天野忠幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天野 忠幸(あまの ただゆき、1976年昭和51年) - )は、日本の歴史学者。専門は日本中世史。戦国時代の権力、宗教、地域社会、三好氏松永氏を研究課題とする[1]大阪市立大学都市文化研究センター研究員、関西大学非常勤講師、柏原市教育委員会生涯学習部文化財課非常勤嘱託職員、奈良県立医科大学非常勤講師、大阪市立大学文学部非常勤講師などを経て、天理大学准教授[1]

来歴[編集]

兵庫県生まれ。1995年3月兵庫県立兵庫高等学校卒、1999年3月大阪市立大学文学部史学地理学科卒、2007年3月同大学院文学研究科後期博士課程修了、「戦国期畿内社会と三好政権」で博士(文学)

著書[編集]

単著[編集]

  • 戦国期三好政権の研究 清文堂出版 2010年
    • 戦国期三好政権の研究 清文堂出版 2015年(増補版)
  • 三好長慶 - 諸人之を仰ぐこと北斗泰山 ミネルヴァ日本評伝選、ミネルヴァ書房 2014年
  • 三好一族と織田信長 - 「天下」をめぐる覇権戦争 (中世武士選書 第31巻) 戎光祥出版 2016年
  • 荒木村重 (シリーズ 実像に迫る 010) 戎光祥出版 2017年
  • 松永久秀下剋上 - 室町の身分秩序を覆す (シリーズ 中世から近世へ)平凡社 2018年

共編著・監修[編集]

  • 『論集戦国大名と国衆 10 阿波三好氏』編 岩田書院 2012年
  • 『本興寺文書 第1巻』(清文堂史料叢書 第125) 本興寺共同編集 清文堂出版 2013年
  • 『戰國遺文 三好氏編第1巻 自寛正六年〈一四六五〉至永禄四年〈一五六一〉』編 東京堂出版 2013年
  • 『三好長慶 室町幕府に代わる中央政権を目指した織田信長の先駆者 三好長慶四百五十年遠忌記念論文集』今谷明共監修 宮帯出版社 2013年
  • 『戦国遺文 三好氏編第2巻 永禄5年 元亀元年』編 東京堂出版 2014年
  • 『戦国遺文 三好氏編第3巻 元亀2年 至寛永8年』編 東京堂出版 2015年
  • 『三好長慶 河内飯盛城より天下を制す』高橋恵共著 風媒社 2016年
  • 『松永久秀 歪められた戦国の"梟雄"の実像』編 宮帯出版社 2017年

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『三好長慶:諸人之を仰ぐこと北斗泰山』ミネルヴァ日本評伝選 ミネルヴァ書房 2014年 天野忠幸 ISBN 978-4-623-07072-5