天道虫 (THE YELLOW MONKEYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天道虫
THE YELLOW MONKEY配信限定シングル
収録アルバム 9999
リリース 2018年11月9日
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル ロック
時間 3分44秒
レーベル Atlantic/Warner Music Japan
チャート順位

ミュージックビデオ
天道虫 - YouTube

天道虫」(てんとうむし、英題: Ladybug)は、2018年11月9日に発売されたTHE YELLOW MONKEY配信シングル。2019年4月17日にリリースのアルバム『9999』に収録。

概要[編集]

2018年10月1日、THE YELLOW MONKEYは所属レーベルの移籍を発表した。古巣の日本コロムビアから、Warner Music JapanAtlanticレーベルへの移籍である。日本東京渋谷スクランブル交差点)、アメリカニューヨークタイムズスクエア)、中国上海グローバルハーバー)、香港(ハーバーシティ)、イギリスロンドン(ウェストフィールドロンドン)という5都市の街頭ビジョンで、これからのバンドの活動について意思表明し、Atlanticとタッグを組むことを告知する映像が同時上映された[3]。この日に「天道虫」のジャケットに使用されている飛行場(協力: JAL)のビジュアルが公開となった[3]

「天道虫」は2018年10月4日テレビ放送開始の麻雀(マージャン)ドラマ『天 天和通りの快男児』の主題歌として制作された。THE YELLOW MONKEYを聴いて大人になった世代であるドラマのプロデューサーは、主題歌を想像してすぐに思い浮かんだのがTHE YELLOW MONKEYであった[4]

吉井和哉(LOVIN)は、「麻雀がモチーフの漫画なので、麻雀をイメージして作りました。でも僕麻雀やったことないから、ちゃんと原作を読みました」[5]。原作者・福本伸行の作品に登場する「ざわざわ」という言葉も曲に活かされた[4]

11月9日に「天道虫」配信シングルがリリースされると同時に、THE YELLOW MONKEYのシングル28作品とアルバム15作品のストリーミング配信を開始した[注 1]

2019年4月2日からは「サッポロ 本格辛口」(サッポロビール)のCMソングとして起用、ミュージック・ビデオ風の内容で吉井自身も出演した[6]

収録曲[編集]

  1. 天道虫 - 3:44
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)

ミュージック・ビデオ[編集]

2018年11月9日公開。田辺秀伸監督作品。撮影は10月中旬に台湾新北市「三重果菜市場 "福德宮"」で行われた[注 2]。筋金入りの麻雀野郎たちを演じる16名のキャストは台湾で集められた。4人打ち麻雀で真剣勝負の雀士たちは合計3回のサビの場面で立ち上がって猛烈に興奮する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これに前後してメンバーたちのソロ諸作品がYouTubeで公開された。吉井和哉が日本コロムビア公式YouTubeからシングル2作品(10月30日付)、BAJ Inc.公式YouTubeからシングル他9作品(10月30日付)、吉井和哉公式YouTubeからシングル3作品(11月27日付)。菊地英昭(EMMA)がSony Music公式YouTubeからソロプロジェクト「brainchild's」のライブ映像(11月19日付)とトレイラー映像(11月21日付)。
  2. ^ MVに映るちょうちんに福德宮という名称が書いてある。

出典[編集]