天藤製薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武田薬品工業 > 天藤製薬
天藤製薬株式会社
AMATO PHARMACEUTICAL PRODUCTS, LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
560-0082
大阪府豊中市新千里東町一丁目5番3号
設立 1921年大正10年)10月11日
(創業:1813年文化10年))
業種 医薬品
法人番号 5130001040903
事業内容 医療用医薬品一般用医薬品の研究開発・製造・販売
代表者 代表取締役社長 大槻良三
資本金 9,600万円
純利益 2億8000万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 203億7600万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 182名(2019年3月31日現在)
主要株主 武田薬品工業株式会社
花王株式会社
主要子会社 天藤サービス株式会社
天藤商事株式会社
関係する人物 大槻欽三(初代社長)
外部リンク 天藤製薬株式会社
テンプレートを表示

天藤製薬株式会社(あまとうせいやく、英文:AMATO PHARMACEUTICAL PRODUCTS, LTD.)は、大阪府豊中市に本社を置く日本の大手製薬会社企業及び武田薬品グループの関連会社である。

会社概要[編集]

  • 1813年(文化10年)に創業され、1921年(大正10年)10月11日より会社創立した。
  • 痔疾用薬ブランドの医薬品メーカー最大手であり、「ボラギノール」という商品名での薬を販売している。「痔にはボラギノール」というCMソングが知られている。

沿革[編集]

  • 1813年文化10年) - 天津屋藤助氏が丹波福知山城下で雑資商・兼薬種商を創業。
  • 1921年大正10年)10月11日 - 大槻欽三氏が創製し「天藤薬化学研究所」を設立。日本における痔疾治療の新薬新製剤第1号である痔疾用薬「ボラギノール坐薬・軟膏」を発売。
  • 1927年昭和2年) - 宮内省御用達医薬品として採用される。
  • 1944年(昭和19年) - 痔疾用薬として唯一の戦時指定医薬品となる。
  • 1950年(昭和25年)1月6日 - 社名を「天藤薬化学研究所」から「天藤製薬株式会社」に変更、改組。初代社長に大槻欽三氏が就任。
  • 1951年(昭和26年) - 創立30周年。
  • 1956年(昭和31年) - 創立35周年。
  • 1961年(昭和36年) - 創立40周年。
  • 1962年(昭和37年) - 最新鋭の坐剤自動成型機を導入、日本で初めて坐剤製造の自動化に着手。
  • 1970年(昭和45年) - 「ボラギノール」のテレビCM放映開始。医療用向け製品外用薬「ボラギノールN坐薬・軟膏」を発売。
  • 1971年(昭和46年) - 創立50周年。当社の新型全自動坐剤成型機を導入、日本で初めて坐剤成型包装の自動化に着手。本社を京都府福知山市笹尾町995番地(現在地)に移転。
  • 1974年(昭和49年) - 一般用向け製品、生薬配合痔疾用内服薬「内服ボラギノール」を発売。
  • 1981年(昭和56年) - 創立60周年。一般用向け製品外用薬「ハイボラギノール坐剤・軟膏」を発売。
  • 1982年(昭和57年) - 2代目社長に大槻順三氏が就任。
  • 1983年(昭和58年) - 医療用向け製品外用薬「ボラザG坐剤」、一般用向け製品外用薬「ハイボラギノールS坐剤・軟膏」を発売。
  • 1986年(昭和61年) - 創立65周年。
  • 1988年(昭和63年) - 医療用向け製品内服薬「ヘモクロンカプセル」が武田薬品工業から移管。
  • 1989年平成元年) - 営業部の組織を東京・大阪支店、札幌・名古屋・広島・福岡営業所に再編される。
  • 1990年(平成2年) - 京都府福知山市長田野町二丁目20番地の4にある長田野工業団地が、「福知山工場」を竣工。
  • 1991年(平成3年) - 創立70周年。
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 大阪府大阪市中央区道修町二丁目3番8号に「大阪本社」を開設。
  • 1992年(平成4年) - 一般用向け製品外用薬「ボラギノールA坐剤・軟膏・注入軟膏」、「ボラギノールM坐剤・軟膏」を発売。
  • 1993年(平成5年) - 基本理念として「Vision A」を制定。基本理念の実現と具体化を図るため、社内活性化運動「Amato'le 21」をスタート。一般用向け皮膚用薬「ドナクリーム」を発売。
  • 1994年(平成6年) - 医療用向け製品外用薬「ボラザG軟膏」を発売。
  • 1995年(平成7年)10月 - 本社内に「創薬センター」が竣工。一般用向け製品、3種生薬・ビタミンE配合痔疾用内服薬「内服ボラギノールEP」を発売。
  • 1997年(平成9年) - 前社長の大槻順三氏が初代会長に昇格。3代目社長に大槻浩氏が就任。
  • 1999年(平成11年) - 100%子会社天藤サービス株式会社」を設立。イタリアより新型の全自動成型包装機を輸入し、医療用坐剤充填包装ラインの自動化に着手。
  • 2001年(平成13年)10月11日 - 創立80周年。
  • 2003年(平成15年) - 4代目社長に桐村道夫氏が就任。
  • 2007年(平成19年) - 2代目会長に桐村道夫氏(前社長)が、5代目社長に大槻良三氏が就任。
  • 2011年(平成23年)10月11日 - 創立90周年。
  • 2015年(平成27年) - 事業所の組織であった各支店を廃止され、各営業所が6ヶ所に再編。
  • 2016年(平成28年)3月22日 - 大阪第一営業所・大阪第二営業所を大阪府豊中市新千里東町一丁目5番3号(現在地)に移転。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 大阪本社を大阪府大阪市中央区道修町二丁目3番8号から大阪府豊中市新千里東町一丁目5番3号(現在地)に新築移転。
  • 2016年(平成28年)10月1日 - 当社、事業所の営業本部営業部改組に各営業所を統合され、新たな組織体制で業務を開始。
  • 2016年(平成28年)10月11日 - 創立95周年。
  • 2017年(平成29年)3月1日 - 兵庫県三田市に新工場を建設計画された。
  • 2018年(平成30年)1月1日 - 営業本部の営業部改組に伴う営業所を廃止され、新たに「東日本支店」と「西日本支店」に昇格。
  • 2018年(平成30年)7月1日 - 本社機能を京都府福知山市から大阪府豊中市(現在地)へ順次移転されて新たに業務開始。

事業内容[編集]

  • 医薬品の研究開発・製造・販売

主要製品[編集]

医療用医薬品[編集]

  • ボラザG坐剤
  • ボラザG軟膏
  • ヘモクロンカプセル

一般用医薬品[編集]

一般用医薬品は武田コンシューマーヘルスケアを通じて販売されている。

  • ボラギノールA坐剤【指定第2類医薬品】
  • ボラギノールA軟膏【指定第2類医薬品】
  • ボラギノールA注入軟膏【指定第2類医薬品】
  • ボラギノールM坐剤【第2類医薬品】
  • ボラギノールM軟膏【第2類医薬品】
  • 内服ボラギノールEP【第2類医薬品】

過去に存在した製品[編集]

医療用医薬品
  • ボラギノールN坐薬
  • ボラギノールN軟膏
一般用医薬品
  • ボラギノール坐剤
  • ボラギノール軟膏
  • ボラギノールクリーム
  • ボラギノールS坐剤
  • ボラギノールS軟膏
  • 新ボラギノール坐剤
  • 新ボラギノール軟膏
  • 強力ボラギノール坐剤
  • 強力ボラギノール軟膏
  • ハイボラギノール坐剤
  • ハイボラギノール軟膏
  • ハイボラギノールS坐剤
  • ハイボラギノールS軟膏
  • 内服ボラギノール
  • ドナクリーム(皮膚用薬)

提供スポンサー[編集]

武田薬品グループとして織り込まれる場合と単独提供とがある。いずれも提供クレジットは「ボラギノール」とクレジットされているが、後述する『こんなところにあるあるが。土曜・あるある晩餐会』よりクレジット表記を「amato」に変更した(「ボラギノール」のTVCMもクレジット表記の変更と連動して「amato」ロゴが挿入されるようになる)。2019年(令和元年)7月時点では「天藤製薬」と提供クレジットされている。

現在[編集]

過去[編集]

歴代CM出演者[編集]

  • 現在のTVCMのサウンドロゴ「痔にはボラギノール」はマユミーヌが担当。

過去[編集]

  • 木村恭子 - ボラギノール(サウンドロゴ)
  • 銀河万丈 - ボラギノールA坐剤(ナレーション)
  • 浦田キンタ
  • 白江美佳 - ボラギノールA注入軟膏
  • 古谷徹
  • 白石まるみ - ハイボラギノールS
  • 浅野麻衣子 - 内服ボラギノールEP
  • 大林隆介 - ボラギノールA注入軟膏(ナレーション)
  • たなべ勝也 - ボラギノールA注入軟膏
  • 植村恵
  • 山本卓 - ボラギノールA注入軟膏
  • 井内菜摘 - ボラギノールA
  • 平田満 - ボラギノールA坐剤・ボラギノールA注入軟膏(ナレーション)
  • 小林ゆかり - 内服ボラギノールEP
  • 川村伸彦 - ボラギノールA注入軟膏
  • 弥香 - ボラギノールA注入軟膏
  • 寺下玲見 - ボラギノールA注入軟膏

事業所一覧[編集]

2019年(令和元年)7月1日時点
  • 本社
    • 〒560-0082 - 大阪府豊中市新千里東町一丁目5番3号(千里朝日阪急ビル)
  • 三田工場
  • 福知山工場
    • 〒620-0853 - 京都府福知山市長田野町二丁目20番地の
  • 営業部
    • 〒560-0082 - 大阪府豊中市新千里東町一丁目5番3号(千里朝日阪急ビル)
  • 東京オフィス

過去の事業所[編集]

  • 医薬営業部
  • 創薬センター
  • 大阪事務所
  • 東日本営業部
  • 西日本営業部
  • 北日本支店
  • 東日本支店
  • 東日本支店 札幌営業所
  • 東日本支店 仙台営業所
  • 東日本支店 東京第一営業所
  • 東日本支店 東京第二営業所
  • 東京支店
  • 札幌営業所
  • 東京営業所
  • 西日本支店
  • 西日本支店 名古屋営業所
  • 西日本支店 大阪第一営業所
  • 西日本支店 大阪第二営業所
  • 西日本支店 広島営業所
  • 西日本支店 福岡営業所
  • 大阪支店
  • 仙台営業所
  • 東京第一営業所
  • 東京第二営業所
  • 名古屋営業所
  • 大阪第一営業所
  • 大阪第二営業所
  • 広島営業所
  • 大阪営業所
  • 福岡営業所

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]