天野和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天野 和夫(あまの かずお、1923年6月15日 - 2000年3月23日 )は、法学者立命館大学名誉教授東京都出身。学校法人立命館総長立命館大学長。父はタイムレコーダーなどの発明家アマノ創業者の天野修一

経歴[編集]

役歴[編集]

著書[編集]

単書[編集]

共著[編集]

  • 末川博)『法学通論』大明堂,1957年
  • (末川博)『法学と憲法』大明堂,1966年
  • 片岡曻)『現代法学入門』法律文化社,1977年
  • (京都憲法会議)『住民の暮らしと憲法』法律文化社,1978年
  • (V・ペシュカ)『現代法哲学の基本問題』法律文化社,1981年
  • (J・L・ジョーウェル、P・アーレンス、王叔文)『裁判による法創造—現代社会における裁判の機能』晃洋書房,1989年
  • 杉村敏正)『新法学辞典』日本評論社,1991年
  • (片岡曻)『現代法を学ぶ』法律文化社,1991年
  • (永井美佐子、高海峰、林来梵、祖暁峰、畑中和夫、肖賢富、王家福、孫新)『中日・日中法律用語辞典』晃洋書房,1997年

編著[編集]

  • 『法学の基礎』青林書院,1977年
  • 『個人法と団体法—西村信雄先生傘寿 浅井清信先生喜寿記念論文集』法律文化社,1983年

論文[編集]