天野武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天野 武(あまの たけし、1933年1月21日 - )は、日本の民俗学者。

略歴[編集]

石川県羽咋郡志賀町出身。金沢大学法学科卒。文化庁に入り、主任文化財調査官。のち帝京大学教授。1978年『若者組の研究』で柳田賞受賞[1]

著書[編集]

  • 『若者組の研究 能登柴垣の若者組』柏書房 1978
  • 『若者の民俗 若者と娘をめぐる習俗』ぺりかん社 1980
  • 『民具のみかた 心とかたち』第一法規出版 1983
  • 『子どもの歳時記 祭りと儀礼』柏書房 1984 増補版岩田書院 1996
  • 『野兎狩り』(民俗選書)秋田文化出版社 1987
  • 『結婚の民俗』(民俗学特講・演習資料集)岩田書院 1994
  • 『狩りの民俗』岩田書院 1999
  • 『野兎の民俗誌』岩田書院 2000
  • 『わが国における威嚇猟とその用具 野兎狩りの場合を中心に』岩田書院 2003

監修[編集]

  • 『都道府県別日本の民俗分布地図集成』監修 東洋書林 1999-2003

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987