曲・編曲:kei)
  2. 道化輪舞曲~ピエロンド~(作詞:竹下絵莉・佐藤玲奈、作曲・編曲:kei)
  3. エナジーソング(作詞:VAN・芦田愛由、作曲:ヒロセケイタ、編曲:ヒロセケイタ・kei)
  4. ワールズ(off vocal)
  5. 道化輪舞曲~ピエロンド~(off vocal)
  6. エナジーソング(off vocal)
  • 「インドの風『シンドバッド -Sindibaad-』/ 地獄の番人『エンマ』」(2017年5月31日)
  1. シンドバッド(作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  2. エンマ(作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  3. Are you ready? (作詞:出癸健助、VAN、作曲・編曲:鳩葉二智也)
  4. シンドバッド(off vocal)
  5. エンマ(off vocal)
  6. Are you ready? (off vocal)
  • 「縦横無尽の大活劇『ソンゴクウ』/ 伝説の勝負師『ギャンブラー』」(2017年11月15日)
  1. ソンゴクウ(作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  2. ギャンブラー(作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  3. Right-of-way (作詞:足森いづみ、作曲・編曲:千原弘嗣)
  4. ソンゴクウ(off vocal)
  5. ギャンブラー(off vocal)
  6. Right-of-way (off vocal)
  • 『ゼルダ』/『カムイ』(2018年8月8日)
  1. ゼルダ(作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  2. カムイ(作詞:VAN、作曲・編曲:nabet)
  3. ハッピーアワー(作詞:足森いづみ・白石栞奈、作曲・編曲:Kei)
  4. ゼルダ(off vocal)
  5. カムイ(off vocal)
  6. ハッピーアワー(off vocal)
  • 『キューピッド』/『オリハルコン』(2019年1月16日)
  1. キューピッド (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei(Trice M))
  2. オリハルコン (作詞:VAN・竹下絵莉、作曲:北口慎一朗、編曲:北口慎一朗・Kei(Trice M))
  3. キューピッド(off vocal)
  4. オリハルコン(off vocal)

アルバム[編集]

  • 「フルコース」(2015年6月10日)
  1. 十三響想曲(作詞:金川武史、作曲・編曲:金川武史)
  2. winning run(作詞:金川武史、作曲・編曲:金川武史)
  3. オレンジ☆センシ(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:ザわ)
  4. パレディエール(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:大野瞬)
  5. 心が☆chikuchiku(作詞:GASAN、作曲・編曲:GASAN)
  6. クロスロード(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:Kei)
  7. ボケたらツッこんで!(作詞:天空音パレード、作曲・編曲:金川武史)
  • 「mythical world」(2018年2月21日)
  1. ロビンフッド (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  2. エンマ (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  3. ソンゴクウ (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  4. リヴァイアサン (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  5. イヴ (作詞:VAN・足森いづみ・黒坂ナオ、作曲・編曲:黒坂ナオ)
  6. ギャンブラー (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  7. サンダーバード (作詞:VAN、作曲・編曲:ko-ta)
  8. ヤマタノオロチ (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)
  9. エクスカリバー (作詞:VAN・竹下絵莉、作曲:北口慎一朗・編曲:北口慎一朗・Kei)
  10. シンドバッド (作詞:VAN、作曲・編曲:Kei)

コンピレーションアルバムへの参加[編集]

  • 「すきドルPROJECT2 Official Songs」(2015年9月20日)
    • 2. SAY☆いぇ〜!(作詞:ヒルマ弘、作曲:久保こーじ)
    • 5. SAY☆いぇ〜!(カラオケ)
  • 「すきドル3公式ソング集」(2016年12月27日)
    • 1. MONSTER(作詞 作曲 編曲:クボナオキ)
    • 4. MONSTER(カラオケ)


ライブDVD[編集]

JSO名義
  • 「1stワンマンライブ 恋してぶんぶん」(2013年10月5日)
    • Run after a dream
    • winning run
    • 恋してぶんぶん
    • 十三響想曲
    • アマテラス 他全7曲+特典映像を収録
天空音パレード名義
  • 「2nd ワンマンライブ STAND BY ME」(2014年12月28日)
    • ナイツオブラウンド
    • アマテラス
    • カグヤ
    • Run after a dream
    • winning run
    • パレディエール
    • サラマンダー
    • 天空音パレード
    • オレンジ☆センシ
    • 十三響想曲
    • タイタン
    • 恋してぶんぶん
    • ジーザスメドレー 他全19曲+特典舞台裏映像を収録

ミュージック・ビデオ集(DVD)[編集]

  • 「音戯奏師 -OTOGISOUSHI-」(2015年3月29日)
  1. 天空音パレード
  2. アマテラス
  3. カグヤ
  4. サラマンダー
  5. タイタン
  6. ナイツオブラウンド
  • 「音戯奏師2」(2016年12月23日)
  1. ハイドアンドシーク (MV)
  2. マクイルショチトル (MV)
  3. ヤマトタケル (MV)
  4. ラグナロク (MV)
  5. ワールズ (MV)
  6. TOPフォトアルバム
  7. 完成コメント

コンピレーションDVDへの参加[編集]

  • 「すきドルLIVE!002」(2015年9月20日)
    • VOICE
    • タイタン〜アマテラス 2015年7月11日「第2回すきドルグランプリ」でのライブ映像、特典バックステージ映像、特典イベント映像で参加
  • 「すきドルLIVE!003」(2017年4月28日)
    • 2016年7月23日、2016年8月20日「第3回すきドルグランプリ」のライブ映像で参加

その他作品[編集]

映像作品(DVD)[編集]

  • 百武あい・足森いづみ「柑橘トロピカル in GUAM」(2015年7月29日)
  • 徳永彩佳・芦田愛由「北国大作戦 in 北海道 〜ふたりでできるもん〜」(2015年12月23日)
  • 「天空台北記」(2016年4月6日)
  • 徳永彩佳・百武あい「キミとかぴょん」(2016年10月22日)
  • 足森いづみ・竹下絵莉「バリバリバカンスッ!〜魂開放ツアー〜」(2017年5月17日)
  • 徳永彩佳・芦田愛由「いただき大作戦 ~あやかぴ&あゆごん 西日本縦断の旅〜」(2017年10月4日)

写真集[編集]

  • 百武あい「あいらんど」(2015年8月30日) ISBN 978-4902365054
  • 足森いづみ「せーのっ!」(2015年8月30日) ISBN 978-4902365061
  • 足森いづみ「#等身大」(2017年7月19日) ISBN 978-4902365085
  • 竹下絵莉「あの竹下がこんなに可愛いわけがない」(2017年7月19日) ISBN 978-4902365092
  • 徳永彩佳「とりっくすたー☆」(2017年10月24日) ISBN 978-4902365108
  • 芦田愛由「16歳」(2017年12月20日) ISBN 978-4902365115

出演[編集]

テレビ[編集]

雑誌[編集]

舞台[編集]

  • アリスインプロジェクト「魔銃ドナーKIX」(大阪公演: 日本橋インディペンデントシアター2nd 2015年11月18日-22日, 和歌山公演: 和歌山マリーナシティ内Fun×Fam劇場 2015年11月28日-29日, 竹下絵莉が遠野ゆうき役、佐藤玲奈がミュート役で出演, 作・演出:細川博司)[38]
  • アリスインプロジェクト「クォンタムドールズOSAKA~量子境界の遊歩者~」(日本橋インディペンデントシアター2nd 2016年10月26日-30日, 佐藤玲奈が烏丸千鶴役で出演, 作:麻草郁, 演出:河瀬仁誌)[39]

映像作品[編集]

  • DVD「死霊映像 禁断の場所編」(2016年11月2日, 足森いづみ出演, (有)十影堂エンターテイメント/(株)ライフドキュメンタリー)
  • DVD「流出心霊動画 2017初春版~闇・金編 11本~」(2017年2月2日, 竹下絵莉出演, (有)十影堂エンターテイメント/(株)ライフドキュメンタリー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 投票型ライブアイドル応援マガジン LIVEアイドル図鑑Vol.5(オークラ出版)
  2. ^ musicるTV(2015年4月30日深夜放送分、ABCテレビ)
  3. ^ 天空音パレード候補生ヴァンちゃんズ公式ブログ
  4. ^ 2014年5月4日 素敵な1日☆(百武あい) 天空音パレード公式ブログ
  5. ^ すきドルPROJECT2公式ページ
  6. ^ 2代目すきドルグランプリにあかぎ団「歌う力を広めていきたい」(音楽ナタリー)
  7. ^ 「愛踊祭」関西エリア代表は“OSAKA BB WAVE”に決定!でんぱ組.incの相沢梨紗と夢眠ねむも応援(テレビライフ)
  8. ^ アイドルソロクイーンコンテスト公式ページ
  9. ^ ソロ美少女の熱い闘い! アイドルソロクイーンコンテスト九州代表5名、関西代表12名が決定(GirlsNews)
  10. ^ すきドルPROJECT3公式ページ
  11. ^ すきドルPROJECT3公式ページ ライブポイント集計結果
  12. ^ 初めて「てっぺんとったで!」…“不毛の地”から生まれたシンデレラストーリー「天空音パレード」が優勝(産経WEST)
  13. ^ ミスFLASH2017、アイドルグループからのグラビア参戦多数(デ☆ビューニュース)
  14. ^ ミスFLASH2017オーディション Part1 予選サバイバルバトル参加者紹介(WWS+PLUS)
  15. ^ ミスFLASH2017 エントリー一覧
  16. ^ ミスFLASH2017 ファイナリスト確定者一覧
  17. ^ U.M.U AWARD 2016公式ページ 天空音パレード
  18. ^ 「日本一のご当地アイドル」は? “メジャーへの登竜門”が初開催したエリア代表決定戦関西大会に潜入してみた(産経WEST)
  19. ^ U.M.U アワード 2016決勝特別インタビュー【天空音パレード(関西エリア第1部)】(lopi・lopi)
  20. ^ U.M.U AWARD 2016公式ページ 決勝大会レポート
  21. ^ 天空音パレード 4thワンマンライブ開催!「イブの夜を私たちにくれてありがとう!」 【ライブレポート】(アイドル@UtaTen)
  22. ^ 【関西アイドル列伝】 「一社会人として」日本一にもなったグループから“卒業”の決断 天空音パレード、百武あいさん(25)
  23. ^ 天空音パレード 新章開幕GIGへの決意インタビュー! これからの私達は今迄通りじゃない!!
  24. ^ “天空音パレード『2月21日(水)1stフルアルバム「mythical world」リリース決定』” (日本語). 天空音パレード オフィシャルブログ Powered by Ameba. https://ameblo.jp/jso0701/entry-12342853566.html 2018年4月15日閲覧。 
  25. ^ “天空音パレード『4月8日(日)全国ツアー神降臨ファイナル@梅田am HALL』” (日本語). 天空音パレード オフィシャルブログ Powered by Ameba. https://ameblo.jp/jso0701/entry-12365048421.html 2018年4月15日閲覧。 
  26. ^ “天空音パレード『青山さくら・渡辺姫華、天空音パレード新メンバー加入のお知らせ』” (日本語). 天空音パレード オフィシャルブログ Powered by Ameba. https://ameblo.jp/jso0701/entry-12367062725.html 2018年4月15日閲覧。 
  27. ^ 日本女子プロ野球リーグ | アイドル” (日本語). 日本女子プロ野球リーグ. 2018年7月5日閲覧。
  28. ^ 発表 2018年下半期アイドルセレクト10”. ロピロピ (2018年12月19日). 2018年12月19日閲覧。
  29. ^ 天空音パレード『1月16日(水)11thシングル「キューピッド」発売のお知らせ』” (日本語). 天空音パレード オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2019年3月10日閲覧。
  30. ^ 天空音パレード『姫咲結海・竹上梨華、新メンバー昇格のお知らせ』” (日本語). 天空音パレード オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2019年6月30日閲覧。
  31. ^ ハッキリ5 そんなに好かれていない5人が世界を救う|過去の放送内容|朝日放送
  32. ^ おまねきてれび3 放送直前スペシャル(BS12 トウェルビ)
  33. ^ 天空音パレード、雪辱果たし「すきドル」No.1に!(ザテレビジョン)
  34. ^ ゴムパッチン志願者も!?ご当地アイドルたちが大騒ぎ(ザテレビジョン)
  35. ^ 大阪発のわちゃわちゃアイドル・天空音パレードに直撃!(ザテレビジョン)
  36. ^ 天空音パレード、2年目の発見は「スタッフの態度が変わったこと!(笑)」(ザテレビジョン)
  37. ^ 元Whiteberry・前田有嬉、アイドルたちの“昭和のガールズロック”を審査!(ザテレビジョン)
  38. ^ 関西には魔銃ドナーKIXを演じきれるアイドルがいる!【11/20公演 UtaTenレポート】
  39. ^ 関西のアイドル&若手女優30人が集結する舞台は必見!