天窓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天窓(てんまど)とは、建物の屋根部分に取り付けられる窓[1]。採光や換気を目的とする。 「ルーフ・ウィンドウ(=屋根の窓)」、「スカイライト・ウィンドウ(=天光の窓)」「トップライト(=天頂部の明かり)」とも呼ばれる。中国語では「天窗」と表記するが、「天井」という語で天窓を意味する場合がある。

採光のみを目的とするガラス合成樹脂はめ殺しにした天窓と、採光と換気火災が発生した時の排煙の両方を目的とする開閉式天窓がある。電動式で開閉できるものもある。換気を主目的とする通風坑(トップ・ベンチレータ)も構造によっては「天窓」と呼ばれうる。 ローマ時代の遺構、パンテオンの天窓は、ガラスがない時代のものであり、採光と換気を目的としてドームの中央部分が「目」のようにぽっかりとあいていて「オクルス」(oculus、「目」という意味)と呼ばれている。

ヨーロッパ建築では、屋根にドーマーやリュカルネなどと呼ばれる小部屋のような空間を設け、垂直な窓をつけて採光、換気に用いるものもある。

また、採光用にはプリズムなども利用して、天窓よりも深い場所まで光を導けるライトチューブなどと呼ぶ集光装置が屋根に取り付けられる例がある。

なお、屋上などで人が出入りする場所に設置する天窓に関しては、鉄筋コンクリートなどの構造と比べて強度が弱い関係もあり、実際に体を載せたりして割れて転落する事故も発生するため、注意を必要とする。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]