天紫珠李

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天紫 珠李(あまし じゅり、1月10日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。

東京都世田谷区[1]玉川聖学院出身[1]。身長166cm[1]。愛称は「じゅり」[1]

来歴[編集]

2013年、宝塚音楽学校入学。

2015年、宝塚歌劇団に101期生として入団[2]。入団時の成績は2番。月組公演「1789」で男役として初舞台[1]。その後、月組に配属[2]

2017年12月25日付で娘役へと転向[3][2][4][5]

2019年、珠城りょう美園さくらトップコンビ大劇場お披露目となる「夢現無双」で、新人公演初ヒロイン[2][5]。続く「チェ・ゲバラ」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、専科理事の轟悠の相手役を務め、東上公演初ヒロイン[6][3]

人物[編集]

宝塚初観劇は轟悠主演の雪組公演「ノバ・ボサ・ノバ再会[2]。幼いながら夢中で観たことを覚えている[2]

小学6年から本格的にクラシックバレエのレッスンを積み、高校生の時に柚希礼音の舞台姿に憧れて音楽学校受験を決意した[2]

入団後3年で男役から娘役に転向するきっかけになったのは、ミュージック・パフォーマンス「MOON SKIP」[2]。ある場面で娘役に扮して踊った際に、これまで経験したことがない解放感に包まれ楽しんでいる自分に気付き、転向を決意した[2]。しかし男役として培ってきたものをゼロにしてリスタートするのは難しく、手の動きや声の出し方、台詞の喋り方など分からないことだらけで葛藤の日々が続いた[2]。悩んでいた際に、同じ男役出身のトップ娘役・愛希れいかからアドバイスをもらい、男役をやっていたからこそ理想の娘役のあり方なども分かるのではないかと、考えを深められるようになった[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組男役時代[編集]

  • 2015年6〜7月、『1789-バスティーユの恋人たち-』(東京宝塚劇場
  • 2015年8〜9月、『A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION』(バウホール) - ジュリアン
  • 2015年11〜2016年2月、『舞音-MANON-』 - 水の精霊、新人公演:モーリス・デュラン(本役:輝生かなで)『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年6〜9月、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』 - 新人公演:佐々成政(本役:輝城みつる)『Forever LOVE!!』
  • 2016年10月、『FALSTAFF〜ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ〜』(バウホール)
  • 2016年10〜11月、『Bow Singing Workshop〜月〜』(バウホール)
  • 2017年1〜3月、『グランドホテル』 - 新人公演:ベルボーイ、バーテンダー(本役:佳城葵)『カルーセル輪舞曲(ロンド)』
  • 2017年4〜5月、『瑠璃色の刻(とき)』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター) - 侍従
  • 2017年7〜10月、『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』 - 新人公演:ジョルジュ(本役:風間柚乃[2]

月組娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2017年11〜12月、宇月颯ミュージック・パフォーマンス『MOON SKIP』[2]
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年1月、『演劇人祭』(外部出演)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、57頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 名取千里 (2019年4月1日). “フェアリーインタビュー 月組 天紫珠李”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2019/04/ 2019年9月30日閲覧。 
  3. ^ a b c 宝塚月組「チェ・ゲバラ」開幕 伝説の革命家役に轟悠「すごさをどこまで表現できるか」スポーツ報知
  4. ^ a b 月組 天紫珠李 娘役転向について - ウェイバックマシン(2017年12月25日アーカイブ分)
  5. ^ a b c 期待のスター月組風間柚乃「宮本武蔵」新人公演主演日刊スポーツ
  6. ^ a b 轟悠主演、宝塚歌劇月組『チェ・ゲバラ』が開幕ぴあ