天野興定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
天野興定
時代 戦国時代
生誕 文明7年(1475年
死没 天文10年(1541年[注釈 1]
別名 六郎[1]
戒名 高玄寺月光英心[1]
墓所 安芸国志芳庄高立寺[1]
官位 民部大輔[1](受領名)
主君 大内義興尼子経久大内義隆
氏族 藤姓生城山天野氏
父母 父:天野興次[1]
兄弟 興定、興与[1]
天野元貞娘
隆綱[1]、元定[1]、澄月

天野 興定(あまの おきさだ)は、戦国時代武将大内氏尼子氏の家臣。

出自[編集]

安芸天野氏は、藤原南家工藤氏の一族で安芸国に下向し国人化したもので、興定の系統は天野顕義から始まる生城山天野氏にあたる。同じく安芸の国人である天野隆重天野隆良天野元明の一族の系統は金明山天野氏である。

略歴[編集]

文明7年(1475年)、天野興次の子として誕生。父同様、近隣で勢力を誇っていた大内義興偏諱を受けて興定と名乗る[2]

天野氏は安芸に土着する国人領主で、毛利氏宍戸氏などとは元々同格の立場である。代々周防国の大内氏の影響下にあったが、出雲国尼子経久の勢力が安芸に浸透してくるようになると、離反し尼子氏へ属したが、勢力を盛り返した大内義興の攻撃を受け、滅亡寸前にまで追い込まれる。しかし、毛利元就の取り成しもあって大永5年(1525年)に降伏が許され、以後は親大内・親毛利の立場を貫いた。

天文9年(1540年)、吉田郡山城の戦いでは、毛利氏救援の援軍を率いて出陣。大軍を率いて安芸に乗り込んだ尼子晴久の撃退に成功する。翌、天文10年(1541年)には、毛利氏と共に尼子方の佐東銀山城武田信実を攻略するも、同年に病死した。家督は子・隆綱が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 死没年月日を享禄4年(1531年)8月23日、享年66とする文献もある[1]
  1. ^ a b c d e f g h i 田村哲夫編修 1980, p. 67.
  2. ^ 子の隆綱は義興の子・義隆より1字を受けている。

参考文献[編集]

登場作品[編集]